Mio's和太鼓&Yogaライフ

ここでは、神事と和太鼓&Yogaを通して健康を取り戻したMioが、日常生活の小さな気づきを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2回定期演奏会 ~明星学園高校和太鼓部~

2007年03月31日 21時00分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
3月25日(日)東京の明星学園和太鼓部の定期演奏会に出演させていただきました。

今年で2回目になりますが、今年はまたさらにパワーアップした高校生の皆さんの演奏を見ることが出来て、とても刺激になりました。

それもそのはず

明星学園高校和太鼓部は、今年全国大会に初出場が決定したそうで、その勢いは最高峰に達している様子でした。

写真は、そんな元気いっぱいの高校生のリハーサルを見ながら、

『若いって素晴らしいね・・・』

『高校生のときってあんな感じだったっけ』

『忘れた・・・(笑)』

など、ちょっぴり『若さ羨ましいモード』で会話をしていた私・・・と篠笛奏者の森田珠代さん。

また、当日の本番では、普段見れないようなゲスト団体の演奏も盛りだくさんで、本当ににぎやかな定期演奏会でした。

私も、地元北九州でいつか神洲太鼓の子供達と、こんな素敵な演奏会を開催することができたらいいなぁ!!と希望に満ちた思いで、東京を後にしたのでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これがなくちゃ♪

2007年03月13日 21時00分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
写真は、Mioの会の練習後に久しぶりに夕食を食べに行って、禁断の?!デザートにありついた至福の瞬間で~す

真由美ちゃんも私もとてもスウィーツ大好き人間なんですが、神洲太鼓で二人しかいない女性の和太鼓演奏者が、体格良くなりすぎてはイカン!!と、普段は「厳格マネ-ジャ-」村上先生に牽制されている私達なのでした・・・。

でも、この日は二人で仕事後の夜2時間をみっちり練習し、あんまり疲れたのでついメニューの『春のイチゴフェア♪』に見入ってしまいました。そんな私達の様子を見て、『ミニパフェならいいんじゃない』と村上氏のお許しが出たってわけデス♪

これで、またしばらく頑張れまっす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪戦苦闘の日々

2007年03月09日 13時46分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
3月って、税金の申告や年度末の調整処理でとっても忙しいですよね

神社も何かと慌しく、毎日たくさんの書類を前に悪戦苦闘していますが・・・私が今本当に悪戦苦闘しているのは、

『大太鼓』 !!

・・・写真は、稽古の途中で疲れ果てているところに入室してきた村上先生が携帯カメラで撮った一枚。あまりに無様なのですが、これが今の私の姿。自分に戒めの写真です・・・。

覚えの悪い私は、できるだけ毎日小刻みに練習を繰り返していますが、なかなか思うように行かないのです。背中を痛めたり手首を痛めたりしながら、それを立て直すのにも一苦労だし、それでも大太鼓に向かいたい自分の意地もあるし・・・で、結構な張り詰めようです

でも、今月末は東京都の明星学園高校和太鼓部の定期演奏会に出演することが決まっているので、根をあげるわけにはいきません。。。。。。

今、こんなふうに悪戦苦闘して取り組んで初めて、様々な舞台で大太鼓に向かっている人たちの凄さを実感します。

どんなに強い精神力の持ち主なんだろうって思う。

本当にこれから、そういう人たちと同じ境地までたどり着くことができるだろうか。

・・・限りなく不安を抱えつつ、午後からも練習に励もうと思っている、懲りない私です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教会旗が出来ました♪

2007年03月02日 21時00分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
今日は小春日和の陽気のなか、3月度の月例祭を執行しました。 新年が明けてもう3ヶ月も経つなんて・・・早いものですね

さて、神洲太鼓教会では、今度お隣の宗像市に『神洲太鼓教会宗像布教所』が開所する予定になりました。福岡市近郊の信徒さん方からの強いご要望と、総代さん方の厚い支援のもと、3年前から少しずつ準備が進んできましたが、いよいよこの度神理教本院の認可を得て、文部科学庁の管轄下のもと、新規発足の運びとなったものです。

写真は、その宗像布教所に掲げる教会旗です。

通常の旗よりも大きいのでとても存在感と迫力があります。そして、その力強い肉厚な筆耕文字は、信徒さんの中におられる書道家の方から寄贈されたものを転記し、旗に仕立てた貴重なものなのです

まずは、当教会の本拠地である北九州市の神洲太鼓教会本殿で、宮司から毎日お祓いを受けているこの教会旗。・・・それはまるで入魂の作業をしているかのようです。

子供の頃から慣れ親しんだはずの教会の名称が、こんなにくっきりはっきりと目に飛び込んできたのは初めてのように思います。

そして、これは、自分の人生とともに一緒に歩く名称なのだと、強く実感している私でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加