MIRACLE NATURE@奄美大島の自然

奄美大島発ブログ、奄美大島の自然を観察しながら動物、植物、風景等を写真で広く&楽しく紹介しています、写真の無断使用禁止

道端でキノコ狩り:食べる気が失せたアンズタケ

2017-05-19 18:13:02 | キノコ カビ(菌類)

道端でキノコ狩り:食べる気が失せたアンズタケ

雨の後の林道を走るとキノコが出ている場合がある。いつものように林道を走っていると鮮やかなアンズタケが出ていた。過去、ブログに登場し、何度も食べたことがあるが、最近、新しく図鑑を購入し、解説文を見ると「微量であるが毒成分ノルカベラチン酸、アマトキシン類を含み、放射性金属セシウム137を特異的に蓄積することも明らかになったので利用は最小限にとどめる」と記載されていました。昔の図鑑にはこんなこと書いてないなぁ、図鑑は10年に一度は新しく購入すべきだ。新しい知見も記載されていることもある。

 人気ブログランキングへ 

ジャンル:
科学
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝ぼらけ:コウノトリJ0067の... | トップ | テングチョウ大発生 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エナガ)
2017-05-20 15:57:44
残念❗️美味しそうなのに。キノコは放射線取り込みやすいのね。チェルノブイリの事故以後、キノコ狩りはドイツでもできなくなったらしいし。
>残念❗️美味しそうなのに (管理人)
2017-05-20 18:47:26
食べましたよ!

食べた後に図鑑を見ると・・・後の祭り
今までおいしく食べていたのが、これからは、どうしよう。
今まで通り食べるか、それとも、食べるのをやめるか、迷うところ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。