JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H23.04.10 その1

2011年04月10日 20時41分52秒 | 06真空管式テレビ

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H23.04.10 その1

1.松下電器T-1480修復記録

正面

購入後、11チャンネルテレビであることが判明した。

T1480001

2.背面

T1480002

3.銘板

T1480003

4.裏面

ペーパーコンデンサーが多用されている。また、電解コンデンサーも液漏れしていないまでも、かなりの劣化がみてわかる。 

T1480004

5.高圧回路部の改造部

本来1B3GTのはずが、1X2Bに変更されている。どうも、高圧部の故障で修理したようだが、うまくいかなかったようだ。実はこのため、いままで故障修理が難航し、挙句の果て、フライバックトランスの高圧端子の線を誤って切断してしまった。運の悪いものを購入してしまったようだ。

T1480005

6.1X2B改造部

T1480006

7.本来の1B3GTにもどしたところ

T1480007

8.上部シャーシ部

T1480008

9.高圧部

T1480009

10.高圧部

T1480010

11.高圧部修理後

T1480011

12.下部シャーシ部

T1480012

13.背面部

T1480013

14.真空管配置図

 

 

T1480014

15.回路図

47uF16vさんから頂きました。

T1480015

16.終わり

修復作業を中断しておりましたが、アナログ停波まで頑張ってみます。

今回は、フライバックトランスの交換がメイン作業となります。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真空管式テレビ修復記録(日... | トップ | 東洋通信機 TR-41型 全... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL