民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.3716 イラッ!

2017-03-31 20:16:16 | 男の手料理
木の芽立ちと言う季節・・仙人・・イラッ!とする事が多い。
コレは若い頃からであり標準的な精神の持ち主であると思っている

そんな意味で桜の季節は・・なぁ~んでか落ち着かない。
その昔・・桜を見る余裕も無く働いてきたトラウマに依るかも知れない。
山も既にウグイスの声・・と聞けば尚更である。
桜の開花情報頻繁なこの頃、この地では未だ気配が無い。



桜鯛も季語の一つだろう・・マーケットにもチラホラ・・大きすぎて買わなかった。
代わりにレンコダイ・・鯛は鯛でもと言う奴だが、スコブル美味しく炊けた。
煮魚に牛蒡・・定石ではあるが誠に良い出会いである。

牛蒡ついでに

香りの良い・・ナンボデモタベレル・・キンピラ・・となった・・☆☆☆を添えて頂きました



春の高校野球決勝戦が雨の為に明日に順延・・熊本代表の秀岳館は残念乍らベスト4に終わった。
50有余年経っても懐かしい故郷である事を再認識する機会である。
今年の帰省も、少し早いが旅支度やコース取りなど少しずつ現実味を帯びて来た。
明日から4月・・月日の過ぎるのが早すぎる。

今時まさかエイプリルフールで遊ぶ人も居まい。
流行は書いて字のごとく流れて行くもの・・
意味も無くそんな事に思い耽る雨の夜である。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3715 例によって・・・

2017-03-30 22:21:00 | 男の手料理
例によって・・今日は昼夜共にお稽古の日。
朝シャンして・・お昼のお稽古はS女史宅で・・
裏庭の通路に大きな枝なりの木蓮が花咲いて居った。
聞けば過ぐる師走に枝打したモノを水に浸けていた・・とか。
咲くもんやねぇ~と感心ひとしきり。
我が家のアオキの小枝も根が出たモンね・・生命力に只管オドロク。


塩ラーメンと言うのがお気に入り。
味の為の粉末ソースと切りごまが入っただけの・・3分煮るヤツ
二度目のチャレンジだが今日は中くらいのフライパンで・・。
鍋の深さでやりにくい事がフライパンだと簡単に美しく出来る。

指定量のお湯を・・湧いたら麺とソースを投入・・途中でネギと玉子・・良かれと思った時に火を止める。
コレはご予約様用だから玉子が煮えている
ンでからお稽古に行ったと言う時系列。

夕方のお稽古の前に「お腹空かない?」・・と言うに「今んとこ」
と言うので、大通りに有った「あほや」と言う店でタコ焼きを買った。

8個ずつ・・店の駐車場で・・これが今夜のディナーとなった
UPしている今・・お腹が空いてきたが、此処が我慢の為所と・・我慢している仙人でR
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3714 歯医者さんへ

2017-03-29 18:47:47 | 男の手料理
思い立って阪大歯学部へ・・歯を触るのは可成り久し振りだ。
永い間友人クラスのAくんの歯科医院に通ったが、老境ともなるとやり取りが煩わしい事がある。
いっそ大学病院へ・・と言うのが結論だ。

行ってみると、個人病院とは比較にならないシステムと設備(当然の事)。
インターンが多いとか他人はいろいろ言うけれど、それは夫々の思いで良い。
9時半にトウチャコ。

受付からカルテの出来上がりまで小一時間。
予診から本診へ・・レントゲン行って・・戻って・・ギ歯専科へ行って・・戻って。
予約を2件・・清算して・・支払って・・ほぼ3時間半。
覚悟して行ったので何の問題も無い。

予約がね・・遠いんです・・大勢だからね。
1件は4月26日・・2件目は5月17日。
当面の手当はブリッジの半分を切り取って宙ぶらりん。
詳しく書いてもしょうがないので割愛・・ブリッジの片方の支え歯が使えるかどうかと言う事。
初めての夕食・・鶏肉も小さく切ったが・・何だか喰った気がしない
この状態がひと月続くと言う事に成る。



誰が食べるねん!・・と言うほどのサラダ。
二人でペロリ。
久し振りに塩とオリーブオイルで食べて見た・・が・・矢張りサラダはスッピンに限る・・と改めて思った

今夜は冷蔵庫のお掃除・・鶏肉少しと鍋用のカニ団子1パック。
油を張る程の事も無いので、フライパンから揚げ。
片栗粉使用のから揚げ子だったらしく、思った以上にカリッと揚がった。
これが今夜のディナーでアリマシタ。

余談だが、この所はロカボ食品の新製品が目白押しの模様。
仙人にとって少しは暮らしやすい環境になって行くのか
ただ、麺もご飯も「こんにゃく頼み」言う気配は或る。
ともあれ今夜コレで終われば(終われれば)仙人的ロカボは大成功でR



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3713 初竹の子

2017-03-28 21:45:45 | 男の手料理
初物を食べたら何日長生きするんだっけ?
旬の初物と言えば蕗の薹に続いて竹の子・・否!竹の孫
誠にカワユイものであったので思案した。
結局は酢味噌と言う事にした。

竹の孫だけでは奥歯に挟まりそうで昨夜の残りの薄切りこんにゃくと白菜の薹。
ゴリゴリとトテモオイシュウゴザイマシタ。
出端(竹の孫)はゴリゴリ・・大きくなってふくよかな竹の子にナルノデス
おちょぼ口でとても美味しく頂きました



さてこれだけでは夕食にタリマセン。
写真の色悪いなぁ~・・まぎれもない瑞々しい生のレタスです。

ンで今夜の男の手料理は「レタス包み」。
豚肉・・鶏肉・・牛肉・・竹輪・・が・・ナマグサもの・・夫々に少量。
茄子・・ジャガイモ・・えんどう豆・・トウモロコシ・・蒟蒻・・人参・・椎茸・・が・・野菜。
塩・・胡椒・・なんちゃらジャン・・実山椒・・オイスターソース・・が・・調味料。

レタス包みとは言いながらそうも行かない。
適当に切ったレタスに乗せてガブリ!・・結果ですか?・・ご予約さんには大好評を得ました

可成り雨が降ったんやね・・2時頃買い物に出ようとしたら・・
カンカン照りなのに雨の降った痕跡。
夕方にまた降り出した・・春とは言え何とも不安定なお天気である。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3712 男泣き

2017-03-27 19:31:00 | 男の手料理
やったねぇ~!稀勢の里。
昨日から今日にかけてはその話で持ち切りだが、なんぼでもキイテラレル

本割に続く決勝戦・・本割りで勝った時に驚いたし「もうこれで充分」と思った。
案に相違して誰もが驚いた決勝戦勝利。
心からご苦労様と言いたい。
ハイ!・・シッカリもらい泣きいたしました

「竹の子掘りにイコカ?」・・義兄からの電話。
「もう?」
大きな袋を持って出かけたが・・無かった。
「もうひと月やな」・・で、帰って来た。
大きい方で15㎝・・皮を剥いたらだろう。
それでも米のとぎ汁を作って茹でた。
賞味は明日の事となる。
味噌汁の具くらいにはなるやろう・・と言って貰った。

竹の子と言うより・・「竹の孫やね」


白菜の薹だと言って貰った菜の花。
酢味噌で頂いたら結構美味しかった。
分葱のグルグルとスペシャルはこんにゃくの超薄切り・・しっかり茹でる。
手塩皿に取ってから酢味噌を乗せる・・中々の食味でした
研ぎ汁を作った米は白粥になった。

今日は暖かかった・・もうボチボチね。
明日も何をするではないが、ボチボチ歯医者にもイカナクチャ
その一歩が中々踏み出せないキョウコノゴロでR。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3711 オイヒ!

2017-03-26 19:45:34 | 駅前暮らし
もどき料理は仙人の得意とするところ。
レシピはおろかセオリーと言うモノさえ仙人料理には無関係である。
であるが・・出来た料理はヒジョーニ美味しい(自画自賛+ご予約様の評価)

ジャガイモが食べたいな・・で・・
ジャガイモを茹でて・・小さく切ってソテー。
分厚いハム・・焼き肉用の肉も1☓2㎝ほどに切ってソテー。
フランスパンもこんがり焼いて同サイズに切って・・器の下に敷く。
お野菜的にはブロッコリー・・。

塩胡椒だけではお愛想が無いのでケチャップとマヨネーズで軽いソースを作る。
適当に回しかけて・・モッツアレッラチーズをタップリ。
オーブンに掛けて見たが、矢張りトースターの方が埒が早い。
その美味しさたるや!・・・であった
取り敢えず本邦はおろか世界初の料理の筈である
それこそが男の手料理の特権なんだよナ

「コレはワインやな!」
「白より赤やな!」・・・で・・・とてもオイヒュウございました。
例によって仙人はハバネロをパッパッパッ!・・美味しさが倍加する。

夕方になって・・雨なんや!?
部屋でマッタリしていると外のお天気も分からない。
冬から始まってこれから春・・季節の感覚が全く初めての経験ばかり。
一年を掛けて体験する事になるが、夏の大変さが恐ろしい。
遮光・断熱も時間と共に対策を練る事とイタシマショウ。

何はともあれ平和で静かな一日が間もなく終わろうとしてイマス。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3710  茶粥

2017-03-25 21:30:00 | 男の手料理
チョットだけロカボに対して不誠実を反省・・最低限の「茶粥」を久しぶりに
米を一合ばかりも洗って・・タップリの水に・・ティーバッグにほうじ茶を詰め込んで。
少量の塩・・煮上がると・・アクが出る・・何度も何度も取る・・差し水をする。
サラリとした茶粥になるには1時間以上は掛かる。
一旦冷まして・・次に温めると本当の味になる


茶粥に出会いはお漬物・・今夜は「うめぼしオカカ」・・あの美味し梅干で。
小皿は一寸五分ばかりの豆皿
滅多に使わない程の小皿である。



それはそれとして・・前菜は焼き鳥風ナンチャラ・・タレに酒が多すぎちょっとジューシイーになった
焼き鳥と煮鶏の違いはタイミング。
強火でサッと焼いて、醤油に砂糖を溶かしてジャオン!
今夜は葱が多かったので酒を足した・・結果ですか?・・チョビミ=超美味・・でアリマシタ

ンで・・

鯵の丸干し・・とてもオイヒウございました。
いつも乍らな夕餉でアリマシタ・・とさ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3709 ひともじグルグル

2017-03-24 22:09:00 | 男の手料理
ひともじ=分葱=ワケギ・・。
その、ひともじのグルグルを初めて作って見た。
ノビルと違ってこれならマーケットに有るので誰でも造れるわけだ
分葱の先っぽを切って・・軽く茹でて・・葉の中のにゅるにゅるを絞り出す。
これを刻んで烏賊と一緒に和えれば「分葱のヌタ」となる訳でR。

世の中の亭主諸君!・・ヌタが美味いの不味いのと言うなかれ!・・
奥様の大変な手間が掛かっているのデスゾ!
そう言った意味でも「男の手料理」は大きな意味がアルノデス
「男の手料理」の薀蓄は後の事とするとして・・・



分葱の酢味噌と出会いの烏賊・・アリマシタ。
寸切りにしたらマゼマゼするところだが・・この際は・・
グルグルと烏賊の湯引きを手塩皿に取って酢味噌を乗せる。
寸切りより歯ごたえも良く・・一風一流の味がする。
コレは正しく「料理」である・・と思ったね

後はブロッコリーの「茹でたん」と、キャベツてんこ盛りの焼きそば・・
これが今夜のメニューでアリマシタ。
ロカボにならんジャン!・・ってか?
仙人はおおかたキャベツを啄んで凌ぎました

田舎の大切な友達(81歳)が人工透析を余儀なくされている。
電話があった・・「月水金は透析」と言う。
「今日はどうしたん?」
「寂しかったけん」と・・・切ない・・・4月の帰省時に会おうと約束は出来ている。
現状、仙人はまだ「大丈夫」な方に属している。
明日もまた一日が平和で楽しくて幸せを感じられればこの上ないと・・思う夜更けである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3708 ひともじ

2017-03-23 21:57:01 | 男の手料理
熊本名物?・・郷土料理?「ひともじのグルグル」。
幼い頃に食べた様なそうでもないような・・記憶は朧である。

所謂ひともじ=わけぎ=分葱。
今日、料った訳では無い・・先日頂いて・・野蒜におされ・・蕗の薹に越され・・
明日には味わってみたいと思うが、この季節烏賊が・・無い!。
ホタルイカ・・ホタテ・・と言うのも合いそうな気がする。
ともあれ、今日もオイソガの一日・・UPが遅くなったりネタが無かったり
明日はキッチリとイタシマショウ。

お弟子たちに蕗の薹を配った・・喜んだ・・それは良かった!と思った
採りに行けばまだあるが・・腰が痛いやらで・・躊躇している。
こんなにふんだんに手に入る場所は他にない。
殆んど「仙人御用畑」状態である。
Nさんに感謝・・もうすぐ新玉さんに感謝・・ワラビさんに感謝・・淡竹さんに感謝と季節が巡る。

季節が巡るのは良いが・・果たして・・あと何回美味しい巡りを享受出来るのだろうか・・
数が読めるほどに余生は短い。
せめて明日も良い日でありますように・・天の神様仏さま!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3707 良い天気!

2017-03-22 21:41:41 | 男の手料理
昨日に打って変ってとても良い天気。
思惑通りに「蕗の薹狩り」に出かけた。
「Nさんは食べないんですか?」・・「ここらの人は食べマヘンな!」
と言う訳で遠慮なく頂いた
早くから催促していたので、大きくなり過ぎずにいい塩梅であった。

緩やかな斜面に有るわ有るわ
花が咲いたのも黒くなったのも皆無・・
つま先立ちで採るのは些か疲れる・・十分な収穫を得て終わりにした。
天麩羅以外の調理を知らない仙人・・今日も堪能した




昨夜はビンズワならぬビンフグ
ビンフグと言うまでも無く、天然トラフグなどと言うモノはそこらに・・無い!。
ソコソコの値段でテッサ用の棒身もちゃんと付いて居った。
包丁を研いで・・フムフムな出来栄え。
皮の湯通しは中々の自信あり・・茹ですぎると溶けてしまうから大変なんです。

その昔、下関に居た旧友の所で「もう呑み込めない!」と言うほど天トラを頂いた事がある。
それも何回も何回も
さてその下関・・今回の帰省では下関に一泊と言う計画を立てた。
「適当なホテルを世話してよ」・・「うちに止まれば良いが」・・って。
どうなるかはもう少し先だがひそかな期待は・・有る!

河豚の店も開き・・世間の辛酸も舐め・・現役を退いたが・・一流の河豚料理人である。
数年前、夫婦で関西旅行に来た時にはシッカリ面倒を見た。
帰省もコレで最後・・と思った前回に次いで今回もそう思わないでもない。
数年後に「コレで最後」と言える日が来ればそれは又嬉しい事である。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3706 グルグル!

2017-03-21 21:35:35 | 駅前暮らし
先日到来のノビル。

*****
ユリ科の多年草。山野に生え、高さ約60センチ。全体にニラのようなにおいがする。
球形の鱗茎 (りんけい) から管状の葉を出し、
夏、花茎の先に白紫色の花やその変化したむかごがつく。
鱗茎や若葉を食用にする。ぬびる。ねびる。ひる。《季 春 花=夏》
「引抜けば土塊 (つちくれ) 躍る野蒜かな/みどり女」
*****

皮一枚を剥いて・・綺麗にお掃除・・根っこを30秒~1分程度先に茹でて
あと・・全体を・・。
一寸ばかりを折り返してグルグル!。
好みに酢味噌を作ってパク!・・ンめ!
この地ではあまり見かけないと言うか・・あっても他所の畔を掘り返すわけにもいかん。
そこで、田舎に電話してしばしば送って貰う。

仙人は茹でてグルグルだが、生のまま酢味噌でパリポリとかじるのも美味しいそうだ。
前に試したが、可成りピリピリと来る
通の味とでも言うのだろう
蕗の薹などと同じく早春の風物である。

蕗の薹・・お山のNさんに電話したところ「ボチボチ出マッセ!」
ところが今日は生憎の雨であった。



雨と言えば・・・

夜、外に出て見ると・・中々の景色・・フラットは二階の天井=三階のフロアー。
写真で見るより都会な景色にしばし・・・

明日がお天気なら蕗の薹を採りに行きましょうかね



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3705 朝峰会

2017-03-20 20:48:01 | 民謡夜話
久し振りと言うか、今年初の梅若会傘下の記念大会。
時間的には余裕が有ったので割とラクチン。
ラクチンは良いが・・祝辞を述べ・・一曲を唄う間の永い事・・。
忙しく立ち働いている方が幾らか楽である・・と言うのが本音。
何とか声も出て先ずは無事終了。
何とか声が・・と言うのは、声帯に問題が起きて以来往年の美声?はもう売り切れ

とても立派なホールで感動した。
もっと多くの観客が入ったら良いが・・いまどきは集客が一番の問題だ。

羽曳野・・片道50分と言うところか・・山から出かける事に比べれば随分早い。
何につけても便利さは格別。
4時半には帰宅した。






夕食は当然メンドクサなので、今夜は遠慮なくの外食。
焼肉屋に予約して行ったら、次々の予約電話で「アッチ行けコッチ移れ」で、嫌になって食べずに帰った。
次の中華屋はお休み・・結果・・いつものラーメン屋で手打ち。
「巻きましょか?」と言う訳で特別に巻いて呉れた・・嬉しかった。

ここの小エビの天麩羅・・が、ヒジョウニ美味しい・・写真忘れで
その後二人でラーメン一杯・・で・・ゴッツァン!。
ロカボは気になる所だが・・時間が早かったので「やや良し」としよう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3704 オダマキ風?

2017-03-19 21:30:30 | 男の手料理
これがやりたくて買った中丼(中井ではアリマセン)。
たっぷりのお出汁に玉子を割り込んでジャオ~~~ン!。
乾うどん麺を茹でようと思ったら一把しかない・・タイミングをずらして素麺を投入。

お出汁は兎も角誠に簡単な「カンタンクッキング!」。
ネタは下茹でした海老・・シメジ・・竹輪程度。
豪華なネタはお好きにどうぞ
様子を見ながらチンする事8分・・玉子が綺麗に固まると完成。

最初はカシワだのなんだのと思っていたがメンドクサ病が出て・・
お出汁がしっかりしているので十分満足な味でアリマシタ
コレの夏バージョンも有りかなと思った。
刻みネギや三つ葉も有りやね
但し味付けは塩のみ。



我が妻はこの所ガムがお気に入り。
永く噛めないと言うかすぐ次に移る。
「すっすっす!」・・が良いらしい。
「すっすっす!」は肥後弁ですうすうする・・
何ほどモノでもないので爆買い?・・さてこれがいつまでもつのか。

モノを噛むのは良い事らしい。
歯の為にも脳の為にも・・影響芳しいかどうかは・・今のところ分からない




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3703 のびる

2017-03-18 22:18:18 | 駅前暮らし
田舎の後輩に「のびるを送って」・・と電話。
待つ間ほどなく今日届いた。
小さな段ボールで届いたが・・開けて見ると可成りの量。
半分を裾分けにした。

この地で見るノビルとはけた違いに大きい・・まるでラッキョウの様である・。
酒の通は生のまま酢味噌でガリッ!と行くらしいが、仙人的にはまだ試していない。


実は昨日のうちに分葱を頂いて「一文字のグルグル」にしようと思っていた。
その矢先であった。
今夜は昨日貰った蕗の薹の天麩羅・・分葱は先送りとなった。
肥後ノ国では分葱の事を一文字と言う。
このノビルがグルグル酢味噌の大定番大基本である。


どれがどれだか見分けにくいが、8時の方角に蕗の薹・・10時の方角にノビルの根っこ。
2時の方角に冷凍淡竹の炊いたん・・後は椎茸・・茄子・・鱈の上身・・などであった。
酢と片栗粉が力を発揮してサックリと美味しい天麩羅とナリマシタ。

何でもない様だがこのノビルの掃除?には随分時間が掛かった。
手間をかけ暇を掛けてこそ美味しい料理は生まれるノデアル!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3702 今更?

2017-03-17 19:31:00 | 駅前暮らし
断捨離が過ぎて・・中丼サイズが・・無い!
大丼は必要とも思わないが・・深い鉢が欲しかったので・・
箕面のダブルデイと言うお店で探した。
丸型と思って出かけたが、オモシロゲな四角い鉢が有った。
「チン!」するのに並べ易いか?・・も・・知れない。
(最初に探しに行った千中セルシーの雑貨店はクローズになって居った・・時代の惨禍か)

蕎麦やうどんを鉢で食べる気はないが、オダマキ(うどんを沈めた茶碗蒸し様)などに
対応したかったからである。
ンで・・・
ヒマツブシちゃうヒツマブシに使ってみた。
意外や意外・・と言うか・・なかなか面白かった
サイズが誠に申し分無い。

写真の鉢が汚れているのは、例によってひとくちパクついてから気付いたからでR



きのう久し振りに懐かしい絵を見た。
随分前に買い上げて頂いたものだ。
描いたのは油絵初期・・パナマ帽の質感・・リボン・・貝・・レース・・一見無駄な空間。
評価は兎も角、未熟乍ら素直に楽しんでいた事が思い出される。
市美展では作者の名前の事もあり女性の絵だと思われていた様だ

一番大切・・と思っていた絵も誰かに上げた。
意識がある間はともに居たいと思う小さな絵は狭い居間に掛かっている。
もっと進めなければならん諸々の断捨離も、中身が濃いモノ程にスピードは落ちる。

今日も寒かった・・ラコステのハンチングが快適だった





コメント
この記事をはてなブックマークに追加