Mio's和太鼓&Yogaライフ

ここでは、神事と和太鼓&Yogaを通して健康を取り戻したMioが、日常生活の小さな気づきを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大太鼓

2007年01月31日 20時00分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
1月26日~28日、今年最初の長野遠征でした。長野の冬はこれで3度目ですが、こんなに雪が無い光景は初めて・・・今年は例年にない『大暖冬』だそうで。寒がり、冷え性の私にはとても有難い状況でした♪

そんななか、いよいよ今年の私の課題『大太鼓』への取り組みが本格的にスタートしました!! 

写真はレッスン最終日の様子です。この日は東京の倉持くんと合同レッスンでした。・・・倉持くんはとても上手な人なので、私は大太鼓の面を通して聞こえてくる彼の音と響きを真正面から受け、圧巻されながら、何とか手動かすのがやっとという状態でした・・・

大太鼓の前に立つことに対しての不安は2年前よりも少なくなったものの、いざ打とうとすると、『左手の弱さ』が目立ち、『三ツ打ちのばらつき』をコントロールすることが出来ず、さらに『下半身が硬直』し、早いリズムになると『上半身のフォーム』が崩れる・・・。

あぁ、課題は山積みなのだ・・・。

でもお師匠様は、そんな私を見捨てず、どういう順番で練習をしていったらよいのかを丁寧に教えて下さいました!!

そうして長野からの帰り道、 私は個人レッスンでの不恰好な自分への羞恥心を捨てて、北九州に帰ったら地道に少しずつ教わったことを繰り返し練習しよう!と思いました。

さぁ、早速今日から頑張るぞぉ~!!うぉ~ん(あ、やっぱり私って男っぽいよね・・・)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンコが飼いたい!!

2007年01月22日 20時00分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
子供の頃からワンコが大好きで、実家には常に日本犬(雑種ですケド・・・)がいました。

でも、大人になって何やかんやと忙しくやっているとワンコを飼う余裕なくて、いつも写真のように妹宅のワンコと遊んでは一時安らぐといった繰り返し。

今年に入って、真剣に飼いたいなぁと考えていて、たまに近くのペットショップに行ってみるんだけど。。。高い(高価)。。。  それに、どんな種類の犬が扱いやすいんだろうとか、毛足が短い方が手入れが楽かなとか、もっと顔がりりしい方がいいかな、とか・・・迷ったら時間ばかり経っちゃって。

みんな、ワンコを飼っている人はどんなふうに見つけるんでしょうネ。妹は近くのペットショップに通いつめて出会った運命のワンコらしいんですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初午祭(はつうまさい)

2007年01月20日 20時00分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
神理教本院では、2月5日(月)午前11時から大元稲荷神社にて『初午祭』が執行されます。

大元稲荷神社は、商売繁盛・企業隆盛・五穀豊穣の神様として広く信仰されています。特に、神理教では、ご教祖様の父君経勝翁が伊勢神宮外宮の豊受宮より御遷座された由緒ある衣食住の守り神として奉祭しています。

どの土地にも、このような衣食住の守り神としてのお社があるはずなので、ぜひそれぞれのお社に足を運び、日々のご神徳に感謝の気持ちを持ってご参拝することによって、さらに新たなご霊威を戴かれてくださいね

写真は、神洲太鼓神社で今朝執行させていただいた『商売繁盛祈願祭』の祓え行事での一枚です。今月は、ホントによくお祓いの神事につかせていただいていて、心が引き締まりますデス!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一歩前へ進むこと ~ 商売繁盛祈願祭より ~

2007年01月14日 16時58分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
今月は、自分が神主であることと太鼓士であることを交互に認識させられるようなタイミングで、行事が目白押しです!!

主に企業の商売繁盛祈願祭や、選挙の必勝祈願祭など、年始ならではの大きな祭祀があり、私は教会長としてそのそれぞれの用途にあった祈念の祝詞を作成するのが大きな仕事です(とはいっても、実は全部自分で考えるなんてことはできないので、神主の大先輩の先生に見本を頂き、それを丁寧に自分流に書き下ろしていきます・・・)

写真は、博多の企業の商売繁盛祈願祭の様子です。

・・・実は、私、このときとても感動した瞬間を写真に撮りました。なぜかというと、この企業へは今年2年目の祭祀執行なのですが、初年度は社員の方の誰も、ご神殿のことや神具の扱いを知っていなかったんです。それが、今年は私方が何も言わなくてもこんなふうに古い御札を新しい御札に取り替えてくださっていたのです。しかも、まるで後取(しどり)の祭官のように、左右対照に綺麗に丁寧に手を差し伸べているさまに、思わず胸が熱くなる感じさえしました。

そしてもちろん、その後の祭典で「商売繁盛祈願祝詞」を奏上する声により一層の気合が入ったことはいうまでもないです!!

きっと、この会社は普段からこんなふうに一歩前へ進んでサービスを提供していくような発展的な事業展開を実践しているのだろうなぁ、と思いました。それと同時に、個人でもこんなふうに神様の喜ばれることを折り目節目でできる人になれたらいいんだろうなぁ、ということも再認識させられました。

今年は、新春から縁起がいいかも。こんなちょっとしたことだけど、何だか今までの過程が間違っていないんだよって神様に言われて励まされている気がしたので
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春イベントは子供たちと一緒に♪

2007年01月09日 20時00分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
1月8日、北九州市戸畑区の戸畑駅前にある『戸畑サティ』で新春の太鼓イベントがありました。6日は博多舞姫太鼓さん、7日は野和太鼓さん、そして8日は神洲太鼓と、3日間連続で太鼓の演奏が繰り広げられるという、本当に新春にぴったりの企画でした

神洲太鼓は子供から大人まで、およそ20人が参加させていただき、約1時間ずつを2回演奏しましたが、実はこの冬空の下、子供たちの体調管理が心配でたまりませんでした。また大人も女性は衣装が軽装なので、風邪を引かないように細心の注意を払うなど、この時期のイベント参加が初めての私は、意外に緊張していました・・・でも、当日、親御さんがみんなついて来てくださったことや、イベント会社の方々の環境配備への対策も万全だったこと、また天候に恵まれたことも重なり、その不安は一気に解消されました!!

写真は、『楓』という曲を演奏しているときの1枚です。緊張感伝わってきます・・・?!

演奏中は、寒いことなんてちっとも気にならないくらい気持ちよくて『今年も頑張ろう!!』って思いました。きっと参加した全員がそんな晴れやかな気持ちになれた一日だったと思います。

新春の打ち初めが、こんなふうに神洲太鼓として一致団結して参加できるイベントから始まるなんて、とっても嬉しい・・・

今年も、神洲太鼓は子供から大人までが楽しく太鼓に取り組める教室・舞台をどんどん取り組んでいきたいと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加