友々素敵

人はなぜ生きるのか。それは生きているから。生きていることは素敵なことなのです。

おみくじ

2017年01月04日 18時06分37秒 | Weblog

 生まれて初めて『おみくじ』を引いた。第70番、末吉だった。「どうも周囲の人たちと波長が合わず苛立つ気分の日々が続く運気です。ここで積極的な動きに出ても、かえって後悔を残す結果を招くだけ。自我をできるだけ抑えて、周囲の動きに合わせることが必要です。当分は『事なかれ主義』を守り、身の周りの平和を大切にすれば活路が開けます」とあった。

 神様は私のことを本当によくご存じで、私が気になっていることをずばりと言い当て、どうすべきかも教示してくださった。私としては常に気配りしているつもりだったのに、時々、我田引水というか、唯我独尊というか、思わず知らず自分の考えを押し付けてしまっているようだ。長女が私を指して、「あの人は確信犯だから、言っても無駄」とダンナと言い合っている。

 傍若無人であったり、自己中心であったり、そんなことのないように心配りしているつもりだったが、『おみくじ』を通して神様は諫めてくださった。昨日は、我が家に私の親族が集まって新年会だった。最初のご挨拶はするけれど、あとはしゃしゃり出ず、できるだけ皆さんに気持ちよく過ごしてもらうように努めた。この宴会で一番しゃべるのは私の妹のダンナで、昨日も彼が一番座を盛り上げてくれた。

 彼からすれば、私は恵まれた家庭で育ちながら身勝手な生き方をしてカミさんに厄介になっている男に見えるようで、「カミさんに感謝してるの?」と言う。姉の娘が「あんたも感謝しなきゃ―」とチャチャを入れると、「私はズ~と感謝しとる」と言い、夫婦の存在や相手への接し方が話題になった。求め過ぎれば負担になるし、求めなければ疎遠になる。その微妙さは夫婦にしか計れない。

 元日から穏やかで温かな日が続いている。友だちから、「ブログが更新されていないからどうしたのかなと思っていた」と言われた。元日に年賀状を載せた時に、「2日と3日は休みます」と書かなかったためだ。また、「年賀状を頂いたけど、何も書いてなかった」と書いた年賀状が届いた。ひとり一人書いたつもりだったのに、ボケてる。そんな間抜けですが、今年もよろしくお付き合いください。コメント、お待ちしています。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明けましておめでとうございます | トップ | ゴッホとゴーギャン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL