JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

九四式三号甲無線機三六号型通信機受信部の修復作業記録 その2 (2016年09月28日)

2016年09月28日 16時58分27秒 | 01陸軍無線機器

九四式三号甲無線機三六号型通信機受信部の修復作業記録 その2 (2016年09月28日)

本機も修復作業のための基本的なチェックを実施しました。
低周波トランス2個が断線です。
新品のトランスの組込ための場所が確保できません。
修復方法を考える必要がありそうです。
こちらのほうも、先は永そうです。

ところで、コンデンサーの容量の単位cmについてネット情報がありましたので、添付します。
ラジオ工房掲示板 http://6927.teacup.com/radiokobo/bbs/17508
この情報から、cm/0.9でpFに変換できそうです。
本機は、回路図の部品定数と実装部品が合致しております。
昭和18年上半期の製造のため、製造会社にもまだ余裕があったのかもしれませんが、発注者である国(軍)がこのような単位の蓄電器を発注すること自体問題があります。
限られた資源の中で今次戦争を遂行できるのか、今の世でも同じ問題は多数みられるようですが・・・

 

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九四式二號乙無線機二七號型... | トップ | 九四式二號乙無線機二七號型... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL