JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

地1号受信機#1号機の修復作業記録 その6 (2016年03月20日)

2016年03月21日 21時20分35秒 | 01陸軍無線機器

地1号受信機#1号機の修復作業記録 その6 (2016年03月20日)

基本方針は、地1号受信機ですが、回路実装としてはム-65の回路図を採用し配線するというものでした。
しかし、地1号受信機のオリジナルのものに近づけるため、水晶濾波器の回路を外し、AVC回路は採用するこことしました。
本来、業務の開発プロジェクトであれば、途中での方針変更はもっての外ですが、一人プロジェクトであれば自己責任だけで受容可能です。
まずは、準備作業として、MT管用のIFTにST管のトップグッド用のグリッドキャブ端子を作成します。
シャーシからIFTを浮かした取り付け形式ですので、中間周波数を455Khzから450Khzに変更するダストコアーの調整が厄介です。
今回は、中間周波段の第一中間周波増幅部(UZ-6D6)、第二中間周波増幅部(UZ-6D6)の配線を完了しました。
全体的な配線作業の進捗状況は約6割程度ですが、もう一工程作業すれば配線作業は完了しそうです。

参考資料
地1号受信機の回路図の変遷
地1號無線機受信装置受信機接続要図
地1號受信機接続要図
地1號受信機(二型)接続要図
ム65改受信機接続要図


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地1号受信機#1号機の修復... | トップ | 地1号受信機#1号機の修復... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL