行動する保守へ FACTとACT

行動する運動を推進するため、活動を行っていきますのでその記録として、またそれに付随する情報のまとめとしてのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

在日朝鮮人の「殺害予告」を糾弾する

2009年12月08日 23時44分47秒 | 報告
 主権回復を目指す会になんと殺人予告の脅迫文が送付されてきたそうである。
 なんとも、卑劣な奴らであろうか。それだけ、やつらも切羽詰まっているということであろうか。
 断固としてこのようなことは許す事はできない。


在日朝鮮人の「殺害予告」を糾弾する
―――――――――― ここから ――――――――――
  声 明 文

<在日朝鮮人の「殺害予告」を糾弾する>

主権回復を目指す会宛に、12月7日着(平野郵便局消印)で「殺害予告」の脅迫文が送付されてきた。以下は全文である。

        「犯行予告」
主権回復を目指す会関西の中谷を1年以内に拉致して殺害する。地下室で日本刀でメッタ切りにして殺す。必ず実行する。
われわれの怒りは頂点に達した。
この責任はわれわれを怒らせた貴様らにある。よって自業自得である。

             東アジア反日武装戦線「雷」




主権回復を目指す会は関西支部を本年10月に設立して以来、とりわけ在日朝鮮人の不当な権利要求と横暴な振る舞いに対して徹底的な糾弾を行ってきた。

竹島を軍事占領する韓国の日本侵略の糾弾、さらには朝鮮学校が50年にもわたって公園を不当に占拠してきた違法行為を糾し、これを府民の手に取り返す等々、在日朝鮮人の横暴を許さない活動を果敢に展開してきた。

今回の「殺害予告」は主権回復を目指す会により数々の不法行為を糾されてきた在日朝鮮人の焦りを象徴した脅迫だが、当会と<『語る』運動から『行動する』運動へ>はこうした脅しには決して屈しない。

我々は「殺害予告」をした不逞な在日朝鮮人に対して然るべき反撃を下す。主権回復を目指す会の理念は言わないことは実行しないが、公言したことは必ず実行する。

平成21年12月8日
主権回復を目指す会代表 西村修平
―――――――――― ここまで ――――――――――

(1/2)朝鮮学校による領土侵略を許すな!


(2/2)朝鮮学校による領土侵略を許すな!




ちなみに
東アジア反日武装戦線

卑劣なサヨクは許すまじ、と思われる方は、
ここをクリック↓
     人気ブログランキングへ
     人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12・08開戦記念日に田母... | トップ | 12・13抗議デモ 在日朝... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知ってほしい。 (ソクラテス)
2009-12-09 01:05:19
この動画をみて、動画の中の日本人を
非難する人がいたら、その人は朝鮮人の実態を
まだ知らない人です。

朝鮮人の実態を知ったら
朝鮮人をこの動画の1万倍怖く思うでしょう。
だから彼らは戦っているのです。
動画の中の日本人を非難する前に自分で
朝鮮人を調べてほしい。
下記のサイトがよく解りやすいかな。
韓国はなぜ反日か?
http://peachy.a-auc.net/korea/
「反日」というキーワードでも探せます。
Re知ってほしい (mintsun157)
2009-12-10 00:35:33
ソクラテスさん、本当にその通りです。

12月13日に抗議デモを行うという事で、その記事も上げました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。