ミントのメモ帳

メモしておかなくちゃ忘れるばかり。日々の事をちょこっと書きます。

出雲大社の神在祭

2017-11-30 | 旅の記録
日帰りバスツアーで行ってきました。
一年のうち、一週間だけの神々の祭典。

旧暦の十月十日夜、出雲大社の西の稲佐の浜で神迎神事が行われ、龍蛇神の先導の元、八百万(やおよろず)の神々が出雲にお着きになり一週間、大国主命(おおくにぬしのみこと)の元で会議をされ、旧暦十月十七日に出雲大社をお発ちになる。
その一週間は神在週間として全国各地の神々が集う。

稲佐の浜も行きました。

会議をする場所も教えてもらいました。
その内容は、誰のどの願いを叶えてあげようか、というものだそう。
お詣りの作法も、二礼四拍手一礼、少し西向きにすると良いのだそうです。


全国の神様がいらっしゃるのだから、いつものようにチマチマしたお願いはしません。
広範囲の地域の皆んなの安全と、ちょっとだけ自分の健康の事ですね。

この度驚いたのは、門前町がきれいになっていること。
一の鳥居の宇賀橋から二の鳥居の勢溜(せいだまり)までがきれいな石畳になっててびっくり。
そして鳥居をくぐってからも、砂道だったのがきれいな松並木の横に歩道が整備されてた。


それから、初めて御朱印帳を買って参拝記念に書いていただきました。
今までそれほど興味なかったのに、不思議なことになぜかその気になりました。
真っ白な御朱印帳に記していただき、清々しい気持ちになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカイツリーからの築地

2017-11-11 | 旅の記録
息子たち一家と現地集合はスカイツリー。

WEB予約してくれてたんで、総勢8人すぐに上がれました。
長男は建設中に来て以来で、初めてだというんでびっくり!
子供達もすごいすごいと騒いでるけど、大人の方が喜んでる気がします。
ここで面白写真を撮ってもらいました。
もちろんプロの方ですが、飛び出た様な空間に立ち上からのカメラで撮ってもらうんです。

さっさと降りて、築地へ移動し海鮮丼を食べました。
ここも事前調べで、路地の奥の方から土日だけ開いてる3階へ。
そして歩きながら玉子焼き、サザエのつぼ焼き、帆立の串焼きで満腹です。

そうなると子供達は運動させねば、と旧浜離宮庭園へ移動。
知らない子も一緒になっての鬼ごっこや、ハンデをつけて走ったり暴れて疲れさせる作戦も目論み通りでした。

ここからはモノレールで羽田へ移動。
時間があるんで、まず国際線ターミナルを見学。
和風を打ち出しててすごいです。
日本橋の一部を再現してありました。


そこからは、無料シャトルバスで国内線へ移動。
なかなかサービスも行き届いてますね。

あっという間の三日間の旅もおしまい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉&江の島

2017-11-10 | 旅の記録
今日もよく歩きました16000歩。
実はバスツアーなんですが、結構歩くタイプを選んでしまいました。
朝早く出発して夕方解散のはずが、渋滞で1時間も遅れた。
でも、せっかくだからとKITTEの屋上からの東京駅を…。

まず建長寺へ行ったんですが、驚くほどの広さ大きさでした。
けんちん汁の発祥の地だそうで、お坊さんの修行の為の施設もありました。
サザンの桑田さんがゲリラライブをしたという場所もありました。

次は大仏様の中、つまり胎内に入ったのですよ。
すごく狭くて、真っ暗な通路。
昔の鋳物鋳造技術で、貼り合わせて作り上げたのがよくわかりました。

そして長谷寺へ。
紫陽花で有名ですが、お地蔵さんがたくさんあるのでも有名。
人がいっぱいでも、今日は少ない方だとか。

これで終わりかと思ってたら江の島のエスカレーターにも乗る羽目に…。
上がるのはエスカーというので五つ分くらい乗る。
だが、下りは歩きで足にきます。

時間的には夕方の明るさはあったけど、渋滞を抜ける間に東京駅に着いたのは7時半。
もう丸の内はライトアップがきれいでした。

長い一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょいと東京へ

2017-11-09 | 旅の記録
東京へ来てます。

初めて「岩国錦帯橋空港」から羽田へのフライト。
この空港は車を置いても無料なんです。
我が家からは、広島空港へ行くのと変わらない距離と時間。
ならば無料の方に置いて行きますよね!


今日は、日本橋辺りをぶらぶらと回りました。
日本橋七福神めぐりをしたいと言うオットと、人形町を歩きました。
最初に水天宮からスタート!
3時間で14000歩達成!

あの有名な「玉ひで」で念願だった親子丼食べました。



明日は鎌倉へ行くぞ〜!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

旅のハプニングあれこれ

2017-09-11 | 旅の記録
一泊二日の強行軍の旅でしたが、やはりハプニングはあるものですね。

行程にも多少無理はあった。
新大阪までは新幹線、その後はバス。
運転手さん、片道走行距離480㎞を安全運転してくれました。

ハプニング①
初日は移動ばかりで、やれやれとホテルに落ち着いてみると
なんと靴がポロポロ欠けてくる。
夏中サンダルばかり履いてて、久しぶりに出した冬の靴だった。
仕方なくホテルの売店で間に合わせの運動靴を買う。

しかし、洋服と合ってないんで、翌日に軽井沢で買う事に。。。
昨年も来たと言うむっちゃんに、革で手作りの素敵な店があると聞いていたんです。
ちょっと高いよ、とも。。。。。

この店よ、と入ってすぐ目に入った靴に一目惚れ!
履いてみるとぴったりのサイズ感、フィット感。
有り金叩いて、そのまま履き替えました。
写真左の「PARLEY」という店です。

ハプニング②
軽井沢で靴を買った後、ランチして雑貨店なんぞ見てぶらぶらしてた。
きっちゃんは相変わらず、のんびりトイレ行くからと遅れていた。

静かな通りで、添乗員さんが血相変えて呼んでる。

どうやら集合時間をオーバーしてるみたい。
慌ててきっちゃんに電話かけてバスに戻るように言う。
我々の他にも遅れてるグループがいたという事は、紛らわしい言い方だったんですね⁉︎

ハプニング③
バスの行程は全て終了し、降りてみるとやはり忘れ物あり。
他でもない今回の旅行の計画から段取り、全てを仕切ってくれる一番しっかり者のよっこ。
目薬を入れてた小さい袋を落としてた。

一同、信じられな〜い!

しかも、その前にバスで爆睡してるのを皆で目撃!
今までだと絶対そんな事はしない。
一同、信じられな〜い!


まだあるけど、三つくらいにしとこう。


美味しいパンは「浅野屋」さんで購入

ジョンレノンが行ってたのはお向かいの「フランスベーカリー」

旧軽井沢の奥まで少し歩いて行くと素敵な協会がある
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素敵な軽井沢

2017-09-09 | 旅の記録
翌日は浅間山を見ながら白糸の滝へ。
まあるくなってる滝から何本も流れこんでマイナスイオンいっぱい!

そして軽井沢へ。
まず雲場池からの眺めは最高!
セレブな方々の別荘が点在してる中にひっそりありました。


旧軽井沢の町は、何から何までオシャレ。
ジョンレノンの愛したパン屋さん。
天皇陛下と皇后様の姿が想像できるテニスコート。
素敵すぎる街並み。



色々な店でお買物タイム。
とても大きな買い物をしてしまったり、パンの美味しさに魅せられたり。
あっという間にランチタイムも終わり。
ため息の出る時間でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州へ

2017-09-08 | 旅の記録
昨夜はカープ、雨で中断もあったけど、無事マジックを8にしましたね。
早く寝なくちゃ、と思いつつ試合も気になる。
でも早く終わって、そこから旅支度。

そして、朝早く出発し軽井沢へ来ました。
途中もろもろあったけど、予定通りの珍道中でした。
可愛いポニーや、美ヶ原の雄大な景色に感動!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蛍ツアー

2017-07-09 | 旅の記録
日帰りの鳥取、島根のプチ旅。

そもそも蛍を見るんだから夜です。
午後からの出発で、奥出雲おろちループを通ります。
鉄の彫刻美術館を横目に、何やら小屋のようなパン屋さんに惹かれて行ってみたり…。


JR出雲横田と出雲坂根の間のスイッチバックの線路も見えたし、どんどん山奥へ。
国の名勝・天然記念物という『鬼の舌震』を見学。
おにのしたぶるい、と読む。
こんな橋もあり、渡ると揺れます。

こんな所の結構な距離を歩きました。



そこから日南町の道の駅で日が暮れるのを待つ。
いよいよ暗くなってきたら、福万来のヒメボタルを見るため移動。
この期間だけ一部を通行止めにして保護してるそうです。
すぐそばの川側にはゲンジ蛍、山側にヒメ蛍。
蛍の大きさ、点滅の間隔、それぞれ違っててきれいでした。
特に2万匹のヒメボタルは、1秒間に2回光って小さくて可愛い!
LEDみたいに暗い山の斜面にいっぱいで見事でした。


またまたバスに揺られ、走行距離370キロの旅の終わり。
JRに乗り換え、ふと見ればなんとMIZUKZE‼️
締めくくりにビックリの一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜ陶板に名画を

2017-06-13 | 旅の記録
先日の大塚国際美術館のことをもう少し
モナリザも原寸大、写真撮影OK、触ってもいい。
額縁だけ、あえて変えているそうです。

モザイクアートも素晴らしく、おそらくミリ単位のもの。
全て、床の模様まで同じサイズにびっくりします。




なぜ陶板で美術館まで作ったのか、という疑問。
それは、鳴門海峡の砂だった。

大塚製薬しか知らなかったけど、大塚グループはいろんな事業を展開している。
その中で大塚化学にいた弟さんが、鳴門の砂でタイルを作りたいと。
ただ砂を採取してコンクリートの材料にするだけじゃなく、徳島の為の産業としてタイル生産をしたいという熱い思いからだった。

本格的にタイル生産を始めた矢先、オイルショックでビル建設などが進まない。

そこで、タイルに絵を描いて美術品に移行することに。
世界にも例のない、大型陶板にピカソやミロなどの名画を転写焼成でした。

本物の名画は次第に変化していき色もあせてくる。
陶板名画は100年たっても色も変わらず保存できる。

もう20年も前に開館した広大な敷地は大鳴門橋の近くにあります。
地下3階、地上2階の不思議な空間です。
ヨーロッパで本物を見るのもいいが、ここの名画も素晴らしいのでオススメです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館

2017-06-11 | 旅の記録
四国は阿波へ日帰りバスツアー。
日本一高い入館料3,240円、の全てレプリカの陶板作品ばかりの美術館だそうです。
美術館スタッフの解説付きで3時間も観賞!
以前からドライブして行こうとオットが言ってたけど、いつまでたっても行く気配なし。
おひとり様バスツアーで行って良かったよ、と友達から聞いてた。
私もそうしようと申込みしてると、ナント自分も行きたいと。。。


美術館は素晴らしいものばかりでした。
長いエスカレーターを上がった所が地下3階、そこはこんな空間‼︎

とても個性的なスタッフのお姉様の解説で、中世の絵画の説明を受けました。
絵に描かれてれ人物の名前がポンポンと出てきます。
すべて実物大だそうです。

本物をルーブルで見たと言う方もいて、こっちの方が綺麗、と。。。

地下3階から順に地下2階、地下1階、地上1階、地上2階と展示があります。

教科書に出てた有名な作品がいたる所にあり、一生分の絵画鑑賞となりました。

全部を観て廻ると4Km以上歩くんだそうです。
歩き疲れたら、モネの睡蓮の池が見えるカフェでお茶。



そもそも大塚製薬がとんでもない財力があり、なぜにこういう美術館を作ったか、パンフレットに書かれてる事は次回にします。

そして、もう一つのお楽しみは、うまいもんバイキング。

鯛料理が名物だそうで、刺し身や鯛めしをたくさん食べました。
やはり四国はうどんが美味しい。
自分でザルに投入し湯切りして、好みのだし汁をかける。
いりこだしが美味しくて飲んでしまうほどでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読めない書けない知らない事

2016-12-13 | 旅の記録
最初は、叡山電鉄(えいざんでんてつ)
比叡山は読めるけど、こういう電車に乗る時に初めて「ひ」をつけず叡山と言うんだと知りました。

次は、英虞湾(あごわん)
伊勢市の南部の50から65くらいある島々(諸説あって)を巡るエスペランサ号に乗る時に意味を教えてもらい納得。
英虞の虞(ご)は静かなという意味で、英(あ)はそれを強調するのに付けるのだそう。
湾内はとても静かで穏やかで、上手く言い表したもんです。

伊勢神宮の案内人に教えを請う

まず外宮は、豊受大御神を祀ってある。
日本の産業の守護神で、穏やかな和御魂でここでは感謝の祈りをする。
感謝するだけですよ。
外宮の多賀宮別宮は、活動的な荒御魂で私的な願い事をする。
皇室の方々と同じ様な作法で一般人もできます、との事でした。
雅子妃と同じ様な向きでしっかりお願いしました。

内宮は、天照大御神で神々の最高峰、日本人の総氏神。
女性です。
説明書きも何もないが、この様に祀っていたという原形。


そして「三種の神器」とは
八咫(やた)の鏡、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊の勾玉(やさかにのまがたま)
である。カガミ、ツルギ、マガタマとしか憶えてなかった。
勾玉だけ皇居にあるそうです。

そして外宮、内宮の千木の違いや鰹木の本数について
屋根の上を見ると、外宮は尖がってるが内宮は平行。
外宮は奇数、内宮は偶数。数えてみてください。

御酒殿(みさかどの)という清酒を祀る場所、由貴御倉(ゆきのみくら)という野菜を祀る場所もある。

そして、内宮でもまず本殿では感謝の祈りを捧げ、最後に荒祭宮で個人的なお願い事をする。
その際二礼二拍手一礼の、二拍手の時に『住所と名前を言いお願い事を言う』のだそうです。
皆さん住所を言わない、何処に住んでるかは重要なのだそうですよ!

今回は、数日前に参道の砂利を五回もお祓いして敷き変えたそうで、その上を歩くことは御利益が強力なのだと……。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢神宮へ

2016-12-12 | 旅の記録
二日目は英虞湾巡りからスタート。
こんな海賊船みたいなので真珠の養殖している英虞湾をクルーズ。


そこからバスで伊勢神宮を目指します。
ちゃんと説明してくださる方がグループごとに付いて、それはそれは丁寧に説明していただきました。

中でも一番印象に残ったのはここ。

荒祭宮(あらまつりのみや)

個人的なお願い事をしてもよいのだそうです。

この日は19000歩も歩いたので、面白いお話は次回に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都・伊勢志摩へ

2016-12-11 | 旅の記録
日曜日出発だと安いパックツアー。
京都・伊勢志摩絶景めぐり〜
朝も早くに出発!
新大阪までは新幹線、そこからバスで京都へ。

貴船神社に参拝。
ここがかなり山奥で、宝ケ池でバスを降りか電車で20分の貴船口、そこからバスで登り、降りてからもひたすら坂道を上がる。
本宮、奥宮、結の社の順に参拝するのが正しいそうで、ちゃんと守りました。
この貴船神社は水の神様。
この紙を購入し、水に浮かべると文字が浮き出るという水占いをしました。
第十四番の中吉でした。

帰りは下りなので2.2キロ歩きました。

再びバスで一路伊勢道へ。
途中、亀山ジャンクション辺りで事故らしく大渋滞。
かなり遅れて志摩ロイヤルホテルに到着!

この日は13000歩。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尼寺手づくり市&美酒鍋御膳

2016-03-12 | 旅の記録
同級生達と西条までドライブ。
目的は雑貨屋さんだけど、美酒鍋も食べられるとあって楽しみにしてました。

なんたって西条には、地元で不動産屋をしている子がいる。
『しんすけ』という山陽鶴の酒蔵がやってる店で美酒鍋御膳を予約していてくれた。

アルコールを飛ばした酒が少しの出汁の中に、鶏肉やキャベツや海老などが入ってました。
ポン酢でいただくのだそう。

鍋はとても美味しかったけど、最後のコーヒーが残念だったので、やはり『くぐり門珈琲』へ行って口直し。


肝心の手づくり市は、これまた大盛況でした。
ギャラリー鳳仙花の前の畑の中に駐車場があり、お客さんが途切れません。
どれも欲しくなるけど、革製品のCLANさんでポーチを一つ。
銀行へ行くときに、通帳などを入れようと思います。
消費税なし、というので消費税分の鍵カバーも買いました。

そしてビックリポンな事に、なんとiPad に小さなカードリーダーを取り付けて決済!
すぐに携帯に領収書を送ってきます。
便利な世の中になりました。

手づくり市は明日もあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初のお遍路さん

2016-02-24 | 旅の記録
朝6時ジャスト家を出ての日帰りバスツアー。
初めての事なんで、いささか疲れました。

よく知らないけど、うるう年の逆打ち参りというらしい。
日帰りで八ヶ寺お参りしました。

この中に77番札所、桑多山道隆寺がある。
御本尊は薬師如来で『眼なおし薬師』として有名なので、今回のみ参加して拝んできました。


善通寺の五重の塔

最後に寄ったうどん屋さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島ブログ

クリックしてね♪広島ブログ