JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

短波受信機RH-901型の修復作業記録 その1 (2016年07月25日)

2016年07月26日 16時25分04秒 | 04戦後の軍用無線機

短波受信機RH-901型の修復作業記録 その1 (2016年07月25日)

本機については、何時、誰から、いくらで購入したのか全く記憶がありません。
今回中身を初めて確認する次第です。
ケースを外すと、真空管は8球のGT菅の構成で、いわいる高1中2の大変標準的な回路構成です。
回路も戦時の技術を継続しており、地1号受信機のST菅をGT菅へ換装しただけのように見受けられます。
本機は、戦後の米軍の技術のライセンス生産の採用ではなく、純国産技術による受信機といえます。
大きな特徴としては、円形の回転式のコイルパック群を採用しています。
また、軍用としては珍しくスピーカを内蔵しています。
背後の空中線端子近辺には、落雷対策用の避雷器のようなものがあります。
本機については、東京無線電機㈱、東洋通信、安立電気で生産されています。
残念なことに、本来は電源部は別筐体のはずですが、アマチュアの手により、本体内に無理やり電源が組み込まれています。
また、面白いことに電源トランスと大型の電解コンデンサーは接着剤で固定されています。
大変興ざめです。
通電する前に、電源部系統のチェックを行いましたが、問題ありません、
とにかく通電です。
少しエージングしていると、低域でのノイズが確認できます。
さらに時間経過すると夜間帯とも重なり、各周波数帯で放送波を受信することができるようになりました。
全体のシステム自体は問題ありませんが、感度不足です。
本機もBFOが機能していません。
本来なら、真空管の全取替で様子を見たいのですが、新品のGT菅のストックはありません。
正攻法で、真空管試験器の出番のようです。

 

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本電気製RAP-261-CM(五三... | トップ | 短波受信機RH-901型の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL