民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.3450 梅雨の恩恵

2016-07-08 21:01:11 | 音羽の百花撰
思った通り七夕の夜は・・しかしながら、普段のボンヤリした星は見えた。
つまり、曇天では無かった程度。
日本海の離島はどうだったのだろう・・晴天ならさぞかし・・と、思ったりした。

今日は降るともない曇天であったが、夕刻から雨が降り始めた。
猛暑もさることながら、熊本の豪雨が気になる所である。
そんな閑金(ひまきん)・・庭に出ると苔が正に「我が世の春

冒頭の写真は苔ではない・・田の畔に蔓延る雑草であるが誠に美しく満開していた。
数年前に平たい植木鉢に移植したモノが見ごろとなったのだ。
入手先はS邸の庭であったと思う。



さて、↓これは露地のタイルに映えるイッチャン迷惑な苔・・コレが正に我が世の春を謳歌している。



この手は↓こんもりと盛り上がる異種・・はぎ取るには楽。



意図して植木の土カバーに植えた数種類・・名前を知る訳もないが、夫々に嬉々としてほこっている。



わが庭を一巡りするだけで斯くも多彩な苔・・日当たりの悪い庭はコレ等の楽園なのだろう。



最後に・・苔ではないが「グランドカバー」よろしき草・・これ等を植木鉢に移し
「美しき哉!」と、悦に入る仙人でR

これもまた、梅雨の楽しみ方と言わば言えるキョウコノゴロでアリマス。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3431 野いばら

2016-06-19 21:28:00 | 音羽の百花撰
ワイルドローズ・・と言うのがあるが・・野いばらとは少し違う?。
先日・・ファイルを覗いて居たら美しい写真が有ったのでコピー。

山には幾らでもある所謂いばらだが、これを見つけた時には可成り驚いた。
カルチャーショックとでも言おう。
その花の見事な大きさ・・に・・だ。
背景から見るに例の小豆島である。
雨の少なさと陽光の強さで島の花はとても美しい。
勢い、いばらの花も普通に見るモノの1.5倍はある。




話題が少ないと言う事は・・動いてないと言う事の証でもある。
今日は雨模様なので断捨離に力を入れた。
断捨離も進むほどに微妙に難しくなる。
仙人自身も断捨離したら?・・と言う声も聞くが・・もう暫くね・・
もう暫く娑婆に居たい理由は色々ある

雨の所為もあれ、今日は肌寒い。
Tシャツではとても・・アカン!・・仕舞い掛けていた長袖を着る。
「鍋がエエな!」・・と言う事で・・。
言うならば「豆腐の・味噌チャンコ」
結果から言うといつもの様にオイヒかったよ。

昆布カツヲでお出汁を引いて・・味噌汁仕立て(少し濃いめ)
鶏団子・アサリ・豚肉・海老・きのこ・もやし・・特筆は竹の子。
本日のメインエベント「豆腐の・・」は、仙人作高野豆腐ときぬこし。
例の淡竹竹の子の冷凍を少し戻してみた・・問題なくンメかった
鶏団子を片栗粉で絡めたため、スープにも若干のとろみがついてヒジョーニ美味しかった。
豆腐に関して言うと高野豆腐に軍配が上がった

上音羽ももう既に路傍の野いばらは終わった。
そんな勢いで梅雨も終わって欲しいもんだと・・思う・・コヨコノゴロである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3429 クレマチス

2016-06-17 21:44:00 | 音羽の百花撰
白い花の影で、それこそ影の薄い・・クレマチス。
もう咲いて随分になるが、Blogには順番待ちの態で有った
株も古く、沢山の花を付けて呉れる。

毎夜同じ話題になるが、タイサンボク・・また新しく別な枝から蕾が出て来た。
こう沢山咲いてくると何だか・・逆に気味が悪い
なんか良からぬ事の前兆か?・・まさかね



目よりも少し高い位置に咲いた一花・・脚立には及ばず腕を伸ばして・・パチリ!
先日来の写真には及ばないが掌いっぱい広げたほどの大きさ。
何とも美しいが、明日には哀れ骸(むくろ)をさらすの運命。
惜しまれてこそ・・とは、あまりにも非情な言葉である。


梅雨の晴れ間のヒマ金・・今夜は珍しくサンドイッチの夕食となったが・・写真は無い
久し振りの買い出しに少し疲れての挙句であった。
もう暫くは次から次へと枝を替えて、泰山木がわが目を楽しませてくれる・・筈である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3401 心新たに・・・

2016-05-20 20:42:00 | 音羽の百花撰
Day.が100ページを超えると若干気分が改まる。
と言っても初日だけだが・・日を重ねるに負担感は無い。
只管脳力の証明だと・・自分では思っている
∴この頁が閉ざされる時には、それなりに思いを致してください。
爺いの自覚はちゃんとあります




今日も良い天気で心地よい・・庭に出ると一本だけのバラが七分咲き。
ドッキリしてカメラを持ち出す。
剪定の結果だが、逞しい主幹に一本だけの枝・・またこれも切る・・必ず咲いて呉れる。

コレは数年前に撮った写真・・同じ枝だ。
水もしたたるとは良く言ったもので、雨後の花は格別美しい。
今、愛犬マリーちゃん亡きあとPCの画面を飾る超お気に入りの写真となった。




???最後の一本・・今呑むべきか?はたまた明日の朝にすべきか!
・・今、呑む事にした
朝の病的喉の渇きにはコレ↑が「効く」ノデス

ンで・・今日のオムレツ・・・
ちょっと日の経ったメンタイコ・・中身を絞り出して・・卵3個。
チョット、マヨ入れたら良かった・・と反省・・入れなくともオイヒカッタ。
血圧を気にせず頂きました!・・薬貰ったから
それじゃイカンナとまたまた反省・・カレイの干物・・とで、ご飯が進んだ。

チョイとした用事で今里まで走った・・慌てて帰って滑り込みで相撲を見たら・・
稀勢の里が負けた・・バカヤロウ!・・横綱要らんのかい!
ま。チットは頑張ったけど・・「あ~あ!」である。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3378 緑もゆ!

2016-04-27 20:52:00 | 音羽の百花撰
「緑が燃えるんですか?」
「緑が萌えるんです!
久し振りに奥の座敷の掃き出し廊下に出て・・ワオ!


萌黄と言うのか・・瑞々しい新芽の海・・見晴るかす借景も・・である
花と言う花は終わったが、これはまた華やかな「初夏」である。
もう一週間もすれば、暦の上では夏。

終わらない熊本地震は震度1以上が960回を上回り終息の予告は未だない。
そうそうも掛けられないが久し振りに2人に電話した。
幸いにも・・幸運な・・と言う事であった。




妻の切り花につられて庭に出る。
気の早いこの海老根の一叢が美しく咲いて居った。
街へ連れて降りれないかも知れない海老根の数株は、既に鉢植えにした。







ウグイスは美しい声で啼いている・・口笛を吹くと必ず応えて呉れる。
時に雉(きじ)の鋭い声。
不如帰を聴いたような気もするが、果たして?・・・。
初ガツオはもうすでに店頭を賑わす。
4月ももう少し・・なぜかしら・・気が浮かない・・キョウコノゴロである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3371 地震余話

2016-04-20 21:31:00 | 音羽の百花撰
何とも良い天気だった。
世界中のHappyを集めた様な・・暖かく平和で穏やかな一日であった。
虫干しと言うのでもないが、サンルームに当面の衣類を吊るした。
遠来のお弟子が3時に来た他はな~~~んもない「閑水」・=・閑な水曜日
ムラサキシキブが明るい日差しに輝いて居った


不安定な気候に振り回されたヒイラギナンテンが今頃紅葉し、新芽の花と同軸して居る。
この先どうなって行くのか見極めようと思っている


さて、地震余話・・熊本のブロトモから聞いた話。
第一震の時は会社に居た・・ロッカーやらバタバタと倒れ・・中略・・
マンションに帰って見ると、いつもはお利口に留守番しているネコちゃんが・・
余程怖かったのか、あちこちでおしっこをチビリ・・
隅っこに入って出てこなかった・・と・・(正確な表現ではないが)

ネコちゃんなどが一番敏感に感じるのだろう。
初めて聞いた話だが「そうなんや!」と、得心した。
更に余震は続き、住人もネコちゃんもワンちゃんもいつ果てるともない余震に怯えているに違いない。
月並みだが、本気で一刻も早い終息を願うばかりである。


ヤットコサ庭にシャガの花を確認・・いと美し!

この所、良く来客がある。
今日も思いがけなく妻の従兄がふらりと現れた。
妻の母親がお世話になっている大層立派な養護施設の経営者である。
「もうじき二人ともお世話になるから、部屋空けといてな!」等と軽口を叩いた。
あながち軽口でもないが
経営の裏表、現状、条件等をつぶさに聞き良い勉強になったが
可成りの費用に、前途に暗いモノを実感・・が正直なところで有った。

生きるも死ぬもそう容易くは出来ない社会情勢・仕組みの中に余生は心細い。
「ケセラセラ~!」では済まないが、ここでボヤクのは止しにしよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3365 地震列島

2016-04-14 23:00:00 | 音羽の百花撰
のほほんと毎日を過ごしているが、今夜熊本で大きな地震が・・仙人の田舎なのだ。
池田から家に向かう山中は車のテレビが映らないので、帰るなり・・!
早速数名から電話が有った。
直ぐに田舎に電話をしたが、その家に被害はなかった模様。
次いで別の親戚に掛けるもdocomoは混んで繋がらない。

阪神淡路大震災でも少なからぬ被害は有ったが、家がどうのこうのと言うのではなかった。
それでも沢山の食器が割れ洋酒で部屋が「酒浸し」になった。
地震雷火事親父と言うが、地震は怖いモノの筆頭である。
台風等とも違い、ほぼ予測できないのが怖さの最たる要因である。
圧死だけはしたくないね・・となると・・
一番安全な場所はバーベキューハウスと言う事に成る
笑いごとじゃアリマセンね。

刻々と被害の状況が知れて来る。
我が国は「温泉天国/地震地獄」と・・言える。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3359 笑った!

2016-04-08 20:33:33 | 音羽の百花撰
昨夜の雨ですっかり花が開いたモクレン・・七分咲きと言うところ。
笑った!・・今日が一番美しい。
明日仕事で明後日は大梅の29周年記念大会。
明々後日までもつか?・・ンな事ばかり心配している


これも初夏の風物・・桜エビの釜揚げ・・
生ワカメと一緒に買った・・(今日ではない)。
甘酢を煮切って・・ンめ!・・の・・夕餉。





お昼は・・竹の子ピラフ・・正確には焼き飯
ま、どっちでも良いが・・高菜も入れて・・ショカピラ(初夏のピラフっ)てか
竹の子は硬い所が良い・・今度手廻ったらキンピラも試みよう!・・などなどと・・。

今日は断捨離の一環・・過去の納税資料などを燃やす(たき火)。
露骨な個人資料なので粗大ごみと言う訳にもいかず・・ひと汗かいた。
紙は燃えやすいモノだが、重なると極端に燃えにくいモノ・・に変わる。
少し二酸化炭素を排出しました・・世界中の皆さん!ゴメンナサイ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3358 笑え笑え^0^v

2016-04-07 22:03:33 | 音羽の百花撰
今日は何という風雨でありましょうか!
桜散らしの雨・・麓の桜はコレで全滅でしょう・・が・・
仙人チの近く、府道の桜並木は五分咲きだったから、このまま晴れて呉れたらまだ楽しめそう。
このまま終わったんじゃ「未だ花見してないノニ!」と、怒りだけが残る。

庭の辛夷が一輪だけ花を付けた・・昨日の写真である。
殊の外お気に入りの花である。



笑え笑え!は・・モクレン。
今日は朝からお稽古に出かけて夜の帰宅だったので、
この木蓮の「その後」を確認していない。
いつもの事乍ら、どこにもある花たちも我が庭に咲くのが一番カワユイ仙人なのでR


ンで・・石楠花・・気の早いのが一輪咲いた・・続く気配は充分にある。
「笑え笑え!」は当然花たちの事である。
暖冬と思われた昨年末に咲いたオッチョコチョイは既に蕾は無く終わりを呈している




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3354 やっとこさ

2016-04-03 18:38:00 | 音羽の百花撰
我が家の庭を取り巻くユキヤナギの垣根に、やっとこさ数輪の開花が
もう世間では散り初めるころ?・・車で走るといたるところでコンモリとたわわ。
もう数日が待ちきれずUPっぷ
昨日はクーラーをonして走った・・山ではやっとこさファンヒーターの要らない初日であった。

近くの桜でも観ようと思っていた矢先・・生憎の小雨。
ベント持って・・の花見とはチガイマス。
弁天さんや旧茨木川など、花の名所はあるが・・そんなんじゃない方が好き。


昨日UPした木蓮はほんの数百m先・・陽当たりの差ではあるが、我が家はまだまだ先。
その分長く楽しめると言えば言える・・今年はモクレンも花付きが良さそうだ。
いずれにしても花の命の短さは仙人をイラッとさせる。




毎夜手料理の写真で恐縮だが、生と炊いた竹の子の天麩羅。
初物はゴリゴリとした食感・・やがて大きくなればふっくらとした食感に変わる。
そん時ゃ先ずすき焼きやな
蕗の薹(6個)はダメモトで、濡らした新聞紙にくるみ保存・・結果オーライであった

チョビットでも色々に・・焼き竹の子は生醤油が合います・・焦げ過ぎに見えるがこんなもんです。
我が家の木の芽が出ると・・木の芽和え・・
これから初夏まで山野草が楽しみ・・山野草にうつつをぬかすのは罪が無くて良い。
カラダニトッテデス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3151 快挙!

2015-09-13 19:23:31 | 音羽の百花撰
快挙と言うにはチト戸惑うが・・兎にも角にも良くやってくれた。
戸惑う理由は「隠岐の海なら当たり前に勝てる」と言う気が先立つからだ。
一番驚いたのは北の富士親方

大相撲に不満タラタラの仙人だが、今日は晩酌も美味しかった
「いつも美味しいんチャウン!
「ハイ、いつも美味しいです
体躯も決して引けを取らない良い相撲取りで仙人好み5指に入る隠岐の海。
事前には「コレで隠岐の海が勝ったら頭を丸める」と、北の富士親方に言わしめた大一番。
事後には「言わなくてよかった!

50に及ぶ懸賞金を掴んだとき、仙人は本当にうれしかった
アタリマエにわしづかみに懸賞金を持って行くモンゴにムカついてばかりの仙人であった・・から
ともあれ、今夜の隠岐の島は歓喜に沸いているに違いない。
「バンザ~イ!である
写真は時点的に苦労して探した・・パクリが出来ず写真にして・・粗いですがご辛抱を。
観客の口にご注視!



彼岸花日記・・気が付いたら部屋の花瓶に・・
スワ一大事と庭に出るも、他はまだ蕾・・「やられた!
陽当たりの良い場所ではすでに満開だろうが、仙人チこそ季節のバロメーター
お彼岸の頃にはストーブが登場する。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3086 雨の余得

2015-07-10 20:34:02 | 音羽の百花撰
鬱陶しいのは仕方ないが、トマトと日和にならないのがイラつく。
そんなヒマキン(閑金)・・昨夜は妻が「温泉に行きたい」と言うので
確認すると少ししんどいらしく、また今度と言う事に成った。
温泉は言うまでもなく近場の・・・である。

お掃除を始めるととんでもない事になる。
掃除機で済ませているフローリングは意外と汚れているものなんだ・・と、前回に知った
雑巾を10枚ばかり絞らせて「セッセセッセ!
気になっていた台を手直ししたり・・パソコンの台も宙吊りにしたり・・切りが無い。
心地よい疲労感の代償はキレイサッパリ!

クチナシの花が数輪咲いた。
雨の中休みにパチリ!。
好きな花は多いがクチナシもその上位を占める。

花言葉・・「私は幸せ者」「とても幸せです」「優雅」「洗練」「清潔」「喜びを運ぶ」




地味な花畑に朱色の花・・何処にもある花だが、色が嬉しい梅雨である。


変わり映えのない花でも梅雨の主役・・間もなくクチナシやトラノオに・・






そのトラノオの初花・・「虫が付いてまっせ」は、お弟子の植木屋さん。
それより何よりまるで勢いがない・・7月半ばと言うのにまだ寒いモンね。
取り立てて用事もないが「あした天気になぁ~れ!」である




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3061 珍なるかな

2015-06-15 20:18:00 | 音羽の百花撰
「下の藪にあった!」・・・と、妻が採って来た。
ヒイラギナンテンの実・・・実に不思議な生り方をしている。
幹のてっぺんから放射状に花房が・・・花を見る機会は無かったけど

舶来モノらしいが、よく見るとアッチコッチにイッパイ生えている
肉厚の美味しそうな実だから、鳥が運ぶのだろう。
美味しそうだと言うのは仙人の言ではない
また一本引っこ抜いて鉢に植えたと言って居った。



我が家の庭は花屋の冷蔵庫みたいなものだから、花持ちが良い。
日中の陽射しも弱く、夜になればヒンヤリ・・・その上程よい雨が・・・



雨に濡れて美しい。
毎度お馴染みではあるが、もう暫くシッカリ楽しませてもらおう。




どうです?・・・イッペン、ザバ~~~ッ!と水被って見ませんか?
「水も滴る・・・」になるかも


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3057 昨日の事

2015-06-11 22:19:44 | 音羽の百花撰
昨日は・・・さても良い天気であった。
午後から様子がおかしくなり夜にはそこそこの雨になった。
その頃、田舎の・・宇城市/美里町など、縁の深い地名が出て来る。
よそ事と思えない豪雨であった。
まだ、様子を聞くには至っていない。

ミニ薔薇が益々咲き誇っている。



ドクダミちゃんは「我が世の梅雨だ!
引っこ抜いて十薬にするぞ!
花の咲いた今がタイミングだと聞いている。



クレマチスが・・・



コレは何だか知らないが、先日妻が島から摘んできた花。
凄い生命力でまだまだ元気だ。
何だかつまらないUPになったが、帰宅の遅い木曜日・・・頭も少し疲れているかも

と言う訳で今夜はここまで!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day.3046 好季到来

2015-05-31 00:00:00 | 音羽の百花撰
天気予報に反して良い天気が続いている。
ミニの蔓バラがカワユク開いた。

沢山蕾もついた。
アーチにしようと思ったが中々その気に成れない。
アーチを作るか買うとすれば蔓の長さは充分に伸びている。
が、・・・なんだか今更・・・と言う気がする。



遅くなったが少しは咲いて呉れた。
名前は調べたが・・・ワスレタ!
花は美しければそれで良い。



何を拗ねてるの?
珍しい写真が撮れた。
「長い人生、たまにはあるよねこんな事!
「いや、しょっちゅうです」ってか。



これも名前を調べたらすぐにわかった・・・けど・・・忘れた
こんなに美しい花が勝手に気ままに一杯咲いている・・・本当に良い季節。



上手く撮れなかったが、左の桜の木から右のカラマツ迄銅線を引っ張って野茨を這わせてある。
何年もかかってやっとこさアーチになった。
アーチになると良くしたもので、陽当たりも良くなり沢山の花を付けた。
次の花はクレマチス・・・既に出番をお待ちかねだ。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加