‘Tis Nature's Voice~それは自然の声~Ⅱ

みらくる・あっこの気ままブログ

🌹シュシュ合奏より🌹

2017-05-21 13:09:21 | Rose
薔薇が美しい季節ですね
先日のアンサンブル・シュシュ定演の、イタリア初期バロックの合奏を、メンバーがスライショーの動画でアップして、綺麗な薔薇の写真や、リュートやギターについている”ローズ”も綺麗なので、掲載させていただきます。

Ensemble ChouChou Early Baroque 2017/5/14
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🌹アンサンブル・シュシュ定演、有難うございました🌹

2017-05-20 23:35:07 | My Consert
5月14日
アンサンブル・シュシュの第45回定例演奏会が、岸和田・自泉会館でありました。




今回は参加人数が少し減ったので、2時開演になり、いつものように長いコンサートにはなりませんでした。


母の日のお花と、久保田農園のニンニク(?)。






平山照秋さんの、New! チェンバロは、綺麗なロイヤル・ブルーでお披露目でした


全員合奏は、ヘンデル「アレクサンダーの饗宴」より”彼女の音楽に重ねよう”と、リュリの「町人貴族」より”シャコンヌ”でした。




ブロークンと言っていた最初の合奏ですが、最近はもっぱらイタリア初期バロックばかりになってきました。今回はステファニ、リバヤ、カプスベルガー、メルラでした。
左から久保田麻衣子さん、久保田夏男さん、黒田千賀子さん、私笹山晶子高橋晴子さん。
これは自分も必死でハープを練習することもあるし、皆で話し合いながら、音作りをしていきますので、一番練習した感があります。
ハープを弾きながら歌うのも、少しづつですが慣れてきて、調性も色々と出来るようになってきました(*'ω'*)。




ジェンキンスという作曲家のトリオ・ソナタ、ヴィオラ・ダ・ガンバが簡単で、しかもめちゃ聴き映えがする曲と久保田さん。確かにめちゃ上手く聴こえました(^-^;。バロック・ヴァイオリンの上田浩之さん(左)。


J.S.バッハ「結婚カンタータ」より。バロック・オーボエは長尾優香さん、チェンバロは岡本裕美さん。







 J.S.バッハ「コーヒー・カンタータ」より。バロック・フルートの植田さ雅彦さん(左)にコーヒー・カップを持って歌えと言われました。暗譜で頑張ろうと思ったのですが、ダ・カーポ・アリアのようで、微妙に変えてある音がややこしく、本番で間違えてしまい、悔しいので、アンコールとして、もう一度譜面を立てて、やり直させてもらいました。お客さんも残っていてくださって、あたたかく聴いて下さり感謝です
結構みらくる・あっこは、こういう場面が多く、よくやります。でも皆さん面白いと言って、協力的なんですよ(^-^;。ライヴですからね、凄いプロでも、生演奏となれば、間違ってはる場面にはよく遭遇します。






コレルリのヴァイオリン・ソナタ。いつも難しい曲を弾きこなす上田さん。打ち上げでは山本登美則さん(ガンバ)と釣りの話しで盛り上がる。今増えている生魚に寄生していて、食べたら内臓を食いちぎられるので、すごい激痛になるというアニサキスに食われてもいいから、サバの刺身が食べたいらしい(^-^;。



ロッティのフルートとオーボエ・ダ・モーレ、通奏低音のトリオ。オーボエ・ダ・モーレの音は、普通のオーボエよりも、とても柔らかで、フルートと溶け合っていました。



立花良一さんと高橋晴子さんによる、モーツァルト・ヴァイオリン・ソナタ。本番は端の方へ行かれたのか、ビデオを静止画にしたものなので、凄い隅っこになってしまいました(^-^;。


笹山晶子黒田千賀子さんで、ベートーヴェン歌曲でしたが、やはり以外と繊細でロマンティックなのが、ベートーヴェンのリートです。

    
久保田さん作の弓。国登録重要文化財の建物は明治時代の貴族の館でした。ひこにゃんグッズは離せない、ひこにゃんといつも一緒です(='ω'=)。


楽譜を忘れて2階まで取りに行った久保田さん(;'∀')。


なんとか無事に終りました。お聴きいただいたお客様、どうも有難うございました。メンバーの皆さん、お疲れ様でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キナコちゃん、母猫になる。

2017-05-13 22:23:48 | 猫日和
昨日は古楽工房ヴィオールに、自主練に行き、生後5日目の、猫のキナコちゃんの初ベイビーを見ることが出来ました。






仔猫たちだけで眠っていましたが、仔猫がミーミー鳴くと、キナコちゃんはやって来て箱に入り、いい母親ぶりを発揮していました。


お相手は、一緒に暮らしている白猫のテオくんのはずなのですが…。顔はキナコちゃんに似ているけど、毛の色が何故か二匹とも両親と違います。ひょっとして不倫?


でもちゃんと母親らしく、子育てをしていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンサンブル・シュシュ第45回定例演奏会🎶

2017-05-09 13:08:58 | My Consert
アンサンブル・シュシュ第45回定演のお知らせです


2017年5月14日(日) 午後2時開演 ☚いつもは3時からでしたが変更です。
岸和田・自泉会館(国登録重要文化財) http://jisen-kaikan.jp/
岸和田市岸城町5-10 Tel:072-437-3801

<曲目>

*G.F.ヘンデル:”彼女の音楽に重ねよう”(オラトリオ「アレキサンダーの饗宴、または音楽の力」HWV75より)

*G.ステファニ:”幸せな恋人”(カンツォネッタ集「愛する物達の情熱」より)
*L.R.de リバヤ:「チャッコーナ」「マリオナス」(曲集「ともしびと北極星」より)
*G.G.カプスベルガー:”幸いなる魂たちは”(ヴィラネル集第4巻より)
*T.メールラ:”それを信じる愚か者”

*J.ジェンキンス:トリオ・ソナタ ニ短調

*J.S.バッハ:
「結婚カンタータ」BWV202より”そしてこれが幸せというもの”~”恋にいそしみ、戯れに愛撫することは”
「コーヒー・カンタータ」BWV211より”まぁ、お父さま、そう厳しいことは言わないで!~”ああ、コーヒーの味の何と甘いこと”

*A.コレッリ:ヴァイオリンとヴィオローネもしくはチェンバロのためのソナタ イ長調 作品5-6

*A.ロッティ:フルート、オーボエ・ダ・モーレと通奏低音のためのトリオ

*W.A.モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 変ロ長調 Kv378 より アレグロ・モデラート

*L.v.ベートーヴェン:歌曲 ”五月の歌” ”ひめごと” ”悲しみの喜び” ”口づけ”

*J.B.リュリ:シャコンヌ(コメディバレ「町人貴族」より)


<出演>

上田浩之(バロック・ヴァイオリン)
植田雅彦(バロック・フルート)
岡本裕美(チェンバロ)
久保田夏男(ヴィオラ・ダ・ガンバ、テオルボ、バロックチェロ、ルネッサンス・ギター)
久保田麻衣子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
黒田千賀子(チェンバロ、ピアノ、パーカッション、リコーダー)
笹山晶子(ソプラノ、ハープ)
高橋晴子(チェンバロ、ピアノ、リコーダー)
立花良一(ヴァイオリン、バロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ)
長尾優香(バロック・オーボエ、オーボエ・ダ・モーレ)
山本登美則(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卯の花とアオスジアゲハ

2017-05-07 22:15:11 | てふてふ
住吉大社の「卯の花苑」で、ひときわ満開に咲いている白い卯の花に、アオスジアゲハの群れが飛び回っていました。


が食草らしく、毎年卯の花苑では、アオスジアゲハがよく飛んでいますが、卯の花の蜜も好きなようです。








本当は何頭もくるくる戯れていたのですが、何しろすばしっこい蝶々で、じっとしていないので、せいぜい花に止まっている瞬間に、一頭が撮れるだけでした。多くの人が、可愛くて幻想的な光景に、しばし見取れていました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウツギの杜

2017-05-06 18:24:23 | 初辰さん
5月5日
「子供の日」は、この上ない快晴となり、青空と新緑がとても綺麗でした。
住吉大社は、五月は「初辰大祭」で、「卯の花苑」も開放されています。



楠捃社の楠は、写真には納まらない大きさです。


楠高社

  
種貸社の青モミジと神巳に捧げる




楠捃社お酒がいっぱい。


青空に緑が映えます。


五月は住吉さん、三大名花の「卯の花」がとても綺麗です。日本全国の珍しいウツギが栽培されていて、ウツギの小さな森は別世界。

























 可憐な卯の花の数々と記念撮影。浅澤社カキツバタも、三大名花の一つ。






卯の花を頭に付けて踊られる雅楽「卯の花神事」が行われる石舞台には、朱色の飾りがかぶせられていました。


今月の初辰さん


蔓薔薇も青空に映えて綺麗です。一年で一番花の美しい季節ですね



 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すずらん、すずらん~🎶

2017-04-30 21:28:47 | 花便り
フランスの大統領選挙が話題になっていますね。候補者全員が、が付く名前だったので面白いですが、マクロン氏が24歳年上の奥さんと結婚しているというところに、注目してしまいました。お母さんぐらい、甘えん坊なのかな~?(^^;)。

5月1日は、フランスでは「すずらん祭り」があるそうで、高田三郎の日本歌曲「パリ旅情」の中に入っていて、とても好きな歌です。

「パリ旅情」より"すずらんの祭" 深尾須磨子 詩  高田三郎 曲   Saburou Takada


先日、鍵盤奏者のKさんのお庭に、けっこう蔓延っているという「ドイツ鈴蘭」が蕾をつけだしたというので、貰って帰りました。






スコップを持って行って、掘るつもりでしたが、全くダメで、シャベルでごそっと掘ってくれました。それぐらい根が張って、生命力が強いらしい。


とてもいい香りの、可愛い花ですが…。


ベランダで植えてみましたが、今日は相当な夏日になり、上手く根付いてくれるか解りません。ベランダはかなり苛酷な環境なので、いくら強いといっても、平地に植えるのとは訳が違います。

英語で"Lily of the valley・谷間の百合"というそうですが、可愛い百合のイメージなんですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🌼八重桜と白蓮華🌼

2017-04-22 22:05:20 | 花便り
春の嵐の後から、少し寒い感じですが、ソメイヨシノが散って、今は八重桜が満開です。




私が好きなのは、美多彌神社の入り口の八重桜です。八重桜は濃いピンクが多いのですが、ここのはソメイヨシノのような、薄いピンク色です。そして八重桜は、葉っぱも出ていて、桜餅みたいです( ^^) _旦~~。












ベビーピンクの色が可愛い~
藤や菖蒲、ツツジも咲きだして、葉ボタンも菜の花になっていますね。




蓮華畑は、最近あまり見かけなくなりましたが、少しだけ咲いている所に、何やら白いものが…。もしや白蓮華ではないかと見に行くと、やはりそうでした。
昔は蓮華畑はいっぱいあり、蝶々採りで走り回ったものですが、沢山のピンクの蓮華の中に、一つくらい白蓮華を見つけると、すごく幸運になると思えるくらい、珍しかったのですが、こんなに咲いているとは…。






白いものって、なんか神聖な感じがしますね。少し摘んで帰りました。


ベランダのミニ葉ボタンにも、ちゃんと菜の花が咲きました。


二月の初辰さんで、持ち帰ったが未だにもっていて、水にさしてるだけで、根が生えて来ましたので、これは土に植えろということかな?と思い植えてみました。

根付いてくれるかな?









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひこにゃん動画にハマってます(=^・^=)♡

2017-04-17 23:32:44 | 猫日和
春の嵐が来ています。ソメイヨシノは、もう散ってしまうでしょう。
生ひこにゃんを見てから、すっかりひこにゃんの虜になってしまい、トモにゃんのこともちょっと忘れがちになってきました。
最近ストレスフルな生活を送っているので、無数に出ているひこにゃん動画を見て、癒されています。夜はひこにゃんの縫いぐるみと眠っています(^-^;。

知り合いのリュート、ギター奏者の、高本一郎さんがひこにゃん動画に出ていて、すごく笑えます!満々でギターを演奏するひこにゃん。司会者に実は高本さんが弾いてるとバラされると、ムッとするひこにゃん。もう可愛すぎる~

ひこにゃんバロックギターに挑戦
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イースター・ドーナツ

2017-04-15 18:06:26 | ドーナツ俳句
 ~イースター・エッグ・ドーナツ 生れたり~


最近はコンビニでドーナツが売られていて、しかもけっこう季節感をだしていたりします。
先日、ローソン「イースター・ドーナツ」が売られていました。楽しそうだったので、買って帰りました。中にカスタード・クリームが入って、とても美味しかったです。
復活祭は、キリストが受難から復活するということで、また生まれるという意味から、卵に絵を描いて楽しむお祭りだそうです。
ドーナツもついにイースター・エッグに生まれ変わったという感じです。イースターって、やっぱり春の季語になるのでしょうか?
敬虔なカトリックの信者さんは、イースター前数週間から、音楽も聴かないなど、厳かな気持ちで過ごされると聞きました。
こんな甘いもの食べて喜んでいたら、怒られそうですね(^-^;。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加