JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H23.05.22 その2

2011年05月22日 17時20分51秒 | 06真空管式テレビ

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H23.05.22 その2

アナログ停波まて゛、2ヶ月となりました。懸案のもう一台の松下製T-1480の修復に着手します。

まず、本機は、フライバックトランスの端子が切断しており、オークションにて2点購入した製品を紹介します。

 

 

16.メーカ不詳製品#01

T1480016

17.メーカ不詳製品#01

T1480017

18.メーカ日立シルビアFY-940製品

T1480018

19.メーカ日立シルビアFY-940製品

T1480019

20.メーカ日立シルビアFY-940製品

現在のところ、接続端子の仕様がわかりません。

T1480020

21.正面写真

T1480021

22.垂直・水平同期の調整部の内部

モデルが外人のようで、どこかの外国製品のコピーのような感じがします。

T1480022

23.11チャンネルのチューナー部

購入して12チャンネルがないのが判明。

T1480023

24.垂直・水平同期の調整部の外部

 

T1480024

25.終わり

どちらかフライバックトランスの交換から作業開始としますが、なかなか決断できません。

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真空管式テレビ修復記録(日... | トップ | 真空管式テレビ修復記録(松... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL