JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

南極大陸に出演

2011年12月19日 14時56分27秒 | 04戦後の軍用無線機

南極の昭和基地局の通信設備のメインの受信機として本機が出演しました。

実際の受信機は日本電気製のRAP-261通信型受信機C型3台とのことですが、本機は昭和29年10月製(製造番号:6)の日本電気製のRAP-261通信型受信機CM型です。自衛隊仕様では、五三L中短波受信機二型と呼称しています。

同時期に生産したものが南極大陸と本国間の通信に使用されてものと推定できます。

また、本機は米国のHammerlandのSP600のコピー製品ですが、著作権の関係かどうかわかりませんが、内部構造が左右反転した構造と奥行きがSP600よりも長くなっています。

 

1.南極大陸のTV場面

Brimg0001

2.画面拡大

Brimg0002

3.日本電気製のRAP-261通信型受信機CM型の正面部

Arimg0003

4.日本電気製のRAP-261通信型受信機CM型の銘板

Arimg0008

5.日本電気製のRAP-261通信型受信機CM型の銘板(自衛隊仕様)

Arimg0010

6.日本電気製のRAP-261通信型受信機CM型の背面部

Arimg0024

7.終わり

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有線無線兼用受信機 山中電機... | トップ | 田舎暮らし計画について(H... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL