JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

菊水電子工業 539オシロスコープの修理記録(その2)(平成27年7月01日)

2015年07月01日 13時40分18秒 | 09真空管式オシロスコープ

菊水電子工業 539オシロスコープの修理記録(その2)(平成27年7月01日)

本機の現時点での問題点を整理すると以下のとおりです。
○水平掃引が正常であった時、垂直増幅を増加したら、水平線が上昇した。
○水平掃引の発振が停止している。
○垂直増幅の入力段が改造されており、12AU7が一本追加されているが、なんの機能か不明である。

まずは輝線が消えた問題から着手します。
水平掃引のマルチバイブレータの発振定数でありそうな電解コンデンサー0.2μFを交換してみます。
ついでに、垂直増幅を増加したら、水平線が上昇する問題として、増幅部の結合コンデンサー200μFを交換します。
あまり交換すると 現象変化の問題点が把握できなくなるので、このへんで電源を起動して状態を観察します。
輝線が出てきたので、水平掃引の問題は解消したようです。
ただし、垂直増幅を増加したら、水平線が上昇する問題は依然解決しませんでした。
垂直増幅の入力段が改造されており、12AU7が一本追加されている件については、強制同期式からなんらかのトリガー式同期の機能を追加しているようです。
GNDの端子が改造してあるので、本来のGND端子としてRCA端子に変更するとともに、本来の強制同期に回路を戻します。
垂直の入力端子もRCA端子に変更しました。
最後にRC発信機にてオシロスコープで波形を観測します。
一応問題なく動作するようですので、修理完了とします。

 

 広島戦時通信技術資料館及び広島手製本倶楽部は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崎山電気工業 ミニグラフ ... | トップ | 岡山県高梁市Mさんからの無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL