MIRACLE NATURE@奄美大島の自然

奄美大島発ブログ、奄美大島の自然を観察しながら動物、植物、風景等を写真で広く&楽しく紹介しています、写真の無断使用禁止

沖永良部島の植物:オキナワサルトリイバラ

2016-10-14 18:09:48 | 野山の植物/草本・木本・山野草

沖永良部島の植物:オキナワサルトリイバラの赤い実

オキナワサルトリイバラの実を観たいとずっと思っていましたが、今回、念願が叶いました。何故ならサルトリイバラの仲間で奄美大島に分布しているサツマサンキライ、ハマサルトリイバラ、ササバサンキライ等は全て黒紫色の果実、そして、湯湾岳付近にはヒメカカラという小さな赤い実を付けるのが分布しており、サルトリイバラ程の大きさの実を付けるのはオキナワサルトリイバラだけだったからです。なお、本土域に分布しているサルトリイバラはリース等に利用され、たまに花屋さんで飾っているのを見かけます。

オキナワサルトリイバラ

オキナワサルトリイバラの新芽の中肋の周りには斑が入る

参考、奄美大島に生えているサルトリイバラの仲間の実(俺ってなんと親切なんだ)

サツマサンキライ

ハマサルトリイバラ

ササバサンキライ

ヒメカカラ

属が違うけどカラスキバサンキライ

人気ブログランキングへ 

ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牧草地でベンケイガニやバッ... | トップ | 今年も奴が現れた! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。