MIRACLE NATURE@奄美大島の自然

奄美大島発ブログ、奄美大島の自然を観察しながら動物、植物、風景等を写真で広く&楽しく紹介しています、写真の無断使用禁止

重機の騒音、何のその:コウノトリJ0067の観察と滞在記録更新

2016-12-28 19:09:13 | コウノトリの観察と滞在記録@奄美大島

重機の騒音、何のその:コウノトリJ0067の観察と滞在記録更新

コウノトリJ0067は相変わらず、下流域の工事現場に出向いています。

元々の餌場が工事現場となり、又、ユンボが掻き出す土砂の中に、餌となる生き物が潜んでいるので、それが目当て。このようなコウノトリが工事現場で採餌する光景等、だれも想像つかなかったと思います。ただ言えることは、コウノトリ自ら接近する時は問題ありません、しかし、周りに何もなく、コウノトリが採餌中に、トラックやユンボが近づくと一応警戒モードに入ります。

ユンボの真似?

モクズガニを捕食、毎回、同じような場所でモクズガニがよく捕れるものだ。

 

 人気ブログランキングへ 

 

 

ジャンル:
科学
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サボテン:緋牡丹 | トップ | 奄美大島の帰化植物:ヒロハ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エナガ)
2016-12-28 22:14:09
この光景は私にも驚きです。
背景の重機メーカーにその昔勤務していました。まだ重機は開発、自然破壊の象徴の時代でした。本当の意味でパワーショベルとコウノトリが共存できる、そんな場面であればと。
>自然破壊の象徴の時代でした (管理人)
2016-12-29 07:03:52
写真を見ると、そのように見えますが、2010年の豪雨により被害が出たので、今後の対策の為、川幅を広げる工事が行われています。

ただ、あまり慣れすぎると、何か問題が起きないかヒヤヒヤ

コメントを投稿