この道の果てまで・・・

ただ純粋に ただ一途に歩む時
突如として それまでとは まったく違う
次元の異なる大地が あなたの目の前に姿を現す。

本来の あなたへの歩みと 道しるべ

2017-07-27 10:28:20 | Weblog






神様なんて

居ないけれども

神様に とても近い

場所ならば本当に有ります。




それも

あなたの中に

眠らされています。




殆んどの

人達が 自分の中の

その場所に気づかないままに

生を終えてしまいます。




けれども

それは本当に

有りますし 簡単に

証明する事も出来ます。




あなたの中には

何断層にも渡って

生きる次元が有ります。




その中の

最も深い場所に

横たわっている層に

あなたが辿り着く事が

出来たならば 




あなたは

初めて本当の

あなたの姿である

生の源流を目にする事が

意図も容易く出来てしまいます。




もっと簡単に

言えば あなたが

無理をしたり 背伸びをして

自分を作り続けて行く方向には

本当の あなたの場所は無いです。




その方向は

最初の内は良いけれども

先細りに成っています。




生きるとは

演じる事でも無ければ

誰かの真似をして さも

出来る人の様に振る舞う事でも

有りません。




生きるとは

あなたの中の本来の

場所へと辿り着き その場所へと

自らを委ねてしまい任せ切ってしまう

事なのです。




そこには

生の本流と合流した

大きな流れが自然に生まれ

出して来てしまいます。




それは

まるで車で

自動運転をして

いるかの様な楽さなのです。




あなたが

運転しなくても

運転手が あなたの中に

備わっていたのです。




あなたが運転を

しようとすると あなたは

どうやって大きな生の中を運転して

良いのか解らない為に何処からか

何かを盗んで来たり 或いは 誰かの

真似をしなければ為らなくなります。




ところが

あなたの中の

運転手に自らを

委ねてしまう事が

出来れば その運転手が

大きな生の中の運転の仕方を

自ら編み出しながら運転する為に

誰の真似でも 誰からの借り物でも無い

自らの道を切り開き始めてくれてしまうのです。




生の本流は

誰もの中に有ります。

あなたの中に それを

探し出す為には表面に有る

あなたを消耗させてしまう思考や

荒ぶる魂の様な感情の場所は全て

後にして行かなければ成りません。




それは

意外と簡単で

思考では動かなく

して上げれば良いのです。

あなたの中にグルグルと回る

思考に頼る事を諦めてしまえば

簡単に思考を手放す事が出来ます。




荒ぶる魂の様に

あなたの中で騒ぐ事を

決して やめようとしてくれない

激しい荒海の様な感情のままでは決して

物事をしなければ良いだけなのです。

これは一種の癖の様なものなのです。




長い間

無意識に

何の疑いも無く

続けて来ていた為に

常態化してしまっている

あなたのやり方なのです。




意識をして

手放して行く事が

簡単に出来ます。




じゃあ

荒れ狂った

海の様な激しい

感情に襲われたならば

どうしたら良いのか?

と言うと




あなたの

呼吸の出入りを

見つめて上げるのです。

その激しい感情の方に目を

奪われてしまっている その目を

あなたの呼吸の出入りの方に向けて

上げてしまいます。




そして

呼吸の出入りを

見つめ続けて上げたならば

意識をして深い息づかいにして

上げてしまい その出入りを ただ

見つめ続けて上げているだけで




やがて

あんなにも激しく

荒れ狂っていた海が

嘘の様に凪いだ海となって

しまっているはずです。




そうして

思考や感情と共には

決して動かない癖を新たに

身に着けて上げると あなたは

それだけでも とても楽に成れます。

何故ならば今迄 あなたは思考や感情に

翻弄されて衝き動かされて生きて来て

しまっていたからです。




あなたの中では

感情こそが本音であり

あなたの本意でも有ると

思っている方が大勢居ます。




感情の

更に下には

あなたの手つかずの

場所が在るのです。




その場所こそが

あなたに受け渡されているのに

あなたが朽ち果てさせてしまう

あなたの本来の生の場所です。




そこは

とても繊細な

感受性の宝庫なのです。




この あなたを

開いて生きて上げなければ

あなたは生まれて来なかったのも

同じ事に成ります。




誰かのコピーの様に

誰かの分身の様に生きている

人達が殆んどです。




会社で生き残る為に

生産性の高い人と成る事が

褒められ認められ社会的な地位が

上がるとでも思っている人達が

沢山居ます。




けれども それは

本来の あなたを根絶やしに

してしまっている事だと知っている人は

少なく有りません。なのに それを直す事を

している人を まだ見た事が有りません。




あなたの中の

本来の場所に あなたを

委ねてしまい明け渡す事が

出来た時には その能力は

計り知れません。




無理をしたり

人真似で何かを

していたのでは ある一定の

距離以上には飛べないのです。




それを

越える事の

出来る場所こそが

あなたの中に眠る あなたが

駄目だと思って何もさせて来なかった

弱気な あなたの場所です。軟弱な

あなたの場所です。




あなたは

それが本当の

自分の姿だと言う事ぐらい

知っているでしょう?




その軟弱で

何も出来そうも無い

あなたの姿で居る事が嫌で

あなたは無理をしたり背伸びをしたり

人真似をしたりして あなたと呼ぶに相応しい

あなたの姿を作り上げたのです。




その沢山の苦労で

作り上げた あなたを

手放してしまったら あなたは

一辺に何も出来ない あなたの姿へと

戻されてしまいます。それが怖くて

常に力を入れていなければ成らないのです。




今の あなたが

しがみ付いている

あなたの姿など本当の

あなたの姿では有りません。

本物の あなたから逃避をする事に

依って産み出された あなたの姿だったのです。

そんな物に いつまでも しがみ付いているのは

馬鹿でしか有りません。だって本当の あなたの生が

なし崩しに成ってしまっているのですよ。それも作り物で

偽物の あなたの手に依って




それに

出来る限り早く

気がついて あなたが

育てて来なかった あなたの中の

弱くて 駄目で 情けなくて 出来の悪い

何一つとして出来そうも無い あなたと共に

生きて上げる事です。




その あなたは

あなたが その場所で

生きて上げる事が育てる事に

成っているのです。あなたが そこで

生きて上げていなかった間 その場所は

一ミリも成長する事が出来なかったのです。




何も出来ない

あなたの事を何も出来ない

本物の あなたの手で受け容れて

上げてしまうのです。呑み込んで上げるのです。

息でも吸い込むかのようにしてです。




本当は何もかもの

全てが もう既に無く成り

過去の中へと流れ込んでしまっていて

実際には此の場には何も無いのです。

あなた苦労で作り上げて来た あなたも

本当は既に跡形も無く無いのです。

それを あなたの頭の中で有ると

思い込ませているだけなのです。




それは既に

死んだものと成って

しまっている事に気づくのです。

活き活きさなど何処にも無く

ただ外郭が残っているだけだと

言う事に気づく事です。




それに気づければ

目の前には何も無さしか無く

その何も無さこそが 何も無い

空間こそが あなたの本来の姿だったと

気づける事でしょう。




そして

気づけたならば

その気づけた何も無い場所の

あなたのままで目の前の何も無い

あなたの事を受け容れて上げてしまうのです。




すると

どうでしょう

あなたの中の芯から

あなたの隅々までを血液が

巡る様にして徐々に あなたの事を

満たし切ってしまうのです。




あなたの中は

これ以上無い倖せ感で

一杯と成ってしまいます。

満杯と成ってしまいます。




たとえ あなたが

何を やり遂げていなくても

病気で床に伏せったままだとしても

或いは誰の愛情も得られないままでも




あなたが本当の

あなたの姿を受け容れて上げて

しまう事だけで




あなたの中は 愛で満杯に成り

何処までも満たされてしまう

事でしょう。




あなたを

自分の手に依って

受け容れて上げてしまい

愛で一杯に満たし切って上げる為に

本物の あなたは どれなのかを

探し出すのです。




ちなみに

今の 作られた

あなたの姿を幾ら

あなたが愛して上げた所で

あなたの中が満たされてしまう事など

決して有り得ません。




それどころか

ただ単に好い気に成るだけで

ただのお調子者になるだけで

やがては土壺に嵌まるだけです。










































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html
















大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://人間物語.com/








『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1度でも 本来の 自分の場所へ... | トップ | 本当の あなたを温めて上げ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。