JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

ム65型受信機#2号機の修復作業記録 その3 (2016年05月23日)

2016年05月23日 15時59分16秒 | 01陸軍無線機器

ム65型受信機#2号機の修復作業記録 その3 (2016年05月23日)

前回のその2で復元方針をム65改としましたので、あとは部品を装着するなどの艤装工事となります。
前面パネルのU型取手がなかったので、地1号受信の丸棒のU型取手で代用しようとしたら取手の長さが異なりはめ込むことができません。
苦肉の策で、不要な線輪(コイルパック)のU型取手を無理やりはずし、代用するこことしました。
シールドケース9本なんとか用意しましたが、かなり程度は悪そうです。
UZのタイト製ソケットは大量に秋葉原で購入していたので利用には問題はありません。
IFTは、新品のトリオ製のT-11です。
ほぼ大型な部品の装着が完了しましたので、あとは抵抗器や蓄電器などの部品の装着作業となります。
なお、本機の側面の電源供給口と電源測定端子をみると従来の地1号受信機からム65改までの系統と大きく異なっています。
電源供給口は、従来品よりも横幅が3センチ程度長くなっています。
今となっては不明ですが、本機が地1号受信機シリーズの最終末の機種のような気がしてなりません。


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 20回風そよぐコンサー... | トップ | 地1号受信機#2号機の修復... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

01陸軍無線機器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL