★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★

TB専用ブログです。本宅にてアニメ・ドラマレビュー中心に、声優話・舞台鑑賞レポ等をUPしております。管理人@なぎさ美緒

大河ドラマ「八重の桜」 第39話 あらすじ感想「私たちの子供」

2013-09-29 21:40:14 | 大河ドラマ

同支社女学校設立-------!!




新たな夢の出発。


女子を対象にした学問の場を!!



でも、やってきたのは、昔の八重のような元気な女子生徒ばかり。
さすがに手を焼く八重たち。

早速今日も生徒たちがもめごとを起こしたようで、みねが八重を呼びに家に駆け付けてきたのだ。



先頭に立っていたのは、徳富の姉・初子と伊勢みや子。


彼女らは、レディになるためではなく、学ぶためにここへ来たと宣言。






続きを読む








第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

第13話 第14話 第15話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話

第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話

第36話 第37話 第38話

『ドラマ』 ジャンルのランキング
トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ「進撃の巨人」第25... | トップ | ◆◆2013年秋(10月~1... »

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「八重の桜」 第39話 あらす... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
同支社女学校設立-------!!新たな夢の出発。女子を対象にした学問の場を!!でも、やってきたのは、昔の八重のような元気な女子生徒ばかり。さすがに手を焼く八重たち。早速今日も...
八重の桜~第三十九話「私たちの子ども」 (事務職員へのこの1冊)
第三十八話「西南戦争」はこちら。 前回の視聴率は大はずれで11.9%と急降下。そ
【八重の桜】第39回 「私たちの子ども」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、同志社女学校が誕生した。 喜びもつかの間、薩摩出身の女学生リツ(大後寿々花)が結核にかかる。 八重は献身的に看病にあたるが、リツは八重の看護を頑なに拒む。 リツは、父を会津戦争で亡くしていたのだ...
八重の桜 第39回 私たちの子ども (レベル999のgoo部屋)
『私たちの子ども』 内容 ついに八重(綾瀬はるか)の夢である同志社女学校が誕生した。 だが、度々、騒ぎが起き、八重は苦戦していた。 外国との風習の違いだけでなく、 学問を学びにやって来たのに。。。と 徳富初子(荒井萌)伊勢みや子(坂田梨香子)を中心に、 八重...
『八重の桜』第39回 (悠雅的生活)
私たちの子ども
大河ドラマ「八重の桜」信念の人39許されなくても生きねばならぬ!八重の言葉にリツは心情を理解し同志社の教えから八重の気持ちを... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第39話は八重と襄は念願の女子教育の場となる同志社女学校が誕生したものの土地がなく運営が思うようにいかない日々が続いた。しかもその中に薩摩出身の ...
八重の桜 第39回「私たちの子ども」 (ともさんのふむふむ大辞典)
今回は、非常に重い話から始まります。それは薩摩出身のリツという女学生の父親が戊辰戦争の折、先生である八重に撃たれてなくなったというもの。この事実を薄々と感じていた八重でしたが、学生の言葉で顕在化し、かつ元々会津出身者である自体でいい印象を持っていなかっ...
〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第39回「私たちの子ども」 このあと「山本時栄の不祥事」をどう描く? (しっとう?岩田亜矢那)
すっかりホームドラマ化した「八重の桜」 今日の放送ではあれだけ殊勝な事を言っていた 山本覚馬の後妻、谷村美月演じる山本時栄の不祥事を如何に描くか。 前にこのブログでも以前書いたけど、 時栄が山本覚馬以外の相手、 つまり不倫の末の子供を身籠ったという事件で....
八重の桜 第39回「私たちの子ども」~罪のなか人間なんち、おっとごわすかい (平成エンタメ研究所)
 人間というのは簡単に理解し合えないもの。  冒頭のスタークウェザー先生と女生徒たちがそうだ。  一方は淑女になるためのマナーを教えたいと思い、一方は男性並みに学問をしたいと考えている。  お互い生きてきた文化や風習も違う。  八重(綾瀬はるか)と薩摩の....
八重の桜 第39回 「私たちの子ども」 (青いblog)
八重に身内を殺された薩摩の女生徒リツが八重を責める。 八重はその批判を真っ向から受け、 元気にならないと仕返しもできないぞと病弱な彼女の看護をし、 その優しさに触れたリツは、 次第に心を開き、 生徒達の間にも温和な空気が流れるの...
八重の桜 第39回「私たちの子ども」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・
大河ドラマ「八重の桜」 #39 私たちの子ども (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
明治の世が進んできています。 士族の世は終りを告げました。 一方、同志社女学校では、揉め事の連続のようで・・・。