JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

九四式二號乙無線機二七號型受信機の修復作業記録 その2 (2016年09月28日)

2016年09月28日 16時55分11秒 | 01陸軍無線機器

九四式二號乙無線機二七號型受信機の修復作業記録 その2 (2016年09月28日)

本機の製造に関する特徴として、真空管ソケットには防振対策用のゴムクッションがあります。ただし70年以上経過しており、かなり硬化した状態です。
抵抗器に関しては、半田で固定せず、故障しても簡単に交換できる冶具があります。
マイカ型蓄電器については、配線図の部品一覧には添付のような9,000cm古い表記のコンデンサーの単位ですが、実装部品には0.01μFという本来の表記がなされております。
配線図からの疑問点としては、実装されている1連の音量調整器ですが、配線図では音量調整器甲と乙があり実装部品との矛盾がありそうです。
更に、中間周波数については2段切替となっていますが、切替スイッチがどこにあるのかわかりません。
どうも、スイッチはIFTの内部を調査する必要がありますが、分解方法がわかりません。

ここから、修復作業のための点検作業に入ります。
まず、コンデンサー、抵抗器、トランスのチェックを行います。
低周波トランスは3個ありますが、初段の低周波トランスが断線です。
今回はトランスを交換せず、新品のトランスを追加し、配線を変更するこことします。
また、UF-111Aのグリッドキャップを補修して、ほぼ修復は完了です。

電気的な回路確認のため、真空管をはずした状態で各ソケットの電圧試験を実施します。
RF(UF-134)とDET(UF-111A)の陽極に電圧がありません。
配線図を追うと、中間周波数の切替スイッチに問題がありそうですが、実装部品の位置がわかりません。
修復作業は、先が永そうです。


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九四式三号甲無線機三六号型... | トップ | 九四式三号甲無線機三六号型... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

01陸軍無線機器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL