旅は 晴れたらいいね!

旅に行くなら天気が良い日に行きたい。
主に一人で出掛けます。
宿はビジネスホテル、ゲストハウス、ユースホステル等。

第32回大山登山マラソンに参加して 2017-3-12

2017-03-15 08:45:35 | 日記
 2017年3月12日、第32回大山登山マラソンに初めて参加した。小田急線の伊勢原駅北口をスタートし大山阿夫利神社下社をゴールとする9kmの上り一方のコースである。
 エントリー数約2700名余、5名の女子ゲストランナー、招待選手が東洋大学在学時に箱根駅伝5区を走って話題になった五郎谷俊選手だった。
 スタートは男子50歳代・60歳以上は10時、男子40歳代・女子は10時30分、男子
29歳以下・男子30歳代は11時であった。私は10時スタートだった。1㎞走った所にある国道246号線を先頭が通過してから5分間だけフリーになり、その後は一旦停止があるということなので私は渡るまで全力で走った。
 6kmを過ぎてから急坂になったがマイペースで楽しく走れていた。バスの終点から少し行くとこま参道の階段が始まり、全1610段の階段を上って行った。女坂を上っていると30分後にスタートした40歳代のランナーが追い越して行った。いつもなら階段で私の脚が痙攣するのが心配だったが無事通過出来、FINISHの文字を目にした時は満足感が湧いてきた。
 ゴールで接待のおしる粉、七草粥を食べていると五郎谷選手が立っていた。近くに寄って聞いていると39分台で1位だったと言っていた。一般参加の1位は42分台だったのでやはり早い。
 下社から相模湾が見えるのだが晴れてはいたが霞んでいたので良く見えなかった。
 ゼッケンを見せればケーブルカー・バスが無料で乗れスタート地点の伊勢原小学校に戻れるのだが、長い行列が出来ていたので私は走って戻った。1時間19分かかり大会記録と同じだった。
 荷物をゴールまで運ばないので、着替え等を背負って走れるように参加賞は小振りのバッグで恒例になっている。




  男子更衣室 通り抜けるのにやっとの混雑


  「大山詣り」が日本遺産に認定されたのを記念して市役所のメンバーがこの姿で走った



  ゲストと招待選手



  五郎谷選手
















  ここから1610段の階段上りが始まった



  左の女坂へ


























  伊勢原小学校





  参加賞のバッグ
『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江ノ島イルミネーション | トップ | 第33回全国都市緑化よこは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。