JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

九四式三号甲無線機三六号型通信機受信部の修復作業記録 その6 (2016年11月21日)

2016年11月21日 16時19分05秒 | 01陸軍無線機器

九四式三号甲無線機三六号型通信機受信部の修復作業記録 その6 (2016年11月21日)

修復のポイントは以下の2点です。
真空管は、UZ-133DとUF109Aの2本しかないため、残りのUF-134とUZ-135を用意すること。
もう一つは、低周波トランス2個が断線です。
新品のトランスの組込ための場所が確保できません。
修復方法を考える必要があることです。
今回は、見た目は不細工ですが、故障したトランスはそのままとして、背部にトランスを追加し、配線を変更するこことしました。
真空管なしで、ソケット端子の電圧測定を行い問題がないか調査します。
2か所で陽極電圧がないことがわかり、再調査の結果、配線漏れが見つかりました。
昔と違い、集中力がなくなり作業ミスも多くなりました。
最後、虎の子のUF-134を用意して、真空管を実装した本試験を開始します。


94式3号甲無線機の本文は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/army_94-3-kou.html

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九四式三号甲無線機三六号型... | トップ | 九四式三号甲無線機三六号型... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL