JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

菊水電子工業 536Aオシロスコープの修理記録(その1)(平成27年7月8日)

2015年07月08日 08時26分37秒 | 09真空管式オシロスコープ

菊水電子工業 536Aオシロスコープの修理記録(その1)(平成27年7月8日)

本機も来歴不明です。
なんの電源系のチェックもせず、電源オンとしたところ、わずかに水平掃引していることを確認しました。
本機の保存状態は大変良好です。
1960年代中期の製造と思われますが、プリント基板と真空管とトランジスターのハイブリット構成となっています。
わずかに水平掃引がでることから、高圧部を含むブラウン管の表示部の機能は問題がないということとなります。

ここで問題点を整理すると以下のとおりです。
○水平掃引がなずかな幅しか発生していないことから、水平掃引の回路に問題がある。
○説明書や回路図等がなく、故障個所の特定に時間がかかる。

 


広島戦時通信技術資料館及び広島手製本倶楽部は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米軍USM-32オシロスコ... | トップ | 手製本活動(その33:製本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL