Mio's和太鼓&Yogaライフ

ここでは、神事と和太鼓&Yogaを通して健康を取り戻したMioが、日常生活の小さな気づきを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「パフォーマンス書道に魅了されました!!」

2011年02月19日 08時28分00秒 | Mio’s 過去ログ
2/16(水)中野ZEROで開催されたエステティックグランプリ決勝大会での「美力の競演」は、緊張感の高い大会オープニングアクトという括りの中にありながら、とても和やかに華やかに「共演」させて頂くことができました
おそらく、私の和太鼓演奏のなかでも稀なくらい楽しい舞台でした(*^。^*)






その理由は、自分でも分かってるんです
書道パフォーマンスで観衆を魅了した書道家「本田蒼風」先生とのコミュニケーションがとても円滑であったこと
蒼風先生はお若くてとてもチャーミングな女性でした!!
ポスターの印象よりも柔らかく素朴なイメージさえあり、そんなお人柄から湧き出る動きや書の肉筆には、男性っぽくも感じられるほどの力強さが漲っていました
華やかな大会が開催されている間中、「美力」と書かれた掛け軸は静かに舞台を見守るように掲げられ、その存在感はすごいものでした。



そして、楽屋でいろいろと談話しながら、蒼風先生に私の「名前の由来」を教えて頂きました。
「美保」の「美」は、羊からきていて、その昔神様の生贄として捧げられていた希有な動物からきていること、その羊の角が成長とともに大変美しく形を成していき、その形に変形や奇形が最も少ない動物だったので、神様のもとにささげられるようになったのだというお話でした。
そして、「保」はお母さんが赤ちゃんを抱っこして護る様子を象徴した文字なのだということでした。

まさに、私は「神主」業に携わり、今では和太鼓を通して何十人の子供たちを扱う教室を展開している状況を考えると、名前から導かれた道筋を生きている幸せな人生なのかも知れないと思いました。。。

こんなふうにもう、この2日間で一気に書の世界に魅了されたわけですよ 
私は文字を書くことは子供のころから好きですが、このような自分では絶対に出来ない技量の領域には圧巻されます。だからこそ、今回のような共演でその世界観に触れさせていただいた時に、ものすごい震撼するような感動が起こったのだと思います。もちろん、その書を描く人の「人間性」に魅了されたことがその感動をさらなる大きなものへと発展させて、楽しい気持ち良い演奏に導いてくれたものと思います
和太鼓やってて良かった!!

最後になりましたが,
蒼風先生、ご一緒させて頂いてありがとうございました♪
また、このようなご縁を下さったエステティックグランプリ実行委員会理事長の志田様を始め、関係者スタッフの皆様方に心より感謝申し上げます

≪おまけ舞台袖2ショット≫

   真由美ちゃん、アシスタント&裏打ちありがとう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「美力の競演」

2011年02月10日 20時29分00秒 | Mio’s 過去ログ
エステティックグランプリ決勝大会が2月16日(水)に「なかのZERO(東京)」で開催されます。

この大会のテーマは「美力」外見だけでなく内面からの美しさを引き出すホリスティックなエステ理念のもとに技術やサービスを競い合う大会のようです



そして、私はこの大会のオープニングアクトで和太鼓のソロ演奏を務めさせて頂くことになっています



オープニングアクトのサブタイトルは「二つの美力の競演」…とはいっても、私は女性書道家の先生のパフォーマンス書道に合わせて大太鼓を打ち鳴らすということで、どちらかというと「共演」させて頂くという感じデス

おもてなしの頂上決戦と言われる「エステティックグランプリ決勝大会」には全国からエントリーした300ものサロンから勝ち抜いた20サロンが日本一をかけて磨きぬいた技を披露、競い合うわけですから、「いつまでも綺麗でいたい」と願う女性の一人として私も興味深々で参加します
観覧チケット1300枚はもう既に完売したようですが、後日またブログにて大会の様子もアップしたいと思いますので、ぜひお楽しみに


コメント
この記事をはてなブックマークに追加