海来日記(みらいにっき)

ダイビングでの海の生き物達との出会いや、陸の生き物達との出会い、その他日常のふとしたことを感じるまま綴った徒然日記です。

健気に生きる

2017-07-14 | Weblog

今日はお天気もよく、とても暑い一日

さて、昨日は学科講習のみとなりましたが、次回は再び海への講習予定です。

続きまして、今日の模様ですが…

先日までの透明度はなくなりましたが、それでもまだ十分見える

特にサンゴの縁あたりの沖は10~12mくらいは見えてます

水温も26度オーバー、浅場は28度も見えてます

水中でウエットスーツをまくり上げて、水を入れて体を冷やすくらい

そんな中をおなじみのお客様とご機嫌に進みます~

さて、海の中は、夏模様になってきていますが、恋の季節、子守の季節も継続中

カモハラギンポが穴に飛び込んでいくと~

健気に卵守中~

再び、巣穴を離れた時に、そっと中をのぞかせてもらうと、たくさんの卵がびっしりとついてました

その横で何事もないようにたたずんでいたダテハゼがいい感じ

勿論、私もダテハゼを怖がらせないように気を遣います

さて、いつも移動しているこの子にもご挨拶

今日はこちらにおいでになりました

(念のためお伝えすると、イロカエルアンコウが1匹右下の方に写ってます)

ワイドに目を向ければ~

カマスぐるぐる~

ず~っと周りをまわってくれました

その後、沖に進むと~

またも擬態中のお方にご挨拶して~お客様と視力検査モードです

(再び念のためお伝えすると、イボイソバナガニが右上の方向を向いてはりついてます)

さて、個人的に今日の一番のヒットはこちら

「ミジンちゃん火炎放射器になる

ミジンベニハゼが、住まいにしている瓶の中にたまった砂を口に含んで外に吐き出してるところです

何度も、何度も、何度も、何度も…「ぶはぁ~っ」としてます

瓶の配置が随分変わってきてるし、住環境も変化があったのでしょうね。

本当に健気に、一生懸命行っている姿に、しばらく見入ることでした

帰り道では…

この辺では珍しいセトイロウミウシかな

小さいながらも美しいお姿お客様と観察です

エキジット前には、「ハリセンボン、はさまって動けないの図」的なこちら

本当に動けない訳ではありませんので、念のため

こんなシーンを堪能してエキジットでした

お客様も「堪能~楽しかった」のお声何よりです~

そんな健気な生き様をたっぷり楽しんだ今日の海での出会い、感謝感謝です

ふふふ~ん、おかげさま、おかげさま yutaka

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再開とスタートと | トップ | 海は連日ご機嫌~! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。