JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

安立電気株式會社管理月報

2015年02月06日 13時02分58秒 | 95今次電波戦の歴史検証

 

安立電気株式會社管理月報


 案件コメント

94式1号無線機、94式対空1号無線、対空2号無線、96式飛3号無線機など主力無線機の生産のほか、有線通信機器として93式12回線交換機、93式軽電話機、92式電話機も大量に生産されているのがよくわかります。また、米式四呎旋盤五台購入するなど工作機械では国産ではなく米国製が必要だったのでしょう。

地1号受信機の事例です。

 


 

管理月報(3月分) (昭和十四年三月)

 安立電気株式會社擔任 監理官陸軍砲兵中佐西川善吉 管理月報(3月分)

 一、一般ノ状況 業務概ネ順調ニ進捗シアルモ、幾分遅延シアルモノアリ、原材料入手難、横張ニ依ル熟棟工ノ不足等ノ支障ヲ幹部以下一丸トナリ時難ヲ克服シ軍需品工場ノ万全ヲ期スベク努力シアリ

 二、管理業務

 1.原材料取得ノ状況別紙第一ノ如クニシテ所要量ヲ取得セズシテ作業全ク困難ノ状態ニアリ、特ニ磁鋼入手シ得ザルハ作業ニ大ナル支障ヲ来セリ故ニ特別ノ處置ヲ講ゼラレルヲ要望ス

 2.生産実施ニ関スル事項

 本月ニ於テ十七点ノ完納若クハ分納ヲナシ生産状況稍々進捗セリ、然シ共磁鋼入手不能ヲ主因トスル延期出願十七件ニ及び生産命令通リノ状態ニ復スルニハ特ニ磁鋼ノ取得容易ナラシムル事ヲ要望ス

 3.工場作業状況

イ.工場作業状況調査表 別紙第二ノ如シ

ロ.各部隊別利用実況 別紙第三ノ如シ

ハ.陸軍ニテ尚利用シ得ル余裕ノ有無目下ノトコロナシ

4.従業員ニ関スル事項

イ.先月末ニ於ける総人員一、四五三名ニシテ本月採用ニ○四名ナリ、解雇者七四名、差引一三○名ノ増員ナリ、現在人員一、五八三名ナリ、尚応募者三名復員者一名ナリ

ロ.安立通信学校ヲ創立シ、本年採用中学卒業生約三○名ヲ入学セシメテ一年間中堅技術者トシテ教育及実習ヲ修得セシム計画を立案中ナリ

ハ.厚生省ニ技能者申告数ハ二六二名ナリ、厚生省告示第五十六号ニヨリ技能者養成数ハ六/一○○タル十六名弱ナルモ当工場ハ約二十名養成ノ予定ナリ

5.工場設備ニ関スル事項

本月入手セル主要機械三ノ如シ

3/8 三相ニ○○V卓上電気ドリル 四台

1/2 同     同           一台

米式 四呎旋盤            五台

三.其の他参考事項

本月来社見学セラレシ見学者人員左ノ如シ

三月二十三日陸軍工科学校野津少佐間瀬少尉以下四十六名

三月二十四日右同      岡村少佐露無少尉以下四十六名

三月二十七日右同      野津少佐小川少尉以下四十八名

三月二十七日近衛師団歩砲兵無線教習所中村大尉以下五十九名

三月二十八日陸軍工科学校富二越軍曹以下五十名

三月二十九日下志津飛行学校青地大尉以下七名

三月三十日右同         熊瀬雇員以下二名

 

参考文献
日本無線史 第九巻、第十巻 電波監理委員会
JACAR(アジア歴史資料センター)Ref. C01004718800 安立電気株式会社

 

件名標題(日本語)

安立電気株式会社

階層

防衛省防衛研究所>陸軍省大日記>密大日記>昭和14年「密大日記」第14冊

レファレンスコード

C01004718800

言語

jpn

作成者名称

安立電気株式会會社担任 監理官陸軍砲兵中佐西川善吉

記述単位の年代域

昭和14年3月

規模

15

内容

管理月報(3月分) 安立電気株式會社擔任 監理官陸軍砲兵中佐西川善吉 管理月報(3月分) 一、一般ノ状況 業務概ネ順調ニ進捗シアルモ、幾分遅延シアルモノアリ、原材料入手難、横張ニ依ル熟棟工ノ不足等ノ支障ヲ幹部以下一丸トナリ時難ヲ克服シ軍需品工場ノ万全ヲ期スベク努力シアリ 二、管理業務 1.原材料取得ノ状況別紙第一ノ如クニシテ所要量ヲ取得セズシテ作業全ク困難ノ状態ニアリ、特ニ磁鋼入手シ得ザルハ作業ニ大ナル支障ヲ来セリ故ニ特別ノ處置ヲ講ゼラレルヲ要望ス 2.生産実施ニ関スル事項 本月ニ於テ十七点ノ完納若クハ分納ヲナシ生産状況稍々進捗セリ、然シ共磁鋼入手不能ヲ主因トスル延期出願十七件ニ及び生産命令通リノ状態ニ復スルニハ特ニ磁鋼ノ取得容易ナラシムル事ヲ要望ス 3.工事作業状況

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手製本活動(その20:製本... | トップ | 沖電気株式会社芝浦工場管理月報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL