友々素敵

人はなぜ生きるのか。それは生きているから。生きていることは素敵なことなのです。

アメリカ海軍の原子力空母艦隊、北上せず

2017年04月20日 18時53分09秒 | Weblog

 アメリカ海軍の原子力空母カール・ビンソンを中心とする空母打撃群は、実際には北上していなかった。トランプ大統領は北朝鮮の挑発行為を押さえるため、「無敵艦隊を派遣した」と語り、マクマスター大統領補佐官(国家安安全保障問題担当)も「北朝鮮の行為に細心の注意を払うために、艦隊を朝鮮半島へ向かわせた」と述べていた。私の記憶では海軍の広報担当もそのように説明していた。

 ところが、艦隊は北上せずにインド洋へと進んでいた。15日にはインドネシア近海を航行している写真を海軍が公表している。横須賀に停泊中の原子力空母も朝鮮半島へ向けて出港し、半島を東西から挟む戦術とまことしやかに報道されたが、実際はまだ横須賀に停泊している。その原子力空母の艦上でペンス副大統領は19日、「トランプ政権は敵対勢力に断固たる行動をとる」と演説し、北朝鮮への軍事攻撃もあると決意を示した。

 軍事と外交は最大の秘密事項だから、何が本当なのかは定かではない。わざわざ本当のことを漏らしたり、全く違うことを堂々と公表したり、駆け引きが行われる。もし仮に、トランプ政権内で「情報の混乱があった」なら、政権としてはとても危ういし、カール・ビンソン空母打撃群の司令官が戦争になるのを避けるために独自行動をとったことなら、軍と政権とに乖離があることになる。

 アメリカの大統領選挙の時、全く新しい時代に入ったと思った。トランプ氏は「新聞やテレビはウソばかり」とツイッターで情報を発信した。ヨーロッパでも既存のメディアに代わって、ツイッターが重宝されていると言われている。誰でも情報の発信源になることが出来るから、ウソの情報も面白がって一気に拡散していく。「しっかり確かめなくてはいけない」と評論家は言うが、実際には確かめようがない。だから自分で考えることだと思うけれど、多分、難しいだろう。

 名古屋市長選挙の投票日が近づいている。NHKテレビも東海枠でふたりの候補の政策をとりあげているし、新聞もふたりの主張を比べて掲載している。河村さんは議員報酬の削減と減税それに名古屋城の木造化や1千メートルのタワーの建設など、目立つことばかりだ。岩城さんは政党の応援を受けているので地味で迫力はない。新聞社の調査では河村さんが優勢のようだが、庶民の立場を強調する割には「殿様の政策」のように思えて仕方ない。これも情報操作なのだろうか。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇団・新感線『シレンとラギ』 | トップ | チューリップを眺めながら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL