JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

陸軍制式兵器製造ノ件(昭和12年08月30日)

2014年12月29日 09時20分27秒 | 95今次電波戦の歴史検証

陸軍制式兵器製造ノ件(昭和12年08月30日)


案件コメント

どの国でも、陸海軍の協力関係がいいと言及されたことはありません。ました我が国では縦割り行政の最たるもので軍事技術情報もお互いに牽制しているが如き論調飲む資料が多くみられます。

この資料では昭和12年ということもあるかもしれませんが、海軍側から陸軍の九四式六号無線機の技術情報の照会があり、陸軍側も協力姿勢を見ることができます。

後に、海軍では海軍陸戦隊のための移動用携帯無線機として、九七式軽便無線機として整備されます。

このためには、海軍次官であった山本五十六が陸軍に筋を通す公式文書が必要でした。


 機 密受第一五〇〇号

海軍省 陸軍制式兵器製造ノ件

 昭和12年8月30日

陸密 次官ヨリ海軍次官ヘ回答

8月27日附官房機密第三四二三号照会ノ件異存無之ニ付承知セラレ度

陸密第九六三号 昭和12年8月31日


密受第一五〇〇号 官房機密第三四二三号 昭和12年8月27日海軍次官 山本五十六

陸軍次官 梅津美治郎殿

陸軍制式兵器製造ノ件照会

左記貴省制式兵器ヲ当省ニ於テ直接部外会社ヲシテ製造セシメ度候条御了承ヲ得度追テ本件主務者間ニ於テ下協議済ノモノニ付為念申添候

九二式三〇糎探照燈手廻 蓄電器共

九四式六号無線機手廻 発電機共

(終)


 

 

参考文献
日本無線史 第九巻、第十巻 電波監理委員会

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref. C01004352400陸軍制式兵器製造の件

 

件名標題(日本語)

陸軍制式兵器製造の件

階層

防衛省防衛研究所陸軍省大日記密大日記昭和12年「密大日記」第8冊

レファレンスコード

C01004352400

言語

jpn

作成者名称

海軍次官 山本五十六

資料作成年月日

昭和12年08月30日

規模

4

組織歴/履歴

内容

機 密受第一五〇〇号 海軍省 陸軍制式兵器製造ノ件 昭和12年8月30日 陸密 次官ヨリ海軍次官ヘ回答 8月27日附官房機密第三四二三号照会ノ件異存無之ニ付承知セラレ度 陸密第九六三号 昭和12年8月31日 密受第一五〇〇号 官房機密第三四二三号 昭和12年8月27日 海軍次官 山本五十六 陸軍次官 梅津美治郎殿 陸軍制式兵器製造ノ件照会 左記貴省制式兵器ヲ当省ニ於テ直接部外会社ヲシテ製造セシメ度候条御了承ヲ得度 追テ本件主務者間ニ於テ下協議済ノモノニ付為念申添候 記 九二式三〇糎探照燈 手廻 蓄電器共 九四式六号無線機 手廻 発電機共 (終)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兵器仮制式制定の件(軍需審... | トップ | 在廣島第一固定無線電信隊装... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL