‘Tis Nature's Voice~それは自然の声~Ⅱ

みらくる・あっこの気ままブログ

マーク・パドモア、NHK音楽祭に出演。

2016-09-29 01:49:32 | More Mark Padmore
今年は、ブリテンの没後40年だそうで、ダニエル・ハーディング指揮パリ管弦楽団と共に、テノールとホルン、弦楽合奏のための「セレナード」を演奏されます。ジョシュア・ベルメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲も演奏されます。
2016年11月18日(金)19:00開演「NHKホール」
https://www.nhk-p.co.jp/


このアルバムは「セレナード」と、様々な楽器との組み合わせが面白い「ノクターン」フィンジの美しい「ディエス・ナタリス」が入っています。HMU 807552

ブリテンは、たいへん自国の音楽を愛した人だと思うのが、イギリス民謡をブリテン風にピアノ伴奏を付けた曲集や、ヘンリー・パーセルの歌曲を、ピアノ伴奏にアレンジした曲集などがあるからです。有名な「青少年のための管弦楽組曲」は、パーセルの「アブデラザール」の付随音楽をアレンジしたものです。

聖セシリアの記念日が11月であることから、パドモアさんの歌う、パーセルの最も美しい曲、このブログのタイトルにもしている<聖セシリアのためのオード・Hail! Bright Caecilia>の中の「`Tis Nature's Voice」の動画を見つけましたので、お聴きください。

Purcell: Hail! Bright Caecilia - 'Tis Nature's Voice
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シューベルトのチラシ届きました。

2016-09-26 13:02:59 | More Mark Padmore
来年2月のマーク・パドモア&ティル・フェルナーの、いずみホール岡崎市シビックホールのチラシが届きました。


2017年2月17日16:00開演、シューベルト「美しき水車小屋の娘」D795


2017年2月18日15:00開演、シューベルト「冬の旅」D911&ブラームスの4つのバラード作品10という、ピアノ独奏曲も最初に置かれています。

  それぞれの機関誌も付いていて、インタビューが掲載されています。
二人の出会いが、エイドリアン・ブレンデル(ブレンデルの息子さん)の主催するコンサートで、初めて「水車小屋」を共演したのがきっかけだそうです。
それぞれの曲の解説的なことが語られていますが、シビックホールの「コロネットインフォメーション」という冊子の方は、少しくだけた感じで、岡崎市は鰻が名物ですが、二人とも鰻は好きですか?という質問に二人とも大好きです!と答えていました。昨日は夫が食欲がないので、鰻を食べに行こうと言って、うなぎ屋さんの前で並んで待っていた時に、この冊子を丁度読んでいたので、すごく笑けてしまいました(^-^;。鰻は今とても高いですが、ご褒美に是非食べてくださいね!

いずみホールの「Jupiter」には、春から毎号シューベルトの特集記事が載っていて、楽しみに読んでいますが、今月号が丁度「冬の旅」の解説です。
終曲の「Der Leiermann・辻音楽師」の奏でる楽器は、ハーディーガーディーだと書いてあって、ピアノの左手の空虚5度(ドローン)が61回繰り返されるとありました。あまり回数とか気にしたことは無かったのですが、そのハーディーガーディーの音に興味が沸き、動画で検索していると、いかにもそれらしいドイツ語でしゃべって歌う、お爺さんの動画が出てきました。
ボロボロの民族衣装を着て、歌声は声楽的なしっかりした発声をしておられるのです。
お爺さんは馬の頭の付いた、お花の模様が描かれた、古そうな楽器を持っていて、違う動画ではハープも弾き歌いしています。シューベルトの時代って、古い楽器もたくさん町中で演奏されていたんでしょうか。リュートや竪琴なども歌の中によく出てきますし、絵にも出てきますね。

Eberhard Kummer sings Oswald von Wolkenstein (from min. 3:02)


今回のプログラムは、「冬の旅」の前に、ブラームスの21歳の時のピアノ曲、「4つのバラード」が演奏されるようですが、第1番が「冬の旅」の第1曲目「Gute Nacht・おやすみ」と同じ調のニ短調で、左手は空虚5度で始まります。第2番が同主調のニ長調で、「おやすみ」も途中からニ長調に転調する節があります。そして第3番が並行調でロ短調、第4番が同主調でロ長調という、かなり音楽愛好家心をくすぐられる曲で、冬の旅への入り口にとてもぴったりの曲
これはやはりティルの案でしょうか…?なんという渋い選曲、ライエルマンまで一環されている

2017年2月21日19:00開演 アクロス福岡シンフォニーホール「冬の旅」D.911

ティル・フェルナーは、2017年の秋から2019年まで4回にわたって、本場のシューベルティアーデで、シューベルト・チクルスを組んでいくそうです。
http://ks-schoerke.de/till-fellner-klavierrzitale-20152016/
日本でもやってほしい。ティルのシューベルト・ピアノ曲は全く聴いたことがないのです…。

クリスティアン・ベザイデンホウトは、この秋チェンバロで来日です。
http://www.allegromusic.co.jp/Artist.htm


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凄い!豪栄道、全勝優勝🎊

2016-09-25 20:52:45 | Sumo
9月25日
大相撲秋場所で、豪栄道全勝優勝を果たしました




カド番大関で、全勝というのは初らしい。そして日本人力士の全勝優勝というのは、二代目貴乃花以来、20年ぶりだそうです。

   
千秋楽で琴奨菊を破る。「全勝」と書いた紙を用意してるお客さんも、いっぱい居たのが面白かったですね!今日は笑顔のインタビューでした(^-^)v。
稀勢の里もあきらめないで、また頑張ってほしいですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親孝行や、豪栄道~初優勝決まる!

2016-09-24 22:53:32 | Sumo
大相撲秋場所14日目で、豪栄道の優勝が決まりました


大関になってから、怪我などで苦しんだ豪栄道でしたが、今場所は白星街道を突き進み、今年の初場所・琴奨菊に続いて、日本人力士の優勝に。
インタビューでは、ポロポロ涙をこぼしながら、感無量といった感じで、私ももらい泣きをしました(T_T)。
大阪出身の力士としては86年ぶりだそうですね。怪我などが無ければ、これが本当の豪栄道の実力だろうなと思った今場所でした。






力強い仕切りの様子や、勝負が決まった玉鷲戦。(日本相撲協会ツイッターより)


12日目鶴竜戦。稀勢の里も鶴竜も優勝から遠のいたので、悩むことなく豪栄道を応援しよう(^-^)v。


13日目日馬富士戦は、きわどい首投げで勝つ。

        何日か前から、お母さんが上京して、応援されていたそう。喜ぶお母さんや地元の人達。大相撲協会は、手拍子などは雰囲気にそぐわないとして、禁止令が出て、今場所は殆ど豪栄道コールが聴こえませんでしたが、試合が終わって優勝が決まると、会場に豪栄道コールがしばらく続きましたね。
本当、親孝行が出来て良かったですね。でもなんでこのお母さんから、こんな大きな子が産まれたのか不思議です



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♡蝶々は恋の季節♡

2016-09-23 12:56:43 | てふてふ
葛城山では蝶々もよく飛んでいましたが、キアゲハが特に束になって飛んでいたり、夏も終るのでかなり焦っている様子でした


熊笹にとまるキアゲハ。




アザミにとまるキアゲハ。


にとまるキアゲハ。一匹づつしか撮れてませんが、だいだい三角関係で飛んでいました




こちらはツマグロヒョウモン♂




これはウラギンシジミという、夏の終わりから秋ぐらいに現れる、ちょっとレアな蝶々です。




山の上には、こんなモニュメントが。「天空のハッピーベル」といって、願いを書いてハートの鍵をかけるみたいです


アキアカネ(赤とんぼ)もものすごく沢山飛んでいましたが、動きが早いため、やっと一匹だけ写真でとらえることが出来ました。


葛城山へ行く途中で、すごく気になっていた喫茶店があり、「片銀村」という葛城山の湧き水でたてた珈琲を出してくれるお店でした
熟年の方がお店をやっていて、昔ながらの雰囲気。お米なども売っていました。


もう一つ309号線沿いにある喫茶「Berry」も前から気になって、お店が開いてたので入ることに。
高砂百合がまだ咲いている、若い方が経営しているお洒落なお店です。


お洒落なパンプキン・プリンや、フレンチ・トーストも美味しい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加