JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

地1号受信機#2号機の修復作業記録 その4 (2016年06月19日)

2016年06月20日 03時23分19秒 | 01陸軍無線機器

地1号受信機#2号機の修復作業記録 その4 (2016年06月19日)

今回の修復の基本方針ではマイカ型蓄電器を諦めて、現代版のコンデンサーで代用するこことしました。
コンデンサーはマイカ型の0.01μFが29個、0.001μFが2個、250pFが2個とオイル型の1μFが3個必要です。
家中を大捜索して在庫を再度点検したところ、なんと5000pFのマイカ型コンデンサーが約60個みつかりました。
早速方針変更し、この5000pFを2個並列接続で0.01μFのマイカ型蓄電器として配置するこことしました。
秋葉原で以前購入していたUSA製の平ラグ板にこのマイカ型蓄電器を実装してみました。
そうすると、本来の実装密度の倍となり、大変不細工な実装となってしまいました。
このままでは、蓄電器が邪魔をし、配線することができません。
もう少し、部品実装を再検討する必要がありそうです。
また、配線前の最終確認として4連バリコンの筐体の中身を確認しましたが、補正VCが現代品に取替られており、未配線の状態で放置されていました。
確認の意味でLCRメータで容量を測定しましたが、電池不足で正確な容量測定ができませんでした。
どうも、最悪4連バリコンの筐体の分解が必要になるかもしれません。
このためには、再度取付けた部品類をいったん全て分解する羽目になりそうです。


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ム65型受信機#2号機の修... | トップ | ム65型受信機#2号機の修... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL