goo

2017.07.01 桑の実のジャムに感動

神戸に住んでいた頃、近くのショッピングセンターに勤めていた女性と親しくなりました。
昨年、その彼女から電話があって、共通の友人と3人で15年振りぐらいで会いました。
永年生きていると、再会のスパンも長くなりますね。^^

そして、数日前電話があって「庭の桑の実が生ったので、よかったらジャム作る?私は
このジャムが大好きなんだけど。」とのことでした。
京都在住の彼女と梅田で会い、摘み立ての「桑の実」とそして「ぐみの実」を貰いました。

子供の頃、山道の桑の実を食べたかったけれど、口の中が真っ黒になるので男の子は食べて
いたけれど、女の子は食べるのを諦めたものです。懐かしい! 
それで、桑の実はとても甘いものだと想像していましたが、今回初めて生のまま食べてみて、
あまり甘くはないのだと知りました。 

 

帰宅して、さっそくチタン鍋でジャムを作りました。
桑の実の3分の1程のグラニュー糖を入れました。
すぐ、とても良い香りがして来ました。
柑橘類のマーマレードに比べて、このジャムはあっという間に出来ます。
味見をすると、抜群に美味しい。嬉しい!嬉しい!大好きな味です。
そのまま、チタン鍋で翌朝迄冷ましておきました。
 

  

    

翌朝、容器に移しました。
桑の実のジャムは、とろみが付き難くシャブシャブしています。
美しい! そして、美味しいのなんのって!
食べた時、これは身体が求めている味だと感じました。
こんなに美味しく感じると言うことは、そういうことだと。
ミネラルの固まりと言うか、ポリフェノールの固まりと言うか?
身体に嬉しい美味しさだと思いました。

彼女に伝えると、大変喜んでくれました。
桑の実を差上げて、こんなに喜んでくれた人は、私が初めてだそうです。 
他の人の反応は薄かったそうです。

それを言われると、私も嬉しいです。
私は「もの喜び」をする人になりたいと思っています。
そして人の好意を心から感謝出来る人になりたいと、いつも思っています。
ちょっと大げさな話になりました。 

 

翌朝の朝食です。
桑の実のジャムの美味しいこと!感動しました。

 

ぐみの実も、頂きました。
酸っぱい味でしたが、こちらも、懐かしかったです。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.06.27 ... 2017.07.05 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。