この道の果てまで・・・

ただ純粋に ただ一途に歩む時
突如として それまでとは まったく違う
次元の異なる大地が あなたの目の前に姿を現す。

あなたが辿り着けた場所の中のまま現在の中を生きる

2017-01-30 12:19:17 | Weblog






あなたが

あなたの内面を

見つめ続けてしまい




何もかもが

次から次へと

無くなってしまう

事実に直面し 




その事実から

逃げ出す事無く

逆に受け容れて上げて

しまう事が出来ると




あなたは

いつも いつも

次から次へと何もかもが

無くなってしまう事実を

怖れずに容易く受け容れて

上げてしまう事が出来る様に

成れてしまいます。




あなたの中には

いつも何もかもが

無くなってしまった

空間が ちゃんと在って




あなたが

基づいているものは

真新しく生まれたばかりの

何も無い空間と成っています。




そうして

生きる事が出来れば

あなたには物事の本質を

常に捉える事が出来てしまい

ますから あなたが間違えてしまう

事は殆んどなく成ります。




それは

何も あなたが

完璧で居ようとしている

訳では無いのに あなたが

間違えてしまう事は殆んど

無くなってしまうのです。




無理や

背伸びなど

全くしていない

のにも拘らず あなたは

あたかも完璧な生き方が

出来てしまうのです。




完璧さは

あなたの中の

弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

あなたの姿を否定をして




無理や

背伸びをした

あなたの姿を無理矢理に

作り出した処に生まれるのでは無くて




あなたの中の

弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

あなたの事を受け容れて上げて

しまったと同時に現れる何もかもが

無くなってしまった空間から

生まれて来るものなのです。




それは

あなた個人の

力や能力などでは無くて

何もかもが無くなってしまった

場所に広がる果てしなく大きく

途方も無い空間から生まれ出して

いるものなのです。




最初の内

あなたは常に

あなたの中の何も無い

空間を目を凝らして見つめ

実感で味わい続ける事をして

行きます。




時として

見失ってしまう事も

有るけれども 見失って

しまった事実さえも受け容れて

上げてしまう事で再び何もかもが

無くなってしまっている事実を見つめる

事が出来る様に成ってしまいます。




その時でさえも

逃げ出す事でも無く

戦う事でも無く ただ

受け容れて上げてしまう事だけが

あなたの事を救い出してしまいます。




次から次へと

何もかもが無くなって

しまっている空間を こちら側から

受け容れ続けていると やがて

あなたは何もかもが無くなってしまった

空間側へと成ってしまっている事に

驚かされてしまいます。




何も無い

空間側の意識を

現在を生きる あなたが

あなたの中へと取り入れる

のでは無くて




何も無い

空間側の意識のままで

現在を生きる あなたの中へと

入り込む感じに成って来ます。




あなたは完全に

空間側へと移行して

しまいます。




完全に空間側の

意識が目覚め渡って

しまうのです。




いつも

空間側に生き

空間側の世界の中を

味わいながら生きてしまえて

必要な時にだけ現在を生きる

あなたの中へと帰って来るのです。




その時に

あなたは完全に

空間と一体と成れて

しまっています。




もう

あなたが

帰るべき処に

帰り着いてしまい

その あなたのままで

現在を生きる あなたの場所へと

降りて来る感じと成ってしまいます。

そこには何の矛盾も生まれ様が有りません。




















































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html
















大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://人間物語.com/

















『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世の中の みんなが ただ逃... | トップ | あらゆる 目の前の事を 受... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。