旅は 晴れたらいいね!

旅に行くなら天気が良い日に行きたい。
主に一人で出掛けます。
宿はビジネスホテル、ゲストハウス、ユースホステル等。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花見山公園・桃源郷展望台・三連峰(福島県)2017-4-14

2017-04-20 11:38:43 | 日記
 2017年4月14日(金)、福島市郊外にある花見山公園に行ってきた。花見山は一農家の方が昭和10年に自分の山に花を植え始め、昭和34年に「花見山公園」として開放し、写真家の「秋山庄太郎」さんが「福島に桃源郷がある」と言って知られるようになった。
 福島駅から臨時バスに乗り公園まで歩いて15分かかる駐車場で降りた。鈴ヶ入川沿いのウォーキングトレイルを歩いて向かう。左側に見えていた山にも色とりどりの花が咲いていた。後で桃源郷展望台と三連峰という山だと知った。ウォーキングトレイル沿いにもレンギョウ、サクラ等が植えられ我々の目を楽しませてくれた。
 花見山公園に着き右側の方を見ると手前に菜の花、山にはハクモクレン、レンギョウ、サクラ、ボケ、ハナモモ等が植えられ、織り成す色とりどりの景観は正に桃源郷であった。
 花見山の散策コースは30分、45分、60分コースがあり、私は60分コースを歩いた。金曜日なのに電車、観光バス、マイカーで続々と人々が訪れていた。土日には山道を人々が埋め尽くすのではないだろうか。
 山頂広場には東屋があり人々が思い思いに過ごしていた。西側から残雪の吾妻連峰が福島市街の向こうに見えていた。
 花見山公園に隣り合っていて、駐車場から見えた山に向かうであろう人の後に付いて行った。こっちの山に向かう人は少なかった。分岐があり右に行けば桃源郷展望台に、左へ行けば三連峰に行くとあったので右に歩いて行った。道沿いの畑に花見山と同様に花が植えられていた。途中の展望台、もっと上の展望台から花見山(桃源郷)が一望出来た。
 戻って今度は三連峰に向かった。やはり道の両側に花が植えられ目を楽しませてくれた。この2箇所も花見山と同じように桃源郷だった。
 帰りは福島駅まで1時間歩いて行った。




  動画

花見山・桃源郷展望台・三連峰の丘



 駐車場から見えた桃源郷展望台方面



 花見山に向かうウォーキングトレイル



 以下花見山公園









 吾妻連峰を望む



 花見山山頂



  福島市市街









 桃源郷展望台に向かう途中から






  以下桃源郷展望台周辺






  以下三連峰周辺









  再び花見山  電線がなければ良いのに



  駐車場へ行く道
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第33回全国都市緑化よこは... | トップ | 会津若松2017-4-15 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。