民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.3749 友有り・・近所より・・^-^;

2017-05-03 23:15:00 | 男の手料理
槇の新芽に感動して居ったら、ユキノシタが心細くも可憐に咲いて呉れた
心細くとも良いので・・取り敢えずは嬉しい。
水を切らさぬように・・と心がけるが・・もう一人の家人もせっせと・・
「あまりやり過ぎたらアカンよ」・・ま、この日照りだから良いか

鈴蘭もヤットコ花を咲かせる・・ってか・・花開くのはもう間もなく。
色々いっしょに植えこんだ見たいで、雑草も・・その雑草一本もいとおしくて引けない。

ンで・・これがか細いムクゲ・・流石に今年は花を持ちそうにない・・夏まで様子を見て切り詰める事にイタシマショウ
右はヒイラギナンテン。




平目の酢〆・・一日置き過ぎたが絶妙の塩梅・・ンめ~よ
この所は刺身で喰うより〆の方が美味しいと思う・・何でだろう何でだろう~~

竹の子は思惑以上の良いモノが用意されていた。
つくづく有難いと・・感謝しつ頂いた。
もう最後かと半ば諦めかけては居たが幸運であった。
彼の家には11頃に行ったが、とっかえひっかえお客さんが・・軽四の婦人は神戸ナンバーだった。
キットお友達なのだろう・・彼の長男がアッと言う間に5~6本も持たせて居った

相も変らぬが、チリメンジャコで味噌キンピラ・・ワケワカラン話だが味噌煮では無く「味噌キンピラ」ナノダ。
コレが又至って好評・・オリーブオイルと味噌の出会いが素晴らしい・・と・・自賛。

客人の事もあり〆はスパゲティー・・・ンで・・・

「ツミホロサラダ=罪滅ぼしのサラダ」・・偶々彼の家で出合わしたお百姓さんに頂いたレタスと。
そのお百姓さん・・顔見知りではあったが話した事は一度も無かった。
これからは余分な手土産も持って行かねば・・と思った

そんな連休後半の一日でアリマシタ。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Day.3748 初夏の兆し | トップ | Day.3750 端午の・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

男の手料理」カテゴリの最新記事