いつか どこかで

本、映画、その他、そして小田さん。

『こまねこ』

2006-12-21 19:26:01 | cinema(~2008)
映画『こま撮りえいが こまねこ』を見てきました。
原作・監督・キャラクターデザインを合田経郎さんが務めるコマ撮り人形アニメーション。
コマ撮りや8ミリ制作への熱意が伝わってくる映画です。

ストーリーは、山の上のおうちに暮らすネコの女の子“こまちゃん”を主人公に綴られる5つの短編。

「こまねこ はじめのいっぽ」
こまちゃんはこま撮りするネコなので、今日も一生懸命にこま撮りをするのですが…。
照明代わりの電気スタンドのアームが曲がったり、人形が倒れたりと、悪戦苦闘する姿に笑ってしまうのですが、これってかなりリアルなのかも、という感じもします。

「こまとラジボー」
壊れたラジオの修理にやってきた、ラジボーとラジパパ。
機械いじりが大好きな男の子ラジボーとこまちゃんが友達になる話。

「ほんとうのともだち」
ある日、ピクニックに出かけたこまちゃんは雪男と遭遇して…。
雪男と“ともだち”になろうとするところや、ひょんなことから出会った内気な少女、いぬ子にちょっとジ~ンとしたりします。

ほかに、「カメラのれんしゅう」「ラジボーのたたかい」の2編。

主人公のこまちゃんは焦ったり泣いたりする表情がいいし、セリフも「ニャニャニャ」とか「ニャニャニャ~」としか言わないんだけど、とにかくかわいいので、見ていて思わず微笑んでしまいます。
エンディングテーマのsolitaの『123』もこまちゃんの雰囲気に合ってます。

  *こまねこ 公式サイト*


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 『贈る物語 Terror』 | トップ | 『空飛ぶタイヤ』 »