この道の果てまで・・・

ただ純粋に ただ一途に歩む時
突如として それまでとは まったく違う
次元の異なる大地が あなたの目の前に姿を現す。

あなたの姿を見続けて行った果てに出会えるもの

2017-05-19 10:35:11 | Weblog








あなたが

毎日の様に

毎時間の様に

毎分、毎秒、毎瞬間の

様にして あなたの中の

何もかもの全てのものまでが




次から次へと

無くなってしまっている

現実の あなたの姿である

何も無い空間を受け容れてしまい

あなた自身の事を あなたが

満たして上げてしまった時に




あなたの中に

何の強迫観念からの

動きでは無く




満たされた

あなたからの

動きが初めて生まれ

出して来ます。




それが

あなたの

自発性です。




自発性は

あなたの中の

何もかもの全てが

満たされてしまい

あなたが これ以上ない

倖せの中に居る時に初めて

生まれる動きです。




それを

する事に依っての

見返りなど全く望んで

などいないし 何の魂胆も

持たない場所からの動きです。




それは

空っぽの

あなたからの

活き活きとした

動きです。




あなたが

目の前の人や

物事や問題と向き合い

それらを全面的に ただ

受け容れて上げてしまうのです。




それは

あなたが

あなたの中の

何もかもの全てが

無くなってしまっている

空間と化してしまった




あなたと

向き合い 受け容れて

上げてしまう時と全く同じ事です。




そして

あなたが

あなたの中の

何もかもの全てが

無くなってしまった

本物の あなたの姿である

何も無い空間を受け容れて上げて

居る時にしか出来ない事なのです。




あなたが

本物の あなたの

姿である作り物の表面

などでは無い あなたの姿を

受け容れて上げている時に




あなたは物事の

表面などでは無くて

本質的な何も無い場所の

物事の姿と向き合う事が

出来てしまい 受け容れて

上げる事が出来てしまいます。




その間

あなたは

何もしてなど

いないのです。




あなたの中の

何も無い空間の場所が

全てを執り行ってくれて

しまいます。




あなたは ただ

全面的に その場所に

委ねてしまい任せ切って

しまっているだけなのです。




ただ

あなたの意識を

あなたの中へと傾けて

上げているだけなのです。




あなたの意識で

あなたの中を注視して

上げているだけなのです。




それが

今迄の あなたの

得て来た経験で判断し

経験から引っ張り出して来た

古臭い やり方を頼りにしたり

それらを使わないコツなのです。




既に過ぎ去り

無くなってしまった

過去から死んだものを

引っ張り出して来て使わない

事なのです。




そんな事を

一度でもすれば

あなたは あなたの中に

今迄の全ての過去を復活させてしまい

再び あなただけの思い込みの世界で

生きる事に成ってしまいます。




すると

何も解ってなど

いなかった時と違い

あなたは酷く疲れ果てて

しまう様に成ってしまいます。




それどころか

あなたの中は上を下への

大騒ぎと成ってしまいます。




あなたの中から

一度 消え去り無く成って

しまったものなど もう二度と

使う事など出来ないのです。




墓穴から

既に亡く成った

遺体を掘り起こして来て

その遺体に物事をさせる様な

事を あなたは してしまって

いるのです。




今迄も

これから先も

例え どんな 事でも

あなたの中に湧き上がった事で

あなたが使えるのは その場の

ただの一度切りだけなのです。




全ては

その場から

直後に無くなって

しまっていますから

使い回しなど出来ない

相談なのです。




あなたが

経験を手放す事無く

後生大事に抱えて生きて

しまっている事は あなたには

生涯 真新しい今など やって来ずに

未来までを全部 過去へと作り変えてしまい

安全で詰まらない見飽きた様な作り物の

現在の中を生きるしか無いのです。




そして

それは あなただけの

思い込みの世界の中なのです。




あなたはリアルな

今に生涯 出会う事が

出来ない様に自分の手で

してしまっているのです。




何もかもが

無くなってしまっている

あなたの中の現在の姿を

受け容れて上げてしまい




あなたの

目の前の全ての

物事を受け容れて上げて

しまえば良いだけなのです。




すると

あなたの中に

その度に真新しい

発想が浮かび上がって

来てしまいます。




その発想が

浮かび上がって来るまで

何度でも受け容れて上げて

しまえば良いのです。




何の発想も

浮かび上がって

来ない時には まだ

あなたの受け容れ方が

足りないだけなのです。




形だけで

本当に受け容れて

上げる事が出来ていないのです。




そんな時には

再び自分の事を

覗き込み 何もかもが

無くなってしまった後の

何も無い もぬけの殻の

情けない空間を見て上げる事です。




そして

何も無い

もぬけの殻の

あなたには確かに

何も妄想や思い込みは

見えないけれど 何も無い

空間の中には何かが充満し切って

いる事を見てしまうのです。




何か透明で

目に見えない

気体の様なものが




その充満し切っている

空間の中味そのものが本当の

あなたの姿なのですから その中味を

受け容れて上げてしまったら良いのです。




その時に

あなたの中は

生まれて初めて

あなたの芯から癒されてしまい

満たされ切ってしまいます。




そうなったら

あなたは もう

迷う事無く自分の中を

見続けて行く事が出来るし

本当の あなたの姿を

見失う事など有りません。




そして

昔の事など

使わなくても

あなた次第で 見た事も無い

聞いた事も無い やり方が

あなたの中に次々と浮かんで

来てくれてしまいます。




それが

外側の大きな

何処までも広がる

空間と あなたは一つに

繋がってしまい その空間からの

大いなる智慧までが あなたに力を

貸してくれるように成ってしまう事なのです。




こうなったら

あなたは鬼に金棒です。




でもね

そんな あなたさえも

次の瞬間には消えてしまう事を

お忘れなく 




だから

あなたは決して

偉そうになど成れないのです。




もしも偉そうに

成ってしまったならば

それは あなたが過去の

無くなってしまった物を見ている

証拠なのですから。



















































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html
















大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://人間物語.com/












『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の果てまで彷徨って探し... | トップ | 永遠の倖せ感の在り処 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。