JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

地1号受信機#2号機の修復作業 その1 (1998年05月01日)

2014年09月19日 21時46分28秒 | 01陸軍無線機器

地1号受信機#2号機の修復作業 その1 (1998年05月01日)

真空管はすべてMT管に換装されており、IFTも戦後のものに取り換えられています。
抵抗やコンデンサーもすべて戦後のものでおきかえられています。
地1号受信機に復元するためには、一度すべての部品を撤去する必要があります。
また、平行して修復用の真空管ソケット、シールドケース、抵抗器、コンデンサーを集めることとしました。

フロントパネル

ネームプレートは四角のものを用意したが、これでは地1号受信機(二型)になってしまいます。

 

 

広島戦時通信技術資料館及び広島手製本倶楽部は下記のアドレスに変更です。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地1号受信機#1号機の修復... | トップ | 地1号受信機#2号機の修復... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL