goo

2017.08.07 手作り塩鮭で美味しい鮭茶漬け

子供の頃、塩鮭が食卓にいつも登場していたからか、塩鮭が大好きです。
特に、カラリと焼けた皮の味と香りが大好物です。
私はいつも母の買い物に付いて行っていたのでよく覚えていますが、確か
一切れが20円だったと思います。 

そして、その一切れ20円の時代が相当長く続いていました。(何十年間も) 
その頃は塩鮭はご馳走でした。
日本中が貧しくて、特に引揚者の我が家は、ちりめんじゃこもご馳走でした。
特に、ちりめんじゃこを炒って漬け物と一緒に食べるのは、とても美味しい。
(元々父の好物で酒の肴にも好んでいました。)

その後、塩鮭がどんどん値上がりして、しかもまずくなり、身はどぶどぶし、
冷凍解凍を繰り返すからか、皮の裏が臭くて食べられないものが多くなりました。
(一切れずつ包まれている高価な塩鮭は、多分美味しいことでしょうが…。)

そんな私が、友人の女板前に、塩鮭を自分で作ることを教えて貰ってから、
魚屋で国産天然の生の鮭を見付けると、自分で塩鮭を作る様になりました。 
 

 

6月のこと、阪神百貨店西宮(エビスタ)で、天然の生の時鮭を見付けました。
時鮭は大好きです。値段は3切れで770円。ここの魚は質が良くて値段も安い。
これを網に並べ塩を振って、チタン鍋で受けて冷蔵庫で3~4日置くと塩鮭が出来ます。
え〜?たったこれだけで良いの?と思う程簡単です。
他の魚でも出来ます。以前「えてかれい」で作ったときも、最高でした。

但し、外国製の養殖の魚で作るのは、お勧め出来ません。
作る時は、「国産、天然、生」に限ります。
別の魚屋さんが、養殖でもカナダ産の鮭だから大丈夫と言うので、そうかなと思って
作りましたが、焼いているときから、嫌な臭いがしました。
良い塩鮭は、焼いているときから香りが素晴しいです。 
 

 

これを、鮭茶漬けにしました。
美味し〜い! 味も香りも抜群!  皮が香ばしくて美味しい。 大満足でした。

他は、冷や奴、焼き野菜(2日分かな)、納豆、みょうがの甘酢漬けです。

みょうがの甘酢漬けは、商品にならないみょうがの根元などの部分を1袋100円で
売っていたので、それを甘酢に漬けました。大ヒットです。
細かく刻んで、醤油に漬けておくのもお薦めらしい。次回はそれもやりたいです! ^^

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.07.31 ... 2017.08.15 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。