民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.3819 交々

2017-07-12 23:32:21 | 男の手料理
もうふた昔も前、携帯電話が流行り出した頃、面白い歌が・・・。
検索って見ると「携帯電話の歌」は何曲かある。
内容は大抵似通っているが夫々に中々面白い。
歌詞のコピーが取れないのは・・シカタガナイ。

ともだちの少ない仙人(知り合いが少ないと言うのではアリマセン)何か身につまされる。
そんな訳で意図して暫くこっちからの通信を止めている。
もう3日にもなるか・・何の音信も無い。
これが現実やな・・と・・悟った。
「それがどうした!」・・と言われても困る。

そんな最中に一通だけ来た・・内容ともにとても嬉しかった。
送信をすれば返信は来る・・メールはそれで十分な筈なのに・・de・・R。
この話はこれで終わり。


さて、冒頭写真は先日のお昼。
造って置いたレーメンダレは重宝・・酢とオイルが入っているので日持ちは良い。
それにアノラーメン屋の麺・・

タマネギ・キューリ・薄焼き・ハム&トマト。
トマト以外はマゼマゼ・・見た目より食べ易さ。

玉子を焼いたフライパンで麺を・・冷凍してあるのにハラリとほどける。
この麺ならでは・・茹で加減は七分(なな分では無くしちぶ)・・これを越してはナリマセン。
大きなボールに氷をタップリ・・で・・〆る。

これからタレを掛ける・・最後にラーメン屋の辣油と擦り胡麻。
家人に「どこより美味い」と言わしめるレーメンに成った。
「どこより」の定義は兎も角、満足して呉れたと納得した。
具材は茹で海老・タコ・ホタテ・クラゲ・・等、有るもの何でも自在にアソバセ
で・・アリマシタ・・今日も御馳走さま!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Day.3819 焼き鳥・・ゆきち | トップ | Day.3820 畑の野菜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

男の手料理」カテゴリの最新記事