JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

九四式二號乙無線機二七號型受信機の修復作業記録 その4 (2016年10月16日)

2016年10月17日 06時06分38秒 | 01陸軍無線機器

九四式二號乙無線機二七號型受信機の修復作業記録 その4 (2016年10月16日)

受信機自体が少し発振気味なことが気になり、ストック品の民需用のシールドケース(ねじ込み式ではありません)を所定の真空管に装着しました。
少し、発振気味が抑えられた程度ですが、全体的な感度不足のためシールドケース装着効果を評価することはできません。
今回は、中間周波数が気になったので、少し精密に測定してみました。
受信機の目盛を70で固定とし、SSGのシグナルの最大値7001Khzを受信させます。
この周波数が被測定受信機の正の受信周波数となります。
次に、SSG信号を可変とし、次に強い信号を受信させると、7768Khzとなりました。
この信号が被測定受信機のイメージ信号となります。
本来は、受信目盛を10刻みに複数回測定しますが、今回は簡易測定となりました。
両信号の差である767Khzの2分の一が中間周波数となりますので、ほぼ385Khzが中間周波数と思われます。
最後に中間増幅段UF-134の入力にSSG信号を注入し、ほぼ385Khzがピークであることが確認されました。
とにかく、感度不足を解消することが先決です。

 

94式2号乙無線機の本文は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/army_94-2-otu.html

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九四式三号甲無線機三六号型... | トップ | 九四式三号甲無線機三六号型... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL