JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

アルバムの修復作業記録 その3 2015年11月19日

2015年11月19日 09時04分47秒 | 00手製本/製本教室

アルバムの修復作業記録 その3 2015年11月19日

まず、紫色の表紙のアルバムから修復するこことします。
この紫色のアルバムはB5版の規格より、少し小さく黄ボール紙がそのまま利用できることから最初に修復するこことしました。
このアルバムをよーく観察すると、表紙と本体部が分離しかかっています。
昭和20~30年代のアルバムの状態はこのようなものなのでしょう。
ここで、一般の製本とアルバムの相違を考えると、
アルバムでは本体部の紙の背を少し折り、次のページと接合するような形式のものとなっております。
この理由は、ページ間に余裕をもたせ、この間合いに写真をはさむことにより、背と小口のバランスをとっていることです。
経年劣化により、背側の接合部分が破れ、アルバムが解体する事態となるようです。
アルバムをバラしていると、背の部分に開きをよくするための「クータ」がありません。
このため、アルバムを開く度に、背に力がかかり破断を早めるものと思われます。

修復については、このパターンのものは製本と同じ技法が適用できそうです。
①アルバムを解体し、本体部に背固めを行います。
②乾燥したら、天と地は必ずヤスリかけをします。
③本体部には、見返し、花布、寒冷紗、クータを貼り合わせます。
④表紙を作成します。角と背バンドの位置には、革すきが必要です。
⑤最後に、表紙と本体部を合体し、乾燥したら完了です。

反省点
今回は革すきを省略しましたので、表紙の角がごわごわし見栄えが悪くなりました。

 

広島手製本倶楽部は以下のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/book_index.html

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルバムの修復作業記録 そ... | トップ | アルバムの修復作業記録 そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL