JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

トリオTS-510+PS-510の修理記録

2014年10月20日 09時01分38秒 | 07アマチュア無線機

トリオTS-510+PS-510の修理記録

トリオのTS-510+PS-510を平成21年8月頃オークションで購入し、長期保存していました。
この度、TS-500の整備に伴い、ついでにTS-510も修理を行うこととしました。
TS-510の修復など簡単なこととたかをくくっていましたが、意外と修理は難航しました。


トリオ TS-510+PS-510の修理記録(その1)(平成26年7月20日から9月末) 

まず最初に、電源部と本体部を目視チェックで、故障や改造部がないことを確認します。
次に、電源部と本体部のコンデンサーを中心とした基本チェックを行い、電源起動してもショートしないことを確認します。
上記条件がOKだったので、電源を起動しました。
トリオTS-500や510の特徴であります突入電流によるドーンという鈍い音とともに電源起動が正常に行われます。
何年も放置されていた無線機は、電源起動によりコンデンサーのリークなどにより抵抗器から煙が出る場合があるので、煙や焼ける臭いがないかどうかチェックが重要です。
当機も、6BM8近辺から焼ける臭いがありましたが、どうも高圧による抵抗器などの埃が原因のようでした。
電源供給が異常がないと確認されたら、電源供給端子での定格の電圧測定を行います。
ここから、各真空管のプレートとスクリーングリッドの電圧測定を行います。
ここまでのチェックは順調に行われました。
しかしながら、全く音声がなく無音です。
勿論、スピーカの断線チェックなどは問題ありません。
ホワイトノイズがありません。
基本的には低周波増幅段の故障と思われますが、低周波発振器で1KHzの信号を注入するとピー音が発生しますので、低周波段はOKです。
ただし、低周波増幅としての利得が少なく、低周波増幅部も部分故障している模様ですが、故障の主原因ではありません。
それではと、RF段から調査するため、TS-510を7MHz帯域として、SSGで7MHzで注入しましたが、無音です。
オシロで波形確認すると、なんとSSGを8.3MHzにするとAF段で検波された低周波信号がきれいに観測できました。
でも、無音です。
RF段、IF段、AF段なにが故障原因か特定できません。
約2か月間いろいろ故障原因を調査しましたが、特定することができませんでした。
なお、TS-510を7MHz帯域でSSGの8.3MHzの信号がmaxで受信できることを単にコイル調整不良とおもっていました。
よくよく考えると、8.3MHzの信号をVFOの4.9MHzで混合すれば、IF段の3,995KHzに同調することになります。
したがって、IF段以降は問題がないはずだが、無音の問題では矛盾があります。
更に、SSGでIF段に3,995KHzを注入すると、今度はピー音が発生するので正常です。キャリア系のVFOやOSCなどの発振も正常です。
真空管、トランジスター、リレー、コイル、コンデンサーや抵抗器等の不具合などを妄想しても故障原因の特定には至りません。
将に難航です。

 

 

 

トリオ TS-510+PS-510の修理記録(その2)(平成26年10月12日)

今回は基本にかえり、各真空管の端子電圧を全て測定するこにしました。
前回までは、手抜きで高圧のプレートとスクリーングリッドの電圧測定しか実施しませんでした。
まず、高周波増幅部の6BZ6のカソード電圧を測定するとなんと0Vです。
それではと、G1グリッドを測定したら、-25Vです。
V301,V304のIF-AMP部の6BA6も同様です。
これでは、真空管の動作点がカットオフされプレート電流は流れず、カソードは0Vであることは理解できます。
何故-25Vとなるかと配線図を見ると、AGCの増幅に2SC373のトランジスターが使用されているが、そのエミッターに-25Vが供給されている。
どうも、この2SC373のトランジスターが故障しているのが原因のようです。
これにより、高周波増幅段から中間周波増幅段までのAGCラインが動作していないことがやっと判明しました。
手抜きせず、基本チェックが重要なことをあらため認識した次第です。

 

 トリオ TS-510+PS-510の修理記録(その3)(平成26年10月18日)

2SC373のトランジスター交換作業を実施しました。
この時期のプリント基盤は部品のチェックや交換がしやすい構造となっており、交換作業もスムーズでした。
なお、最初に判明した低周波増幅の利得不足の件ですが、エージングをしていると自然復旧したようで、正常に戻ってしまいました。
これでは、直せません。
再度、事象が発生したときに修理するこことしました。
故障原因の追及のため、SSGの微小信号を高性能オシロで観察していましたが、ある意味間違ったイメージ信号をあたかも正常な信号ととらえていたことに問題がありました。
高級な測定器も使いこなせないのならただの箱にすぎません。
故障修理も奥が深いということでしょうか。
反省しきりです。
試験用の短いアンテナですが、高感度に受信できるようになりました。受信部の基本的動作については修理完了です。
当面ここまでとし、次回からは送信部のレポートとします。

 

 

TS-510の特徴について

TS-510は、1968年10月に83,000円(※1969年9月のCQ誌では、価格は79,200円となっています)で販売されました。
1968年12月の「電波科学」にトリオ第三開発部からその特集記事が掲載されております。
1966年9月に発売したTS-500を改良したものですが、周波数構成は、ヒース社の機械のものとそっくりとのことです。
また、コイルパックにしてもプリント基板のボードにコイルを直接実装する方式などは完全に真似をしたといっても過言ではありません。
当時は、おおらかだったのか、米国メーカーは、日本の小規模メーカーのコピー製品など相手にしていなかったのかもしれません。
この記事の中で代表的トランシーバの主要規格として、コリンズ社、ドレーク社、ナショナル社、スワン社、ハリクラフターズ社及びヒース社の6種が掲載されております。
価格でいえば、TS-510が83,000円に対し、最安値のヒース社のSB-101がキットといえ370ドルです。
当時の為替レートの360円で計算するとTS-510の83,000円を換算すると230ドルとなります。
米国に輸出すれば、最安値なので、どんどん売れたのではないでしょうか。
これを現在のレートの107円で計算すると、775ドルとなります。これでは、米国では販売競争力はありませんね。
このような米国の市場の中で、米国メーカーは家電と同様に民需の世界から姿を消していきました。
次は、日本の番ということでしょう。
技術開発に夢を持たなくなった会社(国)は、その業界から退場するしかありませんが、また、どこかの国の有志がこの事業を継続してくれることを願うばかりです。

 


以下参考情報です。

コリンズ社
http://members2.jcom.home.ne.jp/je1atw/collins/50years.html

ハリクラフターズ社
http://www.noobowsystems.org/books/hallicrafters/hallicrafters.html

ヒース社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

 

あとがき(修理についての注意事項)

修復作業は大変困難を伴います。
特に、送信部を伴う真空管式トランシーバーでは、1,000V程度の高圧部分があります。
絶対に感電しないようにしてください。
修理を行うにあたり、今回ではメーカのサービスマニュアル、操作説明書及び回路図の事前準備が最低限必要となります。
また、各真空管、トランジスターなどの予備部品も用意します。
測定器としては、60MHz程度のシンクロ、SSG、周波数カウンター、低周波発振器及びテスターが必須となります。
ネット情報だけで安易にまねをしないで下さい。
大変危険です。

 

以下オークション取引記録です。

トリオ TS-510+PS-510 投稿日:2009年 8月22日(土)22時18分7秒 

*******************************************************************************************
落札コメント
昔ほしかったメーカ製の真空管式のSSBのトランシーバがよくyahooに出展されている。
今までは、落札する意志がなかったが、SSBのトランシーバを製作していると、突如ほしくなった。
このクラスは中途半端なため、競争が少ないようなので低価格で落札することができた。
少し時間はかかるが、将来整備してみたい。
********************************************************************************************

商品の情報
 現在の価格 : 10,100 円
 残り時間 : 終了 (詳細な残り時間)
 入札件数 : 17 (入札履歴)
 詳細情報
 個数 : 1
開始時の価格 : 2,000 円
 落札者 : mxxxxxxx 評価:126 (評価の詳細)
 開始日時 : 2009年 8月 11日 20時 44分
 終了日時 : 2009年 8月 18日 20時 32分
 早期終了 : あり
自動延長 : あり
 オークションID : b103242237
商品の状態 : 中古
 返品の可否 : 返品不可
 出品者の情報
 出品者 : jxxxxxx (自己紹介)
 評価 : 191 (評価の詳細)
商品発送元地域 : 愛知県
商品説明
トリオのトランシーバーTS-510+PS-510です。
 動作未確認で古い物で汚れ、サビ等あります。欠品はないと思います。写真を参照下さい。
 ノークレーム、ノーリターンでお願いします。
 発送は2個口になります。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手製本活動(その15:製本... | トップ | 手製本活動(その16:製本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL