Mio's和太鼓&Yogaライフ

ここでは、神事と和太鼓&Yogaを通して健康を取り戻したMioが、日常生活の小さな気づきを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イギリス遠征のご報告Ⅰ ~ ワークショップ編 ~

2006年04月30日 17時34分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
4月13日~26日まで、わが師近藤克次先生に同行してイギリスのスコットランドに遠征に行ってきました。   

ところが!!・・・海外遠征に際して、事前に体調管理に努めていたにもかかわらず、着いてすぐに風邪をひいてしまい、声が出なくなるというトラブルを抱えてしまった私・・・。幸い、持参した薬と、スティ先「MUGENKYO(無限響)」の皆さんのご厚情のおかげで、何とか切り抜けることができましたが、本当に、自己管理の難しさを痛感したのでありました。

そんな中、イギリスのみならずドイツやアイルランドからの参加のあったワークショップでは、本当に受講者の方の太鼓に対する熱意に圧巻される、とても充実した内容となりました。私の想像を超えるほどにヨーロッパの方々は「日本が大好き」という印象を受けました。その中でも、克次先生のこれまでの30年間の太鼓道における歴史に対する彼らの関心は非常に高く、「基本を学ぶ」ということにとどまらず、「鼓童」「おんでこ座」を通しての「日本における太鼓の歴史」を知りたいという熱意から多数の質問が投げかけられました。そのひとつひとつに対して、自分の歴史を振り返りながら丁寧に、時には英語を交えてよりわかりやすく返答をされていた克次先生。そのお姿を見て、私は今年30周年を迎えられた克次先生のこれまでの偉業を再確認させていただいたのでした。 

そしてまた、今回のワークショップの主催者である「MUGENKYO(無限響)」がその後ろ盾としてイギリスで立派な太鼓道の基礎を築いて来られていることを知り、本当に心強く、また日本人としてありがたく、感謝の気持ちにたえませんでした。

こうして、日本とは一味も二味も違うワークショップは、いつまでも熱気冷め遣らぬまま、ヨーロッパでの太鼓伝道の未来さえも感じさせていたこと。これが今回のイギリス遠征において、私がまず一番初めにご報告したかった要素でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

~ いよいよ平成18年度のスタート!!~

2006年04月03日 13時17分00秒 | 神洲太鼓☆過去ログ☆
本日11時より、平成18年4月度の月例祭を執り行いました。

今日の北九州は、春らしい陽気で桜も満開、とても気持ちのよい日です

さぁ、神洲太鼓の新年度がスタートしました!!

今年度の神洲太鼓教会の目標は「飛躍と充実」。 教会の本殿および太鼓道場の神璽遷宮から5年経過した今、ようやく神洲太鼓教会は、神事も和太鼓もその活動が実りを見せ始めています。すべては、この5年間、教会を通してご縁のあった方々の心温まるご支援のおかげであると思い、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

境内の桜の木も、苗木からすくすくと育ち、この5年間で写真のように花を咲かせるまでに成長しました。今年度、私はこの桜のように、見る人の心を優しくするような、そんな音霊を自分自身から生み出したい!それは、神事のときの「祝詞」、さらに太鼓の演奏のときの「表現」で反映されるべきと思っています。この2つを今年度の自分自身のテーマにして、精一杯頑張りますので、みなさんどうぞ応援していてくださいね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加