Mio's和太鼓&Yogaライフ

ここでは、神事と和太鼓&Yogaを通して健康を取り戻したMioが、日常生活の小さな気づきを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「節分祭」

2008年01月29日 14時27分00秒 | Mio’s 過去ログ
もうすぐ節分祭ですね。
節分とは、季節の分かれ目。立春の前日の節分には『鬼は外、福は内』って炒った豆をまきますよね。。。あれは豆を『炒る』と矢を『射る』にかけて、炒った豆で鬼をやっつけるという意味があるといわれています。そして、まいた豆は歳の数だけ食べて一年の健康や長生きを祈るのです。

私は、子供の頃この節分の豆が味気なくてキライだったのを良く覚えていますが
大切なのは、その豆を食べることではなくて!!
きっと豆を放り投げて自分の中にある鬼さえも追い出す(禊祓い)ということだったのですよね。。。
・・・と、いい大人になった今頃になってその意味を受け止め、その奥深さを感じています。


福岡市内の某デパート前でも『節分祭』アピール
でも七福神と鬼が仲良く一緒に写ってるのって?(笑)


神理教本院でも、2月3日は午後3時と8時に大教殿にて、今年の安全と開運を祈願する『節分祭』が執行されます。
特に厄年を迎えられる方は、この節分の日までにお祓い神事を受けられると良いので、お近くの方はぜひ足を運んでくださいね。
また、遠方の方も最寄の氏神様をお訪ねになる良い機会ですので、どうぞお出掛け下さい。

 打てばなる 打たねばならぬ 神つづみ       
 打たで音きく そのためしなし

 ~神鼓、それは拝むこと、祭ること、行うことである。神は平等に愛しておられるが、人の方が、神鼓を打ちおしんでいる。お陰は神に働き掛けることによって倍加してくる。~ 
              (神理たより 平成20年2月号より)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お寺ヨガ♪」

2008年01月22日 09時48分00秒 | Mio’s 過去ログ
私にとって「毎日元気でいられる」ための必須要素 ‘Yoga’
心と体の調和を取るのに最適!!と感じています。
現在ブームということもあるのか、Yogaにはたくさんの種類がありますが、私が特に自分に合っていると思って昨年から取り組んでいるのが‘Power Breathing Yoga ’呼吸法を取り入れたヨガです。
私は、このブリージングヨガとの出会いのおかげで、昨年一年間頚椎症に悩むことなく、体の何処にも大きな痛みを感じることなく大好きな和太鼓に向かうことができました!!
また、その他にも持久力や耐久力が強化されたように感じています。あと、アーサナ(ポーズ)に深い呼吸法をともなうので、ダイエット効果もかなり高いですョ

実は、このブリージングヨガ、普段は自宅やスポーツクラブでしていますが、月に1回だけ寺院で開催される「お寺ヨガ」でも行じることができるのでご紹介しますね!!
(お寺の所在地など、詳細は最後に記します)

 仏様に見守られて瞑想


それぞれが自分の呼吸に集中します。


お正月以降、神事続きで緊張感が高まっていた私も、この日仏様に見守られながら自分を振り返る時空間が大変ありがたく、すっかり禅の世界にひたり精神統一しました。
  
ここで、さらに特記すべきことがあるんです↓↓↓↓↓
ヨガの前には、ご住職さまのお説法がいただけるんですが、あらかじめ質問用紙に質問を書いて提出すると、もれなく回答して下さるんですよスゴイ!!
私は、自分が神職についていて皆さんの悩みに応えなければならない立場なのに、おもいっきり質問を書いて、日頃の疑問が解決できちゃいました(笑)


一人一人の質問に分かりやすく
応えてくださるご住職様。


。。。お寺ヨガの詳細。。。
開催日:毎月第3日曜日18:30~
場所:『實道院 一草庵』
直方市大字下境1787-1
(下境小学校横) (0949)22-3121
講師:今村喜代美先生
http://oterayoga.com/


興味のある方は、ぜひ足を運ばれてみてください。きっと何か新しい発見があると思いますよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「新年祈願祭で大忙し」

2008年01月11日 10時03分00秒 | Mio’s 過去ログ
今年は元旦から企業繁栄祈願祭の神事執行がスタートし、その後14日のどんど焼きまで新年祭・商売繁盛祈願祭・厄祓いなどの神事が続きます。


自教会での新年祭(お祓い)の様子

このような神事に際し教会長である私の役割といえば、やはり「祝詞奏上」にともなう「祝詞作り」です。事前に(年内に)皆さんの生年月日や職業・家族構成などから、その人それぞれに向けた言葉を選び綴っていきます。とはいっても、祝詞は現代語で綴るものではないので、本院の先生から頂いた祝詞作成の虎の巻や、伊勢神宮で購入した「神道用語の基礎知識(角川選書)」や「大祓詞の解釈と信仰(神社本庁著)などのテキストが大活躍するわけですが(笑)・・・めちゃ他力本願ですよネ
もっとしっかり勉強して、早く自分自身で言葉を綴れるようになりたいものです


営業繁栄祈願祭では、
社員自らが御札を取り替えます。



「ゼンリン運輸ネットワーク(株)」新設事務所の祈願祭にて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「謹賀新年」

2008年01月02日 13時43分00秒 | Mio’s 過去ログ
明けましておめでとうございます


私の新年は、「四方拝」という神事からスタートしました。
「四方拝」とは、毎年元旦に皇室にならって四方を拝し、国民の安全・繁栄を祈願する神事です。神理教では、大教殿にて管長様斎主により執行されます。
本年も、大変寒いなか信心深い多くの信徒さんのご参列を頂き、厳かな空気の中で神事は滞りなく執行されました。


四方に向かって斎主祝詞奏上の神事は一年に一度だけの特別な作法で執行されます。


また、神事の前には神理幼稚園児による「巫女舞」の奉納もあり、新年早々より緊張の場を和ませてくれていました。

一生懸命に舞を舞う児童の姿に
毎回新鮮な感動を覚えます。


四方拝式典の様子。
私は「祓具案徹」の後取を
させて頂きました。


さぁ、新年も清々しく四方拝からスタートさせていただき、私の心も一新しました!!
今年も、積極的に神事に取り組み、和太鼓を通して神理教教義の伝承活動を行っていくことに精進したいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加