行動する保守へ FACTとACT

行動する運動を推進するため、活動を行っていきますのでその記録として、またそれに付随する情報のまとめとしてのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10・11<カソリック教徒の靖國乱入を粉砕せよ>【ニュース】

2009年10月21日 22時12分07秒 | 紹介
 カソリック教会に講義街宣を行った事が、ジャパンタイムスの投書として載っていましたので、御紹介致します。



前ブログ:10・11<カソリック教徒の靖國乱入を粉砕せよ>【告知】
     10・11<カソリック教徒の靖國乱入を粉砕せよ>【参加報告】
     10・11<カソリック教徒の靖國乱入を粉砕せよ>【動画】



Standing up to noisy rightists(平成21年10月15日、Japan Times)
有志の方が、訳付きで上げてくれていますので、それを参照します。訳者の方、有り難うございます。
―――――――――― ここから ――――――――――
hursday, Oct. 15, 2009.-------- Standing up to noisy rightists
2009年10月15日木曜日―――騒がしい右翼と対峙
-------
By R. NANASHIMA
R.ナナシマ
-------
I would like to express my appreciation to the Japanese police force.
私は日本の警察に感謝を伝えたいと思っています。
-------
On Sunday I was walking to Mass at my church in central Tokyo when I heard the unmistakable strains of uyoku (rightist) music. I thought, "Here we go again."
日曜日に、ミサのため都心にある教会に向かって歩いていたら、聞き覚えのある右翼の音楽の旋律が聞こえてきました。「また始まった。」と思いました。
-------
But this time it was no ordinary drive-by nuisance.
しかし、今度は、いつもの通り過ぎていく迷惑者でありませんでした。
-------
On the corner outside the church, 30 or 40 protesters stood screeching into loudhailers.
教会の外の街角で、30人から40人の抗議者たちが、ハンドマイクでギャーギャー言いながら、立っていました。
-------
Their complaint was that a group called the Japan Catholic Council for Justice and Peace had planned a meeting that day that included an educational tour of Yasukuni Shrine.
彼らの不満は、日本カトリック正義と平和協議会というグループがその日に予定していた靖国神社への教育的ツアーを含んだ集会に対するものでした。
-------
Attempts by the uyoku to enter the church and disrupt the meeting had led to its cancellation, leaving the rightwingers to stew on the corner.
右翼が教会の中に入って、集会を粉砕しようとした事で、集会は中止になりました。そして、街角で右翼がヤキモキしていました。
-------
I noted that the protesters seemed to represent a cross section of society: men and women in suits, youths in casual attire, at least one man in kimono and geta.
抗議に来た人たちが社会の一断面を代表する人たちだと私は気づきました。スーツを着た男性と女性、カジュアルな服装を着けた若者、着物を着て下駄を履いた少なくとも1人の男性など。
-------
A short distance away, half a dozen police vans were parked; uniformed officers lined the pavement opposite the rightwingers.
少し離れたところに警察車両が数台止まっていました。制服警官らは、右翼の反対側の舗道で列を作っていました。
-------
As I walked between the two groups, the uyoku screamed at me in Japanese, "Get out of Japan!" Stunned, I looked at them and -I am sorry to say -uttered a common Anglo-Saxon word.
私が2つのグループの間を歩いていたら「日本から出ていけ!」日本語で叫びました。私はびっくりして彼らを見て、言うのをはばかれる?アングロサクソンの普通の単語を発しました。(※fuckと言ったのを訳者は聞きました)
-------
They instantly rushed me, striking at me with their fists and loudhailers. The leader got close enough to clip the top of my hair.
彼らはすぐさま私に拳とハンドマイクで殴りつけました。リーダーは 私の髪の先を引っ張るほど近くに寄ってきました。
-------
Then the police surged past me, body-slamming my attackers and wrestling them back to their side of the pavement.
それから、警察は私に近寄り、そして、攻撃するものに体当たりをして、彼らを元いた歩道に戻しました。
-------
"Run!" a middle-aged officer shouted at me. The leader got close enough to clip the top of my hair. I obeyed and soon reached the safety of the church.
「逃げろ!」と、中年の警官が私に向かって叫びました。私は指示に従い、すぐに教会に安全につきました。
-------
I was uninjured, but if not for the officers' swift response, I would certainly have been mobbed and perhaps badly beaten.
私に怪我はありませんでした。しかしもし警察官らのすばやい行動がなかったら、私は間違いなく取り囲まれて、多分ひどく殴られたでしょう。
-------
I am a slightly built woman. I was targeted for being white, but these rightwingers are versatile in their hatred:
私は、小柄な女性です。私は白人だからターゲットにされました。しかし、これら右翼たちは、その憎悪をいろいろな人たちにぶつけていました
-------
Earlier that day they had heckled and insulted Japanese churchgoers.
その日は早くから彼らは教会に行く人たちに質問攻めにし、ののしっていました。
-------
It's a pity that they are unaware that the Catholic Church has deeper and older roots in Japan than does their brand of nationalism.
カトリック教会が彼ら国家主義者の一派よりも日本でより深く、古くから根を下ろしていることを彼らが知らないのは残念です。
-------
While Japanese society yawns at the small number of unspeakable fanatics in its midst, the uyoku are free to continue their mischief? even when it veers toward physical violence.
日本の社会が少数の言語に絶する狂信者に飽き飽きしている間に、右翼は自由に悪ふざけを続けています。それが肉体的な暴力に変わるときでも。
-------
I am keenly grateful to the officers who shielded me Sunday.
私は日曜日に私を守ってくれた警官たちに深く感謝します。
-------
These brave men in uniform of this country stand up to the uyoku on a regular basis. Why can't anyone else?
この国の制服を着たこれらの勇敢な男性たちは、いつも通りに右翼に立ち向っているのです他の誰がそのようなことが出来るのでしょうか?

***以上投稿者の文章/以下ジャパンタイムズの注釈+**

The opinions expressed in this letter to the editor are the writer's own and do not necessarily reflect the policies of The Japan Times.
この投書は、投稿者自身の意見で、ジャパンタイムズの政策を反映しているわけではありません。
―――――――――― ここまで ――――――――――
ジャパンタイムスが取り上げてくれた事は良いけれど、この投書も正確じゃぁない。迫った人はいたけれど、殴った人はいない。近づいた人はいたけれど。
こちらが、抗議している所に近づけば、そりゃ迫って行くだろうよ。
そもそも、国家主義者よりカソリック教会が日本に昔から根を下ろしているってどういう了見なんだろう。


やっぱキリスト教は反日活動をやめろ、と思われる方は、
ここをクリック↓
     人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10・31村田春樹氏独演会... | トップ | 外国人参政権に関するニュー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。