この道の果てまで・・・

ただ純粋に ただ一途に歩む時
突如として それまでとは まったく違う
次元の異なる大地が あなたの目の前に姿を現す。

世界の果てまで彷徨って探し尽くした結論

2017-05-18 12:56:52 | Weblog






まず 今日まで

あなたが やり遂げて

来た数々の輝かしい実績を

一つ残らず全て手放して

しまいます。




そして

その後に

残されている

何もかもが根こそぎ

無くなってしまった




何も無い

もぬけの殻に

成ってしまった

空っぽさこそが




正真正銘の

本当の あなたの

姿だったのです。




それは何も

昨日今日に始まった

事などでは無く ずっと

長い間 そうだったのです。

一度として そうでは無かった

事など有りません。




何故ならば

あなたが あなたの中に

残し続けていた今日までの

実績は全てが過去のもので有り

それらは全て その場限りしか

現実では無くて実際には それらの

全てが既に失われてしまっています。




時は流れて

しまっているのです。




あなたの

背丈や顔付さえも

もう以前の あなたとは

随分と様変わりしてしまい

既に以前の あなたは何処にも

存在などしていません。




以前の

あなたの姿は

全てが失われてしまい

消え去ってしまっているのです。




そして

何もかもが

既に此の場には

存在しないのです。




あなたが

今の今 何かを

するでしょう すると

その何かをした途端に既に

無くなってしまい 




あなたが

やった事は

あなたの記憶の中に

有るだけで現実の事は

消え去ってしまっているのです。




これが私達が

生きている現実の実体です。




それを

あなたは

把握する事が

出来ていないのです。




もしも あなたが

現実を正確に把握する事が

出来ていたならば 秒単位で

消え去って行く全ての現実に

しがみ付いたり 




或いは

既に有りもしない

過ぎ去ってしまった記憶を

あたかも有るかの様にして

あなたの思い込みの中に残し

それらを あなたの存在の基盤と

する様な事など到底 出来ません。




何もかもが

次々と無く成り

失われて行っている

現実を直視してしまい

何もかもが無くなってしまった

後に残されている 何も無い

もぬけの殻の様な空間を否定したり

敵対視したりする事など決してしません。




それどころか

何もかもが無くなって

しまっている 何も無い

もぬけの殻の様な 空っぽの

空間と向き合ってしまい




その

もぬけの殻の

何も無い 空っぽの空間を

受け容れて上げてしまいます。




今日まで

一度も受け容れて

上げた事の無かった

本物の あなたの姿を

出来の悪い 大した事の無い

自分の姿を自ら進んで受け容れて

上げてしまいます。




その時に

あなたは初めて

身を持って理解する

事が出来ます。




自分が今日まで

芯から癒された事も

愛された事も無かったと

感じられてしまっていた

本当の原因は 本当の自分の姿を

自分が受け容れて上げる事を一度も

した事が無かったからだ言う真実に

気づかされてしまいます。




何故ならば

あなたが何もかもが

無くなってしまった空っぽの

空間を受け容れて上げた途端に




あなたの中の

芯から一瞬の内に

癒されてしまい全てが

満たされ切ってしまう事が

出来たからです。




もう これ以上

何も要らない倖せ感が

あなたが まだ何一つとして

やり遂げてなどいないのにも拘らず

あなたの中に一杯に 広がって

しまっているからです。




あなたが

愛されたかったら

あなたの中の本当の

あなたの姿を探し出してしまい

その あなたの事を ただ受け容れて

上げてしまえば それだけで あなたは

誰から愛された愛の深さよりも深く

あなたの手で あなたの事を愛して

しまう事が出来るのです。




それは

本物の あなたの姿を

あなたが全面的に受け容れて

上げるだけでなのです。




あなたの中に

これ以上など無い

無上の倖せ感が広がり

あなたの中の隅々までを

愛で一杯に満たし切ってしまいます。




そして

それらは

あなたが長年

あなたの中で認めて来た

あなた自身の姿を全て手放して

しまった後に初めて起こる事です。




けれども

実際には全部が

既に無くなってしまって

いますから その事実を直視し

過酷な事実と現実とを受け容れて

上げてしまうだけの話しなのです。




現実には

既に無いけれども

あなたの中だけでは

まだ存在しているのです。




それは実際に

有る訳では無く

想像の中に見出して

しまっているだけなのです。

あなたの思い込みの中に それらは

君臨しているだけなのです。




本当は それらのない

もぬけの殻こそが あなたの

真の実体です。




そんな事実など

見たならば死にたく

成ってしまうなどと

言わないで下さいね。




いくら酷い姿を

している自分でも

いくら みすぼらしい

姿をした自分で有っても

そんな事など どうでも

良い事なのです。




何故ならば

あなたには それらを

受け容れて上げてしまう事の

出来る力が備わっているからです。




嫌な事を 嫌なままで

受け容れて上げてしまう事の

出来る能力が元々備わっているのです。




あなたが

受け容れて上げる事が

出来てしまうと その途端に

全てが此の場から蒸発してしまい

何もかもが無くなってしまうのです。




その

何もかもが

無くなってしまっている

現実を再び あなたが受け容れて

上げてしまえば良いだけなのです。




すると

あなたが

何も無さを

受け容れて上げた

その途端に あなたの中は

それまで味わった事の無い

途方も無い倖せ感で一杯に

満たされ切ってしまいます。




その実体の

あなたで生きる事こそが

どんな事にも決して壊される

事の無い倖せ感と共に生きられる

唯一の場所なのです。




その

場所を おいて

他に あなたが

生きられる場所など

何処にも存在しません。




それは

世界の果てまで

彷徨って探し尽くした

結論です。












































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html
















大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://人間物語.com/











『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたを受け容れてしまう事... | トップ | あなたの姿を見続けて行った... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。