民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.3973 ミニギャラリー・・・

2017-12-13 19:39:00 | 男の手料理
今日も閑日・・先日来のアルバムの整理。
殆んどの写真は既に焼却処分したが、絵の写真はとってあった。
アルバムにしておいてもしょうがないので額装した。
サイズはA-5・・これなら誰かにあげる事も出来る(拒否されたらそれまでだが
ま、その時はその時として・・小半日を楽しんだ。

ナルシスト・・ほぼ理解してる心算だが、敢えて検索って見た。
*****概要 語源はナルキッソスというギリシャ神話の登場人物。
泉に映った自分の姿が あまりにも美しかったため心を奪われた人。
ちなみにナルキッソスはゲイである。
ナルシスト・ナルシズムという単語の元を初めて「自己愛」や「自己陶酔」のような
心理学用語として使ったのは心理学者のジークムント・フロイトだとされている。*****


コレによると仙人は可成りのナルシスト・・と言ってゲイでもオカマでもない
寧ろ可成りの「男」で・・あった(過去形)
自己愛や自己陶酔が無ければただの人・・少しでも成長しようとする人はその「自分」を高めるに励む。
ナルシストとは自分で否定しなくとも良い心理であると思っている。
無論男女ともにでR。
4000日に及ぶBlogの更新もその一端かも・・知れない。

そんな中で絵画は偶々の趣味であった。
趣味であったが、ナルシストが故に気に入った絵は写真屋に持ち込んで記録した。
もっと多くの絵が有ったが何処かへ上げたとか貰ってもらったとか・・。
今ちっちゃな写真を額装をして、何やらいい気分である。


幼い絵だが絵画教室に入門して一年、市展で議長賞を貰った思い出の作品・・現物はどこかへ


その頃以降に書いた絵の写真は無い。




2日ばかりズボラをしたらロカボの神さんが怒った
今夜は納豆・蕪の漬物・ラッキョウ・シャケとおでんが煮詰まって煮しめになった様なモノ。
これがまた滅法美味かった。
ラッキョウはね・・好きだけど・・買ったヤツは甘くてイカン。
イカンが・・汁を全部捨てて水洗いをして・・塩と酢で味を付けるも・・
甘さが沁み込んでいてドウニモナラン
何でこんなに甘いのかね・・毎年、来年こそ挑戦してみようと思うがいまだ果たせない。


茶粥にもち麦とギンナンを・・「美味しい~~~!」と妻は二膳を重ねた。
ヤッパ家飯やな!・・芯から喰った気がした。

そんな寒い閑な一日でアリマシタ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Day.3972 久し振りに・・・ | トップ | Day.3974 三本括り・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

男の手料理」カテゴリの最新記事