‘Tis Nature's Voice~それは自然の声~Ⅱ

みらくる・あっこの気ままブログ

メープルちゃん、キーボードと共演♪

2016-06-27 22:55:08 | My Consert
6月25日
アンサンブル・シュシュの鍵盤奏者、岡本裕美さんのお母様がお世話係をしている、老人会のイベントに演奏に行きました。




ピアノの無い所だったので、岡本さんのキーボードと、ハープのメープルちゃんを持ち込んでの、歌のコンサートになりました。





 ハープとキーボードの音を色々ミックスしたり、ピアノと歌だけの曲などを選びました。


アイリッシュの曲の他に、以外と面白かったのは、なんと石川啄木の和歌で有名な「初恋」でした。機能的にアイリッシュのメープルちゃんは、私の実力と共に、調号の多いものは避けたいのですが、この曲はヘ長調なので、ヘ長調調弦をしておけば、ほぼ臨時記号もなしで弾けてしまいます。

「初恋」石川啄木&越谷達之助





ハープで出来そうにない曲は、本格声楽曲も混ぜて。キーボードなので、色んな音色はあるのですが、手で強弱がつけられないので、ピアノ伴奏曲は少し辛いものがありました。でも畳敷きの部屋でしたが、けっこう響いてくれました。
畳に皆さん座られるのかなと思っていたら、椅子が置かれて足も楽そうでした。でも2階に階段で上がらなければならないので、杖をついてでも、なんとかそれが出来るご老人達です。この健康状態をキープしていただきたいですね!




後半はまた、季節の日本の歌などを、皆さんで合唱しました。ドレスも紫陽花系の色合いで
クラッシクの音楽会は、初めての出し物だったそうで、とても静かに聴いて下さり、癒されましたとおっしゃっていただけました


お昼ご飯に、手作りランチョンマットを敷いていただき、みなさんへのお土産でもありました。私達もいただき、早速家でも愛用させていただいています(^-^)。

会館の敷地内には、地車(だんじり)の倉庫が!
この地区の地車の宮入をする神社で、私はお宮参りをして、秋祭りにはだんじり祭りを、楽しみにしていましたので、めちゃくちゃ懐かしい場所でした(#^^#)v。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🌼アガパンサスだらけ✿

2016-06-23 19:30:13 | 花便り
紫陽花もとても綺麗ですが、今最も元気よく咲いているのが、アガパンサスです。


おそらく人工的に、歩道の脇などに植えられたのでしょうが、球根性で勝手にに増えていくようで、雑草のごとく多く生えています。
リコリスと同じように、彼岸花の水色バージョンのような花の形。でも葉っぱは生えていますし、今の時期はとても涼し気な色で、花というのは、つくづく季節に相応しい色合いが咲くのだな~と感心します


ここは本来、紫陽花通りとされて、紫陽花がたくさん植えられていて、アガパンサスはその脇役的な存在でしたが、今ではその紫陽花を凌ぐほどの勢いで、咲き誇っています(^-^;。

      


どこもかしこも、アガパンサスだらけです。


よく見ても可愛い花です
















紫陽花とのつつましい組み合わせだったのですが、猛暑日があったりして、紫陽花は少しお疲れぎみ。
炎天下でも、アガパンサスは元気いっぱいみたい(^-^;!






和菓子屋「むか新」の外には、渋い額紫陽花や、地味な色の紫陽花が。中には、なんと氷づけにされた紫陽花がありました。(でもこれは造花だそうです)


「むか新」の特選ゴールド”みどり”というお茶は、冷茶にしてもめちゃめちゃ美味しい!もう七夕菓子も出ています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティル最新映像♪

2016-06-20 10:03:35 | More Mark Padmore
マエストロ・ブロムシュテットオーケストラ・ドゥ・パリの練習風景の動画を見つけました。嬉しすぎる(*^_^*)
梅雨のうっとしい暑さから、少しでも逃れよう…。でもティル熱は上がるばかり…

(Répétition) Le Concerto pour piano n° 5, "L'Empereur", de Beethoven joué par Till Fellner


やはり姿勢がいいし、腕の使い方など弾く姿は、ピアノを習う子供達に、とても参考になると思います。
 ベートーヴェン好きの子供にも、お勧め映像です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🌼合歓の花🌼

2016-06-19 19:54:02 | 花便り
梅雨真っただ中になってきました。泉北の木は巨大なものが多く、合歓の木も大きなものが多いです。


幻想的な細い線状の花は、多分丸く咲いているのですが、のような形に見えて涼しげ。


このくらいのものは、ざらにある。








この木は池の淵に立っているので、枝が池に伸びて、水面に映る緑も美しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お田植神事

2016-06-17 23:47:14 | 初辰さん
田植えの季節を迎えていて、あちらこちらの田んぼには、青い苗がすでに植えられてる所や、これからという水を張った田んぼが増えてきました。
6月14日は、住吉大社のお田植神事で、初辰まいりなどでもらえるお米の田植があり、初めて観に行きました。


早乙女という、赤いタスキをかけた女性が、昔ながらの方法で、手で早苗を植えていくものです。

   
この日は車が使えなかったので、電車で行くことにしました。住吉東駅から神社へ向かう道は、史跡や昔ながらのお店、お寺などが多く、いい雰囲気です。


浅澤社あたりに着くので、普通の初辰まいりとは逆から、回っていきました。楠捃社お稲荷さんの前掛けが、新しくなっていました。


前日から朝にかけて雨が降ったので、緑が洗われて、太鼓橋の水に映る景色もいっそう鮮やか。


田んぼを鋤く牛さんが。真っ黒で可愛い~


田植えは午後からなので、先に昼食を。今月の初辰さんです。

    


観客も多いけれど、大人から子供まで、地元の人達が総出ではないかと思われるくらい、時代装束を身にまとった人達が、田んぼの周りを歩く。さっきの牛さんは田んぼに入れられて、最初は驚いて暴れていましたが、しばらくしてから落ち着いてきて、上手に道具を引っ張って、歩いていました。



 田んぼの中に設けられた舞台で、田植の間様々な舞が披露されます。


今は機械を使うことがほとんどなので、慣れないながらも、頑張って田植をする早乙女たち。


女性だけでなく、男性も植えていました。
半分くらい植えられた所で、レッスンがあるため帰り、小鴨が放たれる所までは、観られませんでしたが、梅雨の晴れ間でけっこう涼しくて、田植にはばっちりの天候でした









コメント
この記事をはてなブックマークに追加