民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.3903 病院行の谷間・・・

2017-10-04 20:39:00 | 男の手料理
この所パニクリ症状が多い。
今週は月曜日が仙人の呼吸器科・・火曜日が妻の胃カメラ・・木曜日が妻の神経科と内科で胃カメラ結果の説明。
木曜日9:30にダブルブッキングとなっている。
その結果と言うのはカメラの先生に既に聞いている・・が。

ンで・・今日が病院行の谷間・・美容院へ行きたいと言うので午後イッパイ。
今日はビョウインでなくビヨウインで良かった
パニクリはスマホのカレンダーに書き込んでPCのカレンダーに書き込んでなかった事から始まる。
PCのカレンダーは翌日の予定を教えてくれるので助かるのだ。

実は午前中に仙人の皮膚科へも行った・・初めての病院。
「🎤近くの皮膚科」と尋ねたらベランダから道を挟んだお向かいのビルの7階。
「距離35mです」・・と出た
引っ越して以来以前の病院が遠くなったので、随分ご無沙汰・・症状は「老人性痒い痒い症」だ
女医さんで話をよく聞いて呉れる先生・・お薬手帳を参考により良い薬を・・と。
正に二人して病院三昧でR。



いつもの魚屋(KOYO)でアブラメのデッカイノを見つけて「お刺身用にして!」
「チョットお薦めできない状態ですのでアコウにしていただけませんか?」・・否やはない。
それにしても、品質をしっかり見定めて呉れるのが嬉しい。
ケンサキもかっちりと美味しかったが、アコウのお刺身はチョビミ=超美味。

アブラメ(アイナメ)には思い出が有る・・小豆島の浜で釣ったのをバケツに入れていたら・・
カラスにさらわれた・・それも・・音も無く寄って来て
他の一匹を鱧の様に骨切りをして湯引きしたら・・鱧より美味しかった。
それ以来アブラメに出会ってない・・ここらのスーパーではね無理。


アコウのアラで取ったお吸い物・・何度も言っちゃ申し訳ないがチョビミ。
牡蠣をタネにした・・白濁は牡蠣の所為・・三度目は言うまい

この頃よくナマスを造る・・手抜きで卸し金を使う・・矢張り包丁には負けるが手早い。
時間に余裕があれば本格的にカツラ剥きで作ってみようと思っている。
味の利害は歴然。
さて今夜も完璧なロカボだが・・なかなか答えに辿り着けないキョウコノゴロでR。

冒頭の写真はベランダに咲いた水引草・・終り頃になって気づいた
非情な環境に健気に咲いた花は感慨一入である。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加