友々素敵

人はなぜ生きるのか。それは生きているから。生きていることは素敵なことなのです。

若者といると気分まで若くなる

2017年06月30日 18時06分43秒 | Weblog

 10代の若者たちといると気分まで若くなっていく。私が高校の教師になったのは22歳の時だった。高1なら15歳、高3でも17歳だからわずか5歳しか違いがない。ところが留年制度があったので19歳の生徒もいた。私は背も高くないし顔も大人っぽくなかったから、生徒からすれば、ちょっと上のお兄ちゃんというところだっただろう。そのせいなのか、この時の高3のクラス会に今も呼ばれることが多い。

 大学生たちは18・19歳だが、私はあの時よりも50年も年老いている。初めのうちは私自身も緊張していたが、学生たちも「ヘンなジイさん」と思ったのか、それとも眼中になかったのか、そのうちワイワイとしゃべり始めた。「面白そうだね」と声をかけると、ひとりが「コイツ、ヘンなんですよ。AVばかり見てるんです」と隣の学生を指して言う。「そりゃー、年頃だもの。それともAV男優をめざしているのかな」と、私が言ったので大笑いになった。

 「それじゃーAV問題から、数学の文章問題にいくよ。文章問題で一番肝心なことは何?」とAV男優志望(?)の学生に質問する。分かっていることを羅列し、何と何が等しいのかを考えてみようと例題を見ながら解説する。2枠、休憩時間も入れて3時間、やっていけるかなの不安も吹っ飛び、よくしゃべった。嬉しかったのは授業が終わったのに、ひとり残った学生がいて、「これでいいでしょうか?」と答え合わせを求めてきた。

 大学生は男の子も女の子も短パンが多い。どこの大学にも美男子も美女子もいる。大学って「キャンパス」なんだと実感する。私が学生の時もこんな風に華やかだったのに気が付かなかったのかと振り返ってみるが、なかなか共通点が見つからない。そりゃ―そうか、50年余の月日が流れたのだから大学の有様も違って当然だ。

 電車に乗ると緊張が解けたのか、色の白い女性だなとか、左利きかとか、膝がきれいとか、ジロジロと観察出来た。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数学が出来ない私が数学を教える | トップ | 政治家は批判する報道が気に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL